仮面ライダーゼロワン第20話「ソレが1000%のベストハウス」あらすじ ストーリー

あらすじ

お仕事対決第2回戦 住宅販売対決

スマイルを狙うレイダー

レイダーを阻止するバルカン

バルカンを阻止するサウザー

対決の決着と真の勝者

これより下はネタバレとなりますのでご注意ください

前回までのあらすじ

会社の存亡をかけて『ZAIAエンタープライズジャパン(ザイア)』とヒューマギア対人間のお仕事5番勝負に挑んだ『飛電インテリジェンス』社長の飛電 或人(ひでん あると)
第2回戦はどれだけ家を売れるかの勝負だったが、対戦相手 新屋敷 達己からの悪質な嫌がらせを受けた住宅販売員ヒューマギア 住田スマイルが暴走し破壊されてしまった。
果たしてお仕事勝負の行方は?

プロローグ

ザイア側

ZAIA』社長 天津 垓(あまつ がい)に新屋敷が10件、住田スマイルが7件の売ったことを知らせ、新屋敷は得意げにこれで勝負は決まりだと笑う。
これに対して刃 唯阿(やいば ゆあ)が「ヒューマギアは復元が可能で、まだ勝負が終わったわけではない」と釘を刺すが、残り5日では追いつけないと新屋敷は余裕の様子。
これを聞いた天津が「それは頼もしい。ちなみに勝算は何%だ?」と尋ねると、新屋敷は「ザイアスペックがある限り100%勝つさ」と答えた。
天津は「100%では弱い。1000%でないと」と微笑んだ。

王波不動産

机に両足を乗せて椅子にのけぞって座っている新屋敷のもとへ、第一営業部長の奥田が走ってやってきて、5億円で家を探して欲しいという依頼が入ったことを伝えた。

飛電側

大工型ヒューマギア 最強匠親方に家を欲しがっているお客を知らないかと尋ねる或人

しかし親方は大工型ヒューマギアなのでそんなデータは入っていない。
そこに社長秘書型ヒューマギア イズが住田スマイルの復元が完了しました、とスマイルを連れてやってきた。
「よかったなぁ、スマイル」と喜ぶ或人イズが再び暴走しないように住田スマイルのセキュリティープログラムをアップデートしたことを報告。
或人はスマイルへのセキュリティープログラムに効果があれば、他のヒューマギアにも適用することにした。
すると、スマイルの通信に新規のお客様からの依頼が入った。

チデン不動産

或人が「5億円――――!!」と髪の毛を逆立てて叫ぶ。
依頼主は大物資産家 芽蘭田グループ元会長 大城銀之丞。
この商談を成立させて絶対に勝つ!と気合が入る或人
最強匠親方も腕が鳴る。
イズはスマイルが売れば一発逆転のチャンスだと説明する。
或人は「そうなんです。しょうなんです。しょうだんです!はい、アルトじゃ~ないと!!」と今日も“絶好調”。

5億円の依頼

自宅マンションに『飛電』・『ZAIA』両陣営を呼び寄せた大城。
大城は妻に先立たれてこのマンションを手放そうと思っている、と前置きした。
大城からの注文は1つ。
〈3人の息子たちの家族が遊びに来られる大きな家 予算は5億円〉
スマイルが「承知いたしました 大城様」と答えると、大城が「君がウワサの…」と言いかけた。
そしてイズが「スマイルで住まい売る 住田スマイルです」と紹介した。
すると、それまで暇そうにしていた新屋敷が「お気をつけになられた方がよろしいですよ。心にもない、ヒューマギアの笑顔には。またいつ暴走して人間を襲うかわかりませんからねぇ」と嫌味満載で言った。
これに対して或人「対策はとってありますので、彼女はもう暴れません」と答えた。

映像

対人工知能特務機関A.I.M.S.(エイムズ)』の施設内で隊長の不破 諫(ふわ いさむ)が椅子に拘束されて座っている『滅亡迅雷ネット』の滅(ほろび)に走り寄り、「これを見ろ」と『エイムズ』が入手した不明瞭な監視カメラの映像を見せた。
そして、こいつがお前らの仲間か?と尋ねるが、は顔認証できなければ答えようがない、と不敵に笑う。
不破は興奮して「俺が!必ずつきとめる!」と叫んだ。

物件候補決定

王波不動産

新屋敷が大城に4億5600万円の物件をメールで送った件を尋ねる。
大城は確かに広さは申し分なさそうだなと答える。
都心の1等地でアクセスがよく、築年数も浅いので資産価値も落ちにくい一軒家。
新屋敷の「大城様 こちらの物件、大っ変お買い得ですよぉ~。は~い」というオススメの電話に大城は眉をひそめた。

チデン不動産

スマイルが候補となる家を見つけた。
おお!ホント?とスマイルに駆け寄る或人
スマイルが見つけた物件は千葉県にある2900万円の木造一戸建のログハウス。
イズがこれでは安すぎて『ZAIA』との売り上げ勝負で逆転できないと指摘。
しかしスマイルは「お客様向けにリフォームをすれば、きっと喜んでもらえると思います」と笑顔で答える。
或人が「スマイル、売り上げも意識してもらえないかな?」と頼んだ。
なぜ売り上げを意識しなければならないのか理解できないスマイルに或人は「そういう勝負…でもあるからさ」と説明する。
それでもスマイルは「私の仕事は家を売って、お客様に笑顔になってもらうことです」と屈託のない笑顔で答えた。

新屋敷の襲撃

親方の暴走

千葉にあるログハウスにやってきた最強匠親方が「よ~し、最強に仕上げるぞぉ~!」と気合を入れた。
そこへ新屋敷が「よぉ大工さん」とやってきて、「お前らに働かれると迷惑なんだよ!」と親方を殴ったが効果なし。
新屋敷は親方を蹴り飛ばして倒して「ヒューマギアごときが!」と蹴り続ける。
すると親方の目が赤く光り、滅亡迅雷.netのアークにアクセスし、「悪意に満ちた人間は…絶滅しろ。人類を…滅亡せよ…」とつぶやいてマンモスマギアに変身して暴走した。
新屋敷は親方の変身を楽しそうに見ている。

駆け付ける不破

エイムズ』の通信でマギアの反応を確認した不破が現場に向かう。
現場に到着した不破の目の前で、新屋敷が「勝負に勝つのは俺だ!」といって、腰にレイドライザーを巻き、プログライズキーを差しこんでスプラッシングホエールレイダーに変身して暴走する最強匠親方(マンモスマギア)と戦う。
どちらの“怪物”を狙えばいいのか躊躇する不破
マンモスマギアを投げ飛ばして高笑いするスプラッシングホエールレイダー(新屋敷)に不破が「どうやってそのレイドライザーを手に入れた?」と銃を突き付けて質問する。
不破に攻撃を加えるレイダー。
攻撃に耐えた不破は「力づくで答えてもらうぞ」と言って仮面ライダーバルカン パンチングコング形態に変身。
【スプラッシングボライド】でバルカンを攻撃したレイダーにマンモスマギアが襲い掛かる。
レイダーの攻撃を受けて立ち上がれないバルカンのそばに天津 垓がやってきた。

サウザー降臨

バルカンが「なんでここに?」と尋ねる

天津は「私には私の仕事があってね」と言いながら、腰に巻いたザイアサウザンドライバーにプログライズキーとゼツメライズキーを差しこんで仮面ライダーサウザーに変身した。
立ち上がったバルカンにサウザンドジャッカーを刺し、「コングのテクノロジーを貸してもらうよ」と言ったサウザーは必殺技【ジャッキングブレイク】でマンモスマギアを攻撃して撃破。
「あばよ!弱っちぃなぁ」と言い残して去って行こうとするスプラッシングホエールレイダー。
バルカンが追いかけようとすると、レイダーはバルカンを攻撃するフリをしてログハウスを攻撃して逃げて行った。

お仕事勝負 第2回戦

最後の勝負

親方が暴走したことを或人に告げた不破はスプラッシングホエールレイダーの正体が勝負相手の新屋敷 達己だということも教えた。
イズは相手が卑怯な手段を使っているので、今すぐ住宅販売勝負は中止すべきだと提案する。
「せっかくお客様に喜んでもらえる家を見つけたのに」と残念そうな住田スマイル。
そして不破が「新屋敷は『エイムズ』の方で連行する」と言って去ろうとするが、或人「少しだけ待ってくれ。この勝負が終わるまで!」と慌てて止める。
或人の要望に不破は「新屋敷が暴れたら連行する。それ以上は待てない」と譲歩した。
不破が去った後、スマイルは壊された家を見て、勝負の期限までに間に合わないと心配した。
考え込む或人…。
そして「そうだ!」と何かをひらめいた。

住田スマイルの販売方針

新しく出来たログハウスを見て「いやぁ~まさに最強の仕上がりだね」とご満悦の或人
スマイルも「はい、完璧です!ですよね?親方!」と言った。
そこには破壊された最強匠親方と同型のヒューマギアと、更に4体の大工型ヒューマギアで計5体の最強匠親方が居た。
或人が「何でこの家にそこまでこだわってんの?」と聞くと、スマイルは「お客様に必要なのは家の広さではなく、ご家族との近さなのではないかと思ったからです」と答えた。
一人暮らしに部屋はいくつも必要ない。
むしろお年寄りには掃除も管理も大変だが、この家なら家族と一緒の空間で過ごせる。
そしてスマイルは「住むかたが笑っていれば、この家もきっと幸せでしょうから」といって笑った。

新屋敷の販売方針

新屋敷が「先日ご紹介いたしました件、ご検討いただけましたでしょうか?」と大城に電話で尋ねる。
大城は新屋敷に「君にとって、家とは何だね?」と尋ねた。
新屋敷には大城の質問の意味がわからない。
大城は「君はなぜ家を売る?」と再度聞いた。
新屋敷は「大城様と同じでございますよ。いつか広い家に住めるようにって…。そのために稼いでいるんです」と答えた。

或人の葛藤

飛電』のラボで或人が以前、『ZAIA』社長の天津 垓に言われた「利益を上げられない社長など1%の存在価値もありませんよ」という言葉を思い出していた。
ため息をつく或人イズがホットアップルジュースを運んできた。
或人イズに社長の仕事ってなんなんだろう?と聞く。
イズは「社長とは会社の代表であり、業務執行を指揮する最高責任者です」と説明し、一番の仕事は意思決定だと思いますと答えた。
そして「どのような仕事に取り組むかは或人社長次第です」と続けた。
ホットアップルジュースを飲んで笑顔になった或人は、祖父で先代社長、飛電是之助の〈さぁ飛び立とう 夢に向かって〉という言葉を思い出した。

決着

フードの人影

大城のマンションに向かう新屋敷についてきた若手の社員が「新屋敷さん、本当に勝算はあるんですか?」と尋ねた。
「俺が売り上げで負けるわけねえだろ」と不機嫌な様子の新屋敷。
その会話を聞いていた不破が突然、何かの気配を感じ取り後ろを振り返る。
そこにはフードを被った何者かが立っていた。
顔を見せろ、と近づく不破だが“それ”は去って行った。

結果発表

不安な様子の或人
イライラした様子の新屋敷。
笑顔でうなずく住田スマイル。
大城が部屋に入って来て、「みなさんどうもありがとう。紹介してくれたのはどちらも素晴らしい家だ」と言った。
これを聞いた新屋敷は不敵に笑う。
大城が「私が心に決めたのは…スマイル、君の家だ」と審判を下した。
「何故だ?なぜあいつを選んだんですか!?」と詰め寄る新屋敷に大城は「家の売り上げよりも私と家族。それに、妻の幸せについて考えてくれたからだ」と答えた。
〈家の広さよりも家族の近さ〉
大城はスマイルのこの考え方が気に入った。
そして大城はスマイルと或人にありがとうと礼を言った。
大城のマンションを飛び出して行く新屋敷を或人が追う。

お仕事対決5番勝負 第2回戦真の勝者

追跡

不破はフードの人影を追いかけ、広い工場跡地にたどり着いた。
人影に「お前は誰だ?『滅亡迅雷ネット』の仲間なんだろう?」と尋ねる。
無言で笑う人影の幻に戸惑う不破だったが、更に工場の奥へ人影を追いかける。

もう一つの決着

或人が大城のマンションの外で新屋敷に「ちょっと待ってください」と声をかける。
新屋敷と公園に着いた或人イズ、そしてスマイル。
或人は新屋敷に、売り上げも大事だが何よりも住む人が笑顔になってくれるのが一番だということをスマイルが教えてくれた、と訴え、新屋敷自身もそう感じていたのではないか?と聞いた。
しかし新屋敷は「俺は負けてない…ヒューマギアなんかには負けない!」と叫び、レイドライザーを取り出してスプラッシングホエールレイダーに変身した。
レイダーによるスマイルへの攻撃を回避させた或人仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー形態に変身した。
レイダーの武器による攻撃を斧状の武器で防ぐゼロワン
倒れたスマイルをイズが起こして一緒に逃げる。
レイダーの攻撃はことごとくかわされ、一方的に攻撃を受けるスプラッシングホエールレイダーは戦意を失くしたようにみえた。
差し出したゼロワンの手を振りほどいたレイダーは意表をついてゼロワンを攻撃。
そして倒れたゼロワンに【スプラッシングボライド】を叩き込む。
この攻撃も避けて飛行するゼロワンは「どうしてわかってくれないんだ」と悲しみながらも必殺技【シャイニングストームインパクト】でスプラッシングホエールレイダーを撃破。

スプラッシングホエールのプログライズキーが地面に転がった。

真の勝者

変身を解いて「新屋敷さん…」と呼び掛ける或人
変身が解け、地面に横たわった新屋敷は「負けを認めなくなかった。認めたら…この業界で生き残っていけない気がして…」と言った。
新屋敷はイズに連れられて様子を見に来た住田スマイルに「いい家だったな」と声をかけ、完敗だと認めた。
或人がありがとうございますと新屋敷にお礼を言った。
すると、落ちていたスプラッシングホエールのプログライズキーを拾いあげながら天津が「彼は負けていませんよ」と言った。
が現れ、「今回の勝負 売上総額は我々『ZAIA』の勝ちだ」と宣言した。
そして天津は「利益を上げられない社長に価値はありません」と言った。
そんな天津或人は「利益だけ上げても、お客さんや社員が笑顔になれなきゃ意味がない」と答える。
しかし天津は「笑顔?そんなものに価値がありますか?」と聞き返し、「私が『飛電』を買収すれば笑えなくなりますよ」と言った。

 

次週へつづく

最後まで読んでいただき ありがとうございました

前回第19話はこちらからどうぞ

 

次回第21話はこちらからどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です