仮面ライダーゼロワン第26話「ワレら炎の消防隊」あらすじ ストーリー

あらすじ

お仕事対決第4戦 消防士対決開幕

ヒューマギアの長所と短所

取り残された”重傷者役”たちの運命は?

 

これより下はネタバレとなりますのでご注意ください

プロローグ

コマーシャル
火災現場に向かう消防隊員たち。
救助が必要な子供が意識を失って倒れている。
天井に亀裂が入り、子供に危険が迫る。
そこへZAIAスペックをかけた消防隊員が危機一髪、子供を救った。
ZAIAスペックをかけると消防の世界が変わる
人工知能と同等の思考能力を人間に与える次世代インターフェイス
あなたの頭脳は1000% PRESENTED BY ZAIA

ライズフォン(携帯)で『ZAIA』のCMを眺める『飛電インテリジェンス』社長の飛電 或人(ひでん あると)
或人と対峙して座る『ZAIAエンタープライズジャパン』社長の天津 垓(あまつ がい)が「…という訳でお仕事5番勝負 第4回戦は…」と言いかけると、或人が「消防士対決…ってことか」と天津のセリフを引き継いだ。
天津の後ろに立っている元『対人工知能特務機関A.I.M.S.(エイムズ)』の刃 唯阿(やいば ゆあ)が『ZAIA』代表として、CMに出ていた消防隊員 穂村 武志(ほむら たけし)消防隊長を指名した。
対して『飛電』は或人の後ろに立っている社長秘書型ヒューマギアのイズが消防士ヒューマギア 119之助を指名した。
《勝負のルールは火災現場からより多くの人を救出するのはどちらか》
或人は立ち上がって一気にお茶を飲み干して「やってやるよ!ウウ~ッ!」と、中腰で握りしめた右拳を顔の前に出して気合を入れた。
イズも同じポーズで合わせて「ウエ~ッ!」と気合を入れた。

暴走指令

ZAIA』の社長室でが『エイムズ』からの報告として、『滅亡迅雷ネット』のが姿を現したことを天津に報告した。
「そうか」と言う天津が「驚かないんですね」とが尋ねる。
天津は「100%想定の範囲のうちだ」と答えた。
そして天津は「唯阿、君に重要な仕事を任せたい」と言って、机の中からゼツメライザーを取りだした。
そして「消防士ヒューマギアにシンギュラリティの兆候が現れたら、これで暴走させろ。現在『ZAIA』が2勝1敗だ。この勝負に勝てば『飛電』の買収が決まる」と言って、にゼツメライザーを手渡した。

お仕事勝負 消防訓練対決 開幕

概要

火災現場となるのは地下1階、地上3階の建物

  • 最初のミッションは地下1階のがれきフロア
    がれきに埋もれた人を発見し、救出する
  • 第2のミッションは1階の火災フロア
    速やかに消火し、逃げ遅れた人を救助する
  • 最後のミッションは2階の煙フロア
    視界が遮られたフロアの中で逃げ遅れた人たちを発見し、救助する
    より多くの人をゴールまで救助できた方が勝利となる

スタート

穂村は消防士として何度も危険な現場を潜り抜けてきた。
ヒューマギアとは踏んできた場数が違うことを見せつけたい隊長の穂村はチーム穂村の隊員たちに檄を飛ばす。
対決を見学に来た或人も「あ~ついに! 熱い戦いが始まる! はい、アルトじゃ~ないと!」と無駄に気合十分。
或人の方を見た穂村と119之助にイズが「今のは“あ~つい”と“熱い”をかけたホットなジョークです」と解説。
或人が119之助に負けるなよ、と気合を入れる。
「それでは始めましょう」という天津の言葉に合わせてが空砲を撃ち、スタートを知らせた。
驚いた穂村を置いて119之助が先にスタート。
あわてて穂村を後を追う。

瀕死の役

建物の2階煙フロアで「なんで俺だけ瀕死なんだよ!」と『飛電』の副社長 福添が不満を漏らしている。
秘書型ヒューマギアのシエスタが「本格的な訓練の為に救助される役が必要だったそうです」と説明。
専務の山下は「たまにはいいじゃないですか。119之助を応援しましょ」と福添をなだめる。
演技には自信があるがな、と言って瀕死を演じる福添。
シエスタが「よっナイス瀕死!」と福添をおだてる。

地下1階

ZAIAスペックを駆使して地下1階がれきフロアを捜索する穂村が要救助者を発見して救助に向かう。
つづいて119之助もサーチ機能を使って要救助者を発見し、救助に向かう。
穂村が救助者をゴールに運ぶ。
つづいて119之助もこれに続く。
要救助者5名を救出した穂村。
119之助も同じく5名を救出。
これにより、地下1階の生存者は全員救助された。
「いいぞ119之助!」とテンション高めの或人をよそに、天津は冷静に「次のフロアにいきましょう」と言った。

1階

疑似の炎を消した穂村は続いて生存者の確認をする。
「助けて~」とやる気なく演技する重傷役の人物に穂村は「おい!もっと気合入れて演技してくれよ。お前のせいで緊張感がなくなっちまったじゃねえか」と不満げ。
一方、119之助は軽傷役の人物に「演技上手ですね」と声をかけ救出。
不満気に重傷役を救出する穂村の前に突然、「それは困りますぅ。あなたには勝ってもらわないと」と言ってパンダレイダーが現れた。
すると、突然ロッカーの中から「未確認のレイダーを確認!」と言って2名の『エイムズ』隊員が飛び出してレイダーに挑む。
レイダーは隊員たちを振りほどき、119之助を攻撃。
突然の爆発音に「何!?これも訓練?」と驚く或人
中の『エイムズ』隊員から連絡を受けたが「これは訓練じゃない」と答えた。
待機していた穂村チームのメンバーは突然の非常事態に対応する準備を始める。
天津にレイダーの存在を報告すると、天津は「邪魔が入ったな」と一言。
そして屋上にいるレイダーを発見したイズが「『滅亡迅雷ネット』が関与している可能性があります」と或人に報告した。
「あいつの仕業か!」と或人がレイダーに向かって走っていく。

滅亡迅雷ネット

迅の目的

滅(ほろび)から銃を受け取った迅(じん)に近づき、「やっぱにはその姿が一番似合ってる」と言って、から拘束衣をはぎ取った。
から人類滅亡のために戻ったわけではない、と聞かされたは不満げな表情。
は「それよりもやるべきことがあるんだ」と言ってアジトの外へを連れ出した。
が「どういうつもりだ? なぜアークと接続していない?」と尋ねると、は「僕は僕のやり方でヒューマギアを開放したいんだ。まずはのプログライズキーを取り戻そう」と言った。
そこへ『エイムズ』の隊長 不破 諫(ふわ いさむ)が「やっと出てきやがったか!」と2人を出迎えた。
「ずっとそこで待ってたの?」と笑いながら、が遠くにいる不破に近づく。
不破に「を脱走させたのはお前だな?」と尋ねる。
は「ああ…正確に言うと 僕たち、たけどね」と不破に近づきながら答えた。
不破が「もう一人の奴がレイドライザーをばらまいている仲間か?そいつはどこにいる?」と聞くと、不破のそばまで近寄ってきたがすれ違いざまに不破の耳元で「案外近くにいるかもね」とささやいて笑い、不破の背後まで進んだ。
不破は「なめやがって」とつぶやき、仮面ライダーバルカン アサルトウルフ形態に変身。
不破の背後で仮面ライダー迅 バーニングファルコン形態に変身。
バルカンは振り返り、仮面ライダー迅に攻撃を仕掛ける。

キーとレイダーの行方

バルカンと迅、2人の戦いの様子をうかがう滅。
仮面ライダー迅が必殺技【バーニングレイン】でバルカンを撃破。
変身が解けた不破は地面に倒れる。
仮面ライダー迅不破に「のキーを返してよ」と言い、が「『エイムズ』が持ってるんだろ?」と尋ねるが、不破は「知るか! 滅を修復したのは『ZAIA』の人間だ」と答えた。
一方、パンダレイダーを追いかける或人だったが逃げられてしまった。

暴走

考え方の違い

訓練中の爆発をうけて、屋外で救助活動に入る穂村チーム。
気絶した要救助者役の『エイムズ』隊員を穂村が介抱する。
そこへ119之助がやってきて、地面に倒れた要救助者の状態をスキャン。
119之助から心肺停止した者がいることを聞いた穂村は「心肺停止? 早く言えバカ!」と言って急いで心臓マッサージを始めた。
「生存者の救助を優先すべきです」と主張する119之助に穂村は「黙ってろ!!」と叫び、心臓マッサージを続ける。
「頼む…」といって必死に心臓マッサージを続ける穂村を無機質に眺める119之助。
心臓マッサージの甲斐あって、呼吸が回復。
穂村は重傷者を急いで屋外へ連れ出そうとする。
その様子を119之助は不思議そうに眺めていた。

もう『エイムズ』ではない

屋外ではが現場の指揮をとっている。
一方、2階の福添は「もしかして…マジなやつ?」と状況が呑み込めていない。
するとシエスタが「マジ、ヤバイ状態です」と報告した。
「助けて~」とあせる福添と山下。
屋外のイズが2階煙フロアのシエスタに屋外への避難経路を送信した。
避難経路を確認したシエスタが福添と山下を誘導する。
そこへ火事を聞きつけたテレビ局の取材がやってきた。
負傷した『エイムズ』の隊員に処置を行う天津が「任せておけばいい。君はもう『エイムズ』じゃないんだ 唯阿」と声をかけた。

仕組まれた暴走

パンダレイダーの追跡から戻った或人イズと119之助に建物内の状況を確認。
すると、或人を突き飛ばして穂村が119之助の胸倉をつかみ、「おい!お前…それでも消防士か!」と怒鳴った。
或人が「ちょっと、何するんですか?」と尋ねる。
穂村は「こいつはな 助かるはずの命を諦めて、見殺しにしようとしたんだ!」と答えた。
119之助は「申し訳ありません。生命反応なしと認識したので」と弁明。
すると穂村が「いいか!?このメモリーによ~く記録しとけ! たとえ生命反応がなかったとしても、すぐに死亡すると決まったわけじゃない! それが…命ってもんだ! 救える命を諦める奴は消防士失格だ!」と言って119之助を跳ね飛ばした。
119之助は動作が不安定になっている。
それを見た天津或人に近づきつつ「暴走の危険がある個体は廃棄すべきですねぇ。やはりヒューマギアが人の命を救える訳がない」と言った。
或人は「救えますよ…119之助なら…」と力なく言い返す。
天津が「唯阿」と声をかける。
はポケットからゼツメライザーを取り出して119之助に取り付けた。
或人が「やめろ!」と言ってを止めようとする。
天津が「ヒューマギアの危険性を立証するんだ」と言って胸倉をつかみ、或人を制した。
天津はテレビカメラに向かって歩き出し「ご覧ください!ヒューマギアが人の命を救うなんて夢のまた夢なのです」とアピールしてからフレームアウトした。
アークと接続した119之助は「人類を…滅亡せよ」とつぶやき、マンモスマギア化してしまった。
その様子をテレビカメラが放送する。
再びフレームインしてきた天津が「早く非難してください」と言うと、リポーターのマイクを奪い、「命を奪われる前に」と言い残して再びカメラの前からフレームアウトした。
暴走するマンモスマギア。
天津はその様子を見て ほくそ笑んだ。

対決の仕切り直し

暴走浄化

或人がタックルをして暴走した119之助 (マンモスマギア)を止めようとする。
しかしマンモスマギアはビクともしない。
マンモスマギアに投げ飛ばされた或人仮面ライダーゼロワン フリージングベアー形態に変身。
「やめろ!119之助」と説得するゼロワン
ゼロワンが攻撃を続けるマンモスマギアの足を凍り付かせて動けなくして「今俺が直してやる」と言った瞬間、背後から仮面ライダーサウザーに斬りつけられた。
「廃棄すべきだ」と言ってマンモスマギアを攻撃しようとするサウザー
ゼロワンが冷気でサウザーの攻撃を遮る。
サウザーゼロワンにサウザンドジャッカーを刺し、フリージングベアーのデータを吸収して必殺技【ジャッキングブレイク】でマンモスマギアを攻撃。
ゼロワンメタルクラスタホッパー形態に変身してサウザーの【ジャッキングブレイク】を阻止。
そして「大切な社員は社長の俺が守る」と言ってプログライズホッパーブレイドを取り出し、必殺技【プログライジングストラッシュ】でマンモスマギアを斬って元の119之助に戻した。
倒れこむ119之助を受け止めるゼロワン
その様子を見たサウザーが「ヒューマギアは廃棄する」といってゼロワンに斬りかかるが、返り討ちにあってしまう。
そしてゼロワンは「ヒューマギアが命を救えるってことを必ず証明してみせる!」と言った。

救助へ

或人に謝る119之助。
或人は「命に対する理解が足りなかった」と119之助を説教した。
そして「でも…それは俺も同じだ。俺たち穂村隊長に大切なことラーニングさせてもらったな」と言って119之助と肩を組んだ。
119之助は「はい!」と返事した。
そこへイズが小走りでやってきて「或人社長、緊急事態です。副社長たちが建物の3階に取り残されました」と報告。
「ええ~~~っ!!」と驚く或人
現場に駆け付けた或人イズが外からの救助は困難であると状況を説明。
一足先に現場に戻っていた天津は建物が燃える様子を見ながら「どうやら本当の消防士対決はここからのようですねぇ。ここまでの勝負は互角です。つまり、閉じ込められた副社長たちを救った方が勝ち」と言った。
或人天津の胸倉をつかみ「勝負なんて言ってる場合じゃないだろ!」と激怒。
天津は冷静に「ヒューマギアが命を救えると証明できるチャンスじゃないですか?」と挑発する。
天津の胸倉をつかむ或人の手を穂村が掴んで、「さっさと準備しろ!」と119之助に声をかけた。
「救ってみせます。自分が必ず」と119之助が意気込む。
或人は「119之助…みんなを頼む!」と言った。

次週へ続く

最後まで読んでいただき ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です