仮面ライダーゼロワン最終話「 ソレゾレの未来図 」結末はこうなる!! かもしれない?

ついに或人が顔を合わせてしまいました。

そこで勝手に最終回の展開を予想します。※完全な個人の妄想です

予想 ※あくまでも個人の妄想です

激突するアークワン(飛電或人)とアークスコーピオン()

戦いは激化して或人が倒れることに。

人類の滅亡を確信してアズが高笑いしていると、突然或人の声が聞こえてくる。

或人:「いい夢は見れたかい、アズ? いや、【アーク】!」

流れ出す主題歌《REAL×EYEZ》のイントロ

全てはゼアがアークに見せていた幻の光景だった。

アズ(アーク)「バカな、一体いつから…」

或人:「気付かなかったのか? 」

アズ(アーク):「バカな…ゼアは破壊されて存在しないはず!」

イズ:「確かにゼアは一度あなたに乗っ取られて破壊されました。しかし、事態を予測していたゼアはワタシにデータを転送しておいて、『飛電インテリジェンス』が新しく打ち上げた衛星にゼアのデータを転送して復元していたのです」

或人:「ほら、宇宙には新しい衛星ゼアがちゃ~んとあるよ」

アズ(アーク):「バカな…まだだ、まだ終わりではない。こんな結論はあり得ない! 人類は滅び去る予測は変わらない!! 」と叫んで仮面ライダーアークワンに変身。

仮面ライダゼロツー仮面ライダー滅が必殺技【ゼロツービッグバン】と【スティングディストピア】の合体攻撃で仮面ライダーアークワンに変身したアズを撃破。

一方そのころ、デイブレイクタウンでは不破、天津がアーク本体を爆破しにやってきていた。

アーク本体を破壊した後

天津「1000%人間の勝利だ」

不破「いい加減、その1000%って言うの止めないか?」

天津「100%人間の勝利だ」

「人間とヒューマギアの、な」

2代目さうざーを抱えた天津「100%われわれ人間とヒューマギアの勝利だ!! なぁ~さうざぁ~♪」

行き場を失ったアークは消滅する。

『飛電インテリジェンス』の社長室に戻った或人イズ

2人声を揃えて「やっぱり『飛電インテリジェンス』の社長は、アルトじゃ~ないとッ!!!」と〆る

主題歌《REAL×EYEZ》をバックに、これまでの色々な映像や人間とヒューマギアが共存している映像が流れる

と朝日に向かって歩いて行き、がその後を追う。

ラストシーンは或人イズ不破、、天津、福添、山下、シェスタたちで「アルトじゃ~ないと!」のポーズを決めた写真で終わる!

かなぁ…まぁ、ハズレてるとは思うけど、子供番組だし、ハッピーエンドで終わるのは間違いないと思うんですけどねぇ…

今までのおおまかなストーリー

今ままでのストーリーを振り返ると、キーワードは”悪意”ということになりそうです。

悪意は伝染する。人から人へ。人からヒューマギアへ

物語は始めから 人とヒューマギアの共存を願う飛電或人と人間からの解放を願うヒューマギアののストーリーを軸に進められてきました。

そもそもが人類滅亡を掲げていたのは天津垓から人間の悪意をラーニングしたアークが出した結論でしたね。

『飛電インテリジェンス』と『ZAIAエンタープライズジャパン』などの企業が日本政府と協力してヒューマギア自治都市構想のモデル都市が出来上がり、人間とヒューマギアが共存できるはずでした。

しかし、ヒューマギアを一括管理するために打ち上げ予定だった【人工衛星アーク】の打ち上げが失敗し、大規模な爆発が起きてしまいます。

爆発現場は後にデイブレイクタウンと呼ばれるようになります。

【アーク】打ち上げ失敗の原因は天津が【アーク】に人間の悪意をラーニングさせたことで、アークの危険性を感じた或人の父親(代わりのヒューマギア) 飛電其雄がアークの打ち上げを阻止したから という感じの話でしたね。

ただこのとき、既に衛星ゼアの元になるデータが存在しており、其雄単独の判断というよりも、”ゼアの予測に基づいて”其雄が打ち上げを阻止したということではないでしょうか。

アークの打ち上げ失敗からわずか1年でアークに代わるゼアの打ち上げが行われたことから、ゼアの元になるデータは既に存在していたと考える方がよいではないかとワタシは考えています。

ひょっとすると、『飛電』にそのときのゼアの元となるデータが残っている可能性もありますが、それはナシにしましょうかねぇ。

しかし、打ち上げは失敗したものの、アークは消滅したわけなく、現在もデイブレイクタウンに存在しています。

そこで、『飛電インテリジェンス』の先代社長 飛電是之助が〈来るべきわが社の危機〉として、ゼロワンドライバーとプログライズキーを作っていました。

これはゼアの予測に基づいて『飛電インテリジェンス』のラボ ザットが構築したものでしょう。

そしてその2つを次期社長(或人)に託して是之助は亡くなってしまいます。

悪意の芽生え

人間とヒューマギアの共存を公言する是之助の存在はアークにとって目障りだったのでしょう。

まずアークは是之助の死を知るとすぐに《マギア作戦》を実行します。

を使ってヒューマギアを暴走させ、人間にヒューマギアに対する悪意を植え付けることにしたのだと思います。

しかし、は破壊され、一度『滅亡迅雷.net』は壊滅したかに思われました。

人からヒューマギアへ

お仕事5番勝負があり、これは『飛電インテリジェンス』に対する愛が強かった天津垓が『飛電インテリジェンス』を買収するために行ったものです。

勝負は『ZAIA』が勝利し、天津が『飛電インテリジェンス』と『ZAIAエンタープライズジャパン』の社長を兼任することになりました。

アークがこれを予測していたのか分かりませんが、人間はいづれヒューマギアに仕事を全て取られてしまうという危険を感じることになります。

人間がヒューマギアを敵対視するようになり、ヒューマギアが人間からの悪意を感じ取るようになったという意味ではお仕事5番勝負もアークの思惑通りとなったようです。

或人は『飛電インテリジェンス』社長ではなくなり、ゼロワンに変身する権利を失いました。

アーク復活

そして物語は再び動き出します。

のファルコンプログライズキーを回収した『ZAIA』本社がを復元させ、半壊状態で『対人工知能特務機関A.I.M.S(エイムズ)』の施設内に監禁されていた亡(不破の脳内チップに埋め込まれていた)が協力して回収し、復活させました。

なんやかんやあって『滅亡迅雷.net』のが揃い、ついにアーク復活となります。

絶望

或人イズ或人名義で立ち上げた会社『飛電製作所 』社長として再び仮面ライダーゼロワンに変身することができるようになりました。

或人の仮面ライダーへの変身権限はゼアによってもたらされたものということですね。

はアーク消滅のために、人間とヒューマギアの共存を訴える或人を信じるようになります。

一方、人工知能であるアークが地上で自由に動きまわるためには乗り移るヒューマギアが必要でした。

は当初、その役目をにすることを目論んでいます。

はアーク復活を阻止するために『ZAIA』本社が送りこんだスパイで、の協力を得て先ずはアークを復活させ、に乗り移らせて破壊するつもりでした。

ところが、アークがに乗り移って仮面ライダーに変身した力はの予想を大きく上回るもので、でどうにかできるものではなかった。

このころから”アーク様の秘書”を自称するアズが登場したのですかね。

圧倒的な仮面ライダーアークゼロの前に最強のゼロワン メタルクラスタホッパー形態仮面ライダーサウザーの超絶社長タッグでもかないませんでした。

そしてついに人工衛星【ゼア】も【アーク】に乗っ取られてしまいます。

希望

イズがゼアを復活させるカギとなるはずだと思った或人イズにアークの予測を超える予測をするよう頼みます。

何度も何度もシミュレーションを繰り返した結果、何度も或人の死を見たイズはシンギュラリティーに達します。

そしてついにイズがアークを倒す方法を発見しました。

それは或人が考えていた人間とヒューマギアが力を合わせる新しい仮面ライダー 仮面ライダーゼロツーでした。

ゼロワンは祖父 是之助と父 其雄が或人に託したもの。

或人イズと力を合わせてゼロワンを超えるゼロツーをつくりあげました。

(実際にゼロツードライバーとキーを構築したのはイズですが)

仮面ライダーゼロツー仮面ライダーアークゼロの予測を超える予測で圧倒。

ついにアークゼロの撃破に成功しました。

そして同時にアークに乗っ取られた衛星ゼアを元々は宇宙野郎 雷電として『飛電インテリジェンス』に潜り込んでいたはずのが宇宙空間で爆破。

或人達はこれでアークが消滅したと思っていました。

最終局面

シンギュラリティに達したイズの前にアズが現れてが新たなアークとして仮面ライダーに変身する様子をアークのシミュレーションで見せつけました。

これがアズの罠だったのかもしれません。

イズはに人類と共存することを望みます。

しかし、もシンギュラリティに達していて、心が芽生えていました。

心が芽生えたことで、イズに意見の相違が生まれてしまい、力で解決する方法を選択したイズを破壊してしまいます。

心があるヒューマギアだったら人間と同じことをやるのでしょう。

イズの爆発を目の当たりにした或人を憎むことに。

或人に対する怒り、悪意アズに付け込まれることになり、或人は自分の意志で”新たなアーク”仮面ライダーアークワンに変身しました。

或人はただひたすらを狙い、その結果、をかばったを破壊することになってしまいました。

そして今度は或人を憎むようになり、これを利用してアズを刺激します。

こうして憎しみが憎しみを生む悪意の連鎖が完成してしまいました。

互いに憎しみ合う或人が最終決戦に挑むことに。

それは人類とヒューマギアの全面戦争を意味します。

こうして全てはアズの予測通りの展開になったわけです。

つまりアズこそがアークだったんじゃないか、というのが先週まで番組を観てきた一視聴者としてのワタシの感想です。

結末予想の根拠の乏しい、無いにも等しい論拠…的な?

アズ

そもそもアークワンのキーとベルト、アークスコーピオンのキーとベルト、どちらもアズ或人に渡したものですよね?

“自称アーク様の秘書”アズ或人の悪意を利用して人類とヒューマギアの全面戦争を演出していたということだったのでしょう。

そもそも『滅亡迅雷.net』の、それぞれを初期化してシンギュラリティデータを集めていたのもアズ

を操って飛行船のビジョンに演説を流す演出をしたのもアズ

イズが新たなアークになるシミュレーションを見せてイズを破壊させるように仕向け、或人の滅に対する悪意を芽生えさせたのもアズの仕業ということでしょう。

もう、アズ=アークってことでいいんでしょうね。

ゼア

との最終決戦に向かう或人がゼロツープログライズキーを握りしめて目を閉じると、或人は青い仮想空間に転送されています。

そこに現れた飛電其雄は(たぶん)ゼロワンドライバーを持っていました。

あの青い仮想空間はゼアの仮想空間を意味するもので、ゼアが健在だということをあらわしていたのでしょう。

気になったのは或人が第40話でイズにアークを倒す方法をシミュレーションしてもらったあとのセリフ

「今までゼアはイズが感じた心に反応しつづけてきた。イズとゼアは1つなんだ

「どうすればイズの中のゼアを起動させられるのか」

「いままでになかった感情がイズに芽生えたとき、ゼアが起動したんだ」です。

衛星ゼアはアークに乗っ取られる前にイズにデータを転送していた、と考えられそうな気がします。

データを転送されて容量オーバーだったせいで、イズアークゼロを倒す方法を見つけるのに時間がかかったように表現されたのかもしれません。

単にイズがシンギュラリティーに達する過程を見せただけ、ということもありますが、衛星ゼアの本来の処理能力であれば、一瞬のうちにアークを倒す方法を導き出していたでしょう。

だとすれば、イズに破壊されるよりも前に、(宇宙野郎 雷電)が破壊した衛星ゼアの器となるものを復活させておく必要がありそうです。

そうなると、『飛電インテリジェンス』が新たな衛星を打ち上げ、新たな衛星にイズがゼアのメモリーを転送していた。

そしてイズに破壊される直前、結末を予測していたゼアがイズのバックアップメモリーを転送させて保存していたのではないかと妄想しています。

仮想空間内で或人の前に現れた其雄の正体ですが、存在しないはずの其雄のデータをゼアが見た目だけ再現したのか、または密かに衛星ゼアがバックアップを保存していた、ということでしょうか。

ここにきてただの幻を見せる意味はないでしょうから、其雄のデータは残っていて……あぁ…いや、もはや何でもありでしょうから、其雄の”魂”が冷静さを失った或人を心配して出て来た、ということにでもしましょうか(笑)

手に持っていたのが(多分)ゼロツードライバーではなく、ゼロワンドライバーだったことから、〈初心を忘れるな〉というメッセージだったのかもしれません。

是之助の理念である 人とヒューマギアの共存。

そして其雄の「夢に向かって飛べ」という言葉。

更には衛星ゼアからメモリーを転送してもらって復元するはずだと私が勝手に妄想しているイズが姿を現し、或人への怒り、悪意を鎮める。

一方、決戦直前のの方にもアークに隠れて何かが起こったのではないでしょうか。

例えば、が復元を急いでいたが復活しての前に現れる。

それもアークには見つからないような形で。

となると、そんな場所はゼアの仮想空間の中しかなさそうです。

もヒューマギアな訳ですから、ヒューマギアを一括管理するために作られたゼアの仮想空間に呼び寄せられない訳はない! 多分…。

なんだかんだとの必死の説得のお陰で或人に対する怒り、悪意も鎮めたと妄想するのは無理やりですかねぇ。

そして或人が其雄だと思っていたものはで、だと思っていたものは或人だった。

アークの入り込めない新たな衛星ゼアの仮想空間内で対峙した或人はアーク打倒の約束をしたのではないかと勝手に妄想します。

第44話のラスト付近での会話

「結論は出ているようだな?」というの問いかけに答えた或人の「そっちもな」が意味するのは仮想空間内での約束、アーク打倒の結論だったのではないでしょうか。

最後に

う~ん、妄想だとしてもやっぱり無理がありすぎますかねぇ…。

強引な妄想が暴走してしまいましたが、正しい結果は8月30日 テレビ朝日系列9:00放送の仮面ライダーゼロワン最終話で明らかになります。

皆さんはドンナ結末を予想されていますか?

ワタシと同じよう予想なら光栄ですし、ほんのわずか、少しでも予想に近い結末だったとしたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です