忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第1章「はじめに、炎の剣士あり。」

登場人物等の説明はテレビ朝日『仮面ライダーセイバー』公式ホームページに移動します

「文豪にして剣豪」をモチーフとした仮面ライダー。

⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆店主兼小説家の神山 飛羽真(かみやま とうま)とその担当編集者 須藤 芽依(すどう めい)。
飛羽真は幼い頃から少女を助けられない”夢”を何度も見ている。
そして”夢”から覚めた飛羽真少年『ブレイブドラゴン』という名の小さな本を手に持っていた。
謎の組織⦆が呼び出した怪物 ゴーレムメギドが世界を異世界〈ワンダーワールド〉によって侵食するところから話が動き出す。
多くの市民と一緒に異世界に取り込まれた飛羽真芽依
飛羽真が『ブレイブドラゴン』の〈ワンダーライドブック〉を手にすると、炎をまとった剣が現れた。
剣を引き抜いた飛羽真は〈火炎剣烈火(かえんけんれっか)〉を手にし、仮面ライダーセイバーに変身してゴーレムメギドを撃破。
そしてその様子を見ていた一人の剣士が蒼いライオンに乗って飛羽真の営む本屋⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆を訪ねてきた。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

内容を思い出す手助けにどうぞ↓ ※長いです


なるべく短くしたつもり版はこちらをどうぞ↓

 

ワタシの妄想につきあっていただける方はこちらもどうぞ(笑)

登場人物の妄想

最終回の妄想

 

ちなみに、ノーザンベース内にある大きな本を見て「どんな本なんだろう?」と気になっていた方はこちらをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2020/11/13/saber-decoding-2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です