仮面ライダーセイバー第15章「覚悟を超えた、その先に。」

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

世界を救おうと頑張る飛羽真たちから目が離せないタッセル
倒したはずのカリバーが蘇り、ついに”大いなる力”への扉が開かれた。
飛羽真カリバーを追って巨大な『本』の中へ。

「ボンヌレクチュ~ル」は どした?

不評だった…とか?(笑)

プロローグ

 巨大な『本』の中に飛び込み、カリバーの後を追うセイバーは自分が歴史をさかのぼっていることに気づいた。
一方、セイバーを見送ったブレイズスラッシュ剣斬バスターの前で対峙する怪物ストリウスが「セイバーも行ってしまいましたか」とつぶやくと、怪物ズオスは「帰ってこられるのは真理を手にした一人だけだ」と言った。
バスターが「あの本はどこにつながってるんだ?」と尋ねると、怪物ストリウスは「無限にして永久の場所。その先には大いなる力 知識の源があります」と答えた。
そして答えた瞬間に怪物ストリウス怪物ズオス怪物レジエルバスターたちを一斉に攻撃。
攻撃を受けた尾上大秦寺の変身が解けて地面に倒れる。
ブレイズは攻撃に耐えたが、怪物ストリウスの追撃を受けた倫太郎の変身も解け、治りきっていない傷口を抑えて地面に倒れた。
芽依倫太郎を心配して駆け寄る。
ストリウスたちも変身を解いて笑みを浮かべた。

目次録

セイバーとカリバー その1

 カリバーが『本』の中を飛びながら「ようやくたどり着ける。かつてこの世界を創った本。全ての知識の源に」と語る。
そしてカリバーは「あの失われた本には世界の始まりから終わり。そしてあらゆる情報が記されている」と続け、「知識こそが力。目次録を手に入れ、世界に散った全ての本を集めたとき全知全能の書は復活し、私は神にも等しい絶対的な力を手にする!」と言った。
カリバーの後を追うセイバー聖剣ソードライバーに『キングオブアーサー』をセットしてドラゴンイーグルアーサー形態にチェンジし、〈火炎剣烈火〉を引き抜いて「お前に力は渡さない!世界は俺が守る!」と言って必殺技【キングスラッシュを発動

【烈火抜刀! 増刷!アーサー王! キングスラッシュ!】

落下していくカリバー

剣士とメギド その1

 片膝をついた大秦寺が「知識の源とは何だ?」と尋ねると、ストリウスは「目次録です。2000年前にバラバラになった全知全能の書。唯一残ったその目次のページ。内容を記した目次録が2人の目指す先にはある」と答えた。
そしてストリウスは地面に倒れた倫太郎たちを見下ろしながら、「あなたたち人類が手に入れたもの全ても その本に書かれた一部の力にすぎません」と言う。
大秦寺が「そんな力でお前たちは何をするつもりだ?」と尋ねると、ズオス大秦寺の胸倉をつかみ、「創り替えんだよ。この世界を!」と言って放り投げ、蹴りでの華麗な連続攻撃をオミマイする。
地面に転がる大秦寺
倫太郎芽依をさがらせてからズオスに殴りかかるが、避けられ、蹴り倒された。
両手を広げて歩きながら「俺たちにとって正しく美しい姿に」と補足するレジエルが斬りかかるが、殴り飛ばされる。
続いて尾上も斬りかかるが、殴り倒された。
更に斬りかかってきたをレジエルが掴み、「きさまら人間にとっては地獄かもしれないがな!」と言いながら膝蹴りをいれ、殴り飛ばす。
尾上が「ふざけんな! そんなことはさせねぇぞ!」と言って背後から掴むが、レジエルは肘打ちで攻撃して蹴り飛ばす。
倫太郎は「僕たちの生きる世界を守る。それが賢人との約束です!」と叫んで立ち上がり、駆け出す。
も「俺の強さで 食い止める!」と叫んでストリウスに殴りかかる。
ストリウス倫太郎の攻撃をかわし、片手で反撃してからの攻撃もかわして片手で反撃。
更に殴りかかってくる倫太郎の攻撃を片手でさばきながら、斬りかかってきたも同時に攻撃してから怪物化して、右手での首、左手で倫太郎の首を掴んで「邪魔はさせませんよ」と言った。
怪物ストリウス怪物ズオス怪物レジエルの攻撃を受け、倫太郎 尾上 大秦寺は変身が解けて地面に倒れた。
すると大秦寺が「倫太郎、こいつらは私たちが引き受ける」と声をかけ、尾上が「お前は残りの柱をぶっ壊せ!」と言った。
倫太郎が「わかりました」と応えると、怪物ストリウスは「いいのですか? 本が閉じてしまえばセイバーはこの世界に戻れなくなりますよ?」と尋ねる。

ピンチ

セイバーとカリバー その2

 吹き飛ぶセイバー
カリバーは着地して「あと少しで真理にたどり着けたものを!」と語りかけると、セイバーは腰の〈雷鳴剣黄雷〉を抜いて「お前は俺が止める!」と叫ぶ。
カリバーは斬りかかりながら「ならば問おう! お前が救おうとする世界が何者かに創られたものだとしたらどうする? そして既に世界の最後が決まっていたとしたら。それでもお前は戦うか!?」と尋ねてセイバーを斬る。
セイバーが「それは…」と答えに詰まると、カリバーは「覚悟のないものは消えろ!」と叫んで必殺技を繰り出す。

【月闇居合! 読後一閃!】

〈火炎剣烈火〉と〈雷鳴剣黄雷〉が地面に刺さり、変身が解けた飛羽真は黒い煙に包まれて姿を消した。

剣士とメギド その2

 「世界と仲間、どっちを選ぶ?」と聞きながら怪物レジエル尾上を殴り倒す。
尾上は地面に倒れて『玄武神話』を握りしめる。
怪物ズオス大秦寺を蹴りながら「もう手遅れかもしれねぇけどな!」と言って殴り飛ばす。
怪物ストリウスは無言で倫太郎の攻撃をかわして片手で殴りかえす。
芽依は閉じかけた『本』を見上げ、両手を握りしめて「飛羽真…」と祈っている。

 飛羽真は暗闇の中で「何者かに…創られた世界…」とつぶやき、賢人の「この世界を…俺たちが生きてきた世界を守ってくれ」という最後の言葉を思い出していた。
そして「賢人の死も決まっていたというのか!」と叫び、何も変えられず、何も救えなかった自分に憤りを感じていた。
すると、飛羽真の前に賢人が現れ、「飛羽真。お前にはまだやらなきゃならないことがあるだろ」という声が聞こえた。
賢人の姿が闇の空間に穴をあけて飛羽真に光が差しむ。
飛羽真は「そうだな…。ありがとう賢人…。たとえ未来が決まっていたとしても俺は守る!大切な仲間たちと一緒に俺たちの世界を!」と言って光に手を伸ばす。

その頃、倫太郎たちは怪物ストリウスたちにやられてボロボロの状態。
すると、意を決した芽依倫太郎に近づき、「顔を上げろ!倫太郎!」と檄を飛ばす。
そして「飛羽真は必ず帰ってくる。約束したでしょ? うちは飛羽真を信じる。だって…必ず約束は守る奴だもん」と言った。
芽依の言葉にうなずく倫太郎尾上大秦寺

決戦

セイバーとカリバー その3

 変身を解いた上條が地面に刺さった〈雷鳴剣黄雷〉に手を伸ばすと、飛羽真が姿を現して〈雷鳴剣黄雷〉を掴んだ。
飛羽真は左手で〈雷鳴剣黄雷〉を引き抜き、右手で〈火炎剣烈火〉を引き抜く。
上條が「バカな…。お前は闇の力で消えたはず!?」と驚くと、飛羽真は〈雷鳴剣黄雷〉を手に「賢人が…仲間が俺を救ってくれた!」と叫んだ。
すると上條が「いいだろう」と言って、15年前の出来事を語りだした。

《回想》

15年前の戦いは上條にとって、世界と友を救う戦いだった。
上條と賢人の父、冨加宮隼人は仲間であり友だった。
お互いに剣の腕を競い合い、共に怒り、共に笑いあった。
回想シーンでは上條尾上がジャレ合い、隼人大秦寺が笑い、4人が仲良さそうにしている。
隼人が裏切った”あの日”までは…。

セイバーに変身した上條が「冨加宮! お前はその少女を使って何をする気だ?」と尋ねると、隼人は「この少女は2つの世界をつなげる特別な存在だ」と答える。
そして空に浮かぶ『本』を見上げて「俺はあそこで普遍の真理を手にする」と言って仮面ライダーカリバーに変身。

〈闇黒剣月闇! ジャアクリード!
 Get go under conquer
 than get keen
 ジャアクドラゴン!〉

カリバー(隼人)が「誰にも邪魔はさせない」と斬りかかる。
セイバー(上條)は「目を覚ませ! お前は間違っている」と説得するが、隼人は「すべては世界を救うため。それが真の平和へと至る道だ!」と言って攻撃。
そして「あのお方もそういっておられた!」と叫んでセイバー(上條)を斬る。
幼い飛羽真が「ルナ!目を覚まして!」と駆け寄る。
ルナは目を開け、「飛羽真…」とつぶやく。
そのとき、空間が裂けてルナが吸いこまれる。
幼い飛羽真がルナの手を掴む。
幼い飛羽真ルナに気をとられたセイバー(上條)カリバー(隼人)が斬った。
変身が解けて上條が地面に倒れる。
幼い飛羽真は「ルナ! 絶対に助ける! 約束だ!」と叫ぶが、かろうじて小指同士でつないでいた指が外れてしまった。
ルナは「飛羽真~!」と叫んで巨大な『本』に吸いこまれて消えた。
上條は「しまった」と叫び幼い飛羽真に駆け寄る。
カリバー(隼人)上條を追いかけるが、上條に斬られて変身が解けた。
上條幼い飛羽真の前で隼人に向かって「覚悟を超えた先に、希望はある!」と叫んで〈火炎剣烈火〉を地面に突き刺して巨大な爆発を起こした。
上條の前にドラゴンが現れて爆発や飛び散るガレキから守る。
そして幼い飛羽真は気を失い、手には『ブレイブドラゴン』が握られていた。
隼人は「なぜ邪魔をした? これが世界を救う唯一の道だった!」と叫んで上條に斬りかかる。
隼人の攻撃を避けて斬り返す上條
隼人は倒れ、上條は黒い煙を纏って仮面ライダーカリバーに姿を変えた。

そして上條は「私はそのときに気付いた。冨加宮を変えたのはソードオブロゴスだと」と言い、「だから私は覚悟を決めた。組織を離れ、全ての罪を背負い、メギドと手を組んででも大切な友を悪魔に変えてしまった敵を 真実を明らかにすると」と語って、〈闇黒剣月闇〉に『ジャオウドラゴン』を読み込ませて仮面ライダーカリバー ジャオウドラゴンに変身。

〈ジャオウドラゴン! 邪道を極めた暗闇をまとい
 数多の竜が秘めた力を開放する!

 ジャオウリード! 闇黒剣月闇!
 ジャオウドラゴン! 誰も逃れられない…〉

飛羽真仮面ライダーセイバー ドラゴンアランジーナに変身。
カリバーは「私は冨加宮が手に入れようとした普遍の真理を求めた。組織の中枢にいる真の敵を見つけ、その敵と戦うには力が必要だったからだ」と語りながら攻撃を続ける。
セイバーは「そのために街や人を犠牲にして賢人まで!」と叫んで反撃。
カリバーセイバーの攻撃を受け止めて「それが私の覚悟だ!」と叫んで攻撃する。
斬り飛ばされたセイバーは立ち上がり、「あなたは間違っている。その先に希望なんかない!」と言って『キングオブアーサー』をセットして仮面ライダーセイバー ドラゴンアーサー形態にチェンジ。

〈烈火抜刀! 二冊の本を重ねしとき 聖なる剣に力が宿る!〉

カリバーは「私が間違えたとしたら、15年前にお前を助けたことだ!」と叫んで斬りかかる。

剣士とメギド その3

  地面に倒れた大秦寺が「あいつは今戦っていている」と声をかけると、尾上は「ああ…」と答え、「俺たちも一緒に…世界を守るぞ!」と叫んで立ち上がる。
倫太郎が「はい」と応え、はうなずき、大秦寺も立ち上がった。
倫太郎仮面ライダーブレイズに、尾上仮面ライダーバスターに、仮面ライダー剣斬に、大秦寺仮面ライダースラッシュに変身。

〈ライオン戦記! 流水抜刀! ライオン戦記!〉

〈玄武神話! 一刀両断!〉
〈ドゴ!ドゴ! 土豪剣激土!〉

猿飛忍者伝! 双刀分断!
風双剣翠風!

ヘンゼルナッツとグレーテル! 銃剣撃弾!
音銃剣錫音!

4人の真ん中で芽依がポーズを決め、「くぅ~っ!」とガッツボーズ。
怪物ストリウス怪物ズオス怪物レジエルが向かってくる。
走り出す4人のライダーたち。
バスター怪物レジエルと互角に斬り合い、スラッシュ怪物ズオスと互角に斬り合う。
バスター〈土豪剣激土〉に『玄武神話』を読み込み、必殺技【大断断】を発動。

【激土乱読撃!】

スラッシュ〈音銃剣錫音〉に『ヘンゼルナッツとグレーテル』を読み込んで必殺技【スナック・音・ザ・チョッパー】を発動。

【錫音音読撃!】

ブレイズ剣斬は2人がかりで怪物ストリウスに挑む。
ブレイズ〈水勢剣流水〉に『ライオン戦記』を読み込み、必殺技を発動し、剣斬〈風双剣翠風〉に『猿飛忍者伝』を読み込み、必殺技【疾風剣舞 二連】を同時に発動。

【ライオン戦記!】

【猿飛忍者伝! 翠風速読撃!】

決着

光の柱

 芽依が「倫太郎! 思いっきりやっちゃって!」と応援。
ブレイズは「任せてください!」と応えて、『ライオン戦記』を外して、『キングライオン大戦記』をセット。

〈自然を超越した蒼き鬣が 装甲を纏い王座に轟く!
 流水抜刀! 獣王来迎!
 Rising! Lifull! キングライオン大戦記!
 さらにはライオン変形!〉

必殺技【キングライオングレネイチャー】で紫色の光の柱を破壊。

【スペシャル! ふむふむふ~む! 完全読破一閃!】

目次録へとつながる『本』が更に閉じる。

前回も紫の柱を攻撃していたような…

更に怪物ストリウスと戦っていた剣斬が「これを使え!」と言って『ジャッ君と土豆の木』をブレイズに投げた。
ブレイズは『ジャッ君と土豆の木』を右腕の〈キングライオンブースター〉に読み込む。
するとバスターも「ほらよ!」と『ブレーメンのロックバンド』をブレイズに投げ、受け取ったブレイズは〈キングライオンブースター〉に読み込む。
そしてスラッシュも「ブレイズ!」と『こぶた3兄弟』を投げ、「わかりました!」と受け取ったブレイズが〈キングライオンブースター〉に読み込み、必殺技【ライオニックバースト】で赤い光の柱を破壊。

【ワン! リーディング! ツー! リーディング!
 スリー! リーディング! ライオニックバースト!】

ブレイズは更に『天空のペガサス』『ライオン戦記』『ピーターファンタジスタ』を〈キングライオンブースター〉に読み込んで、必殺技【ライオニックバースト】で青い光の柱を破壊。

【ワン! リーディング! ツー! リーディング!
 スリー! リーディング! バースト!】

芽依が「よぉ~し、残り2本! いけ~倫太郎!」と盛り上がる。
そして剣斬は『猿飛忍者伝』を読み込み、必殺技【翠風速読撃】怪物ストリウスにライダーキック。
スラッシュも『ヘンゼルナッツとグレーテル』を読み込んで必殺技錫音速読撃】怪物ズオスにライダーキック。
バスター必殺技【玄武爆砕】怪物レジエルにライダーキック。

【猿飛忍者伝! 翠風速読撃!】

【ヘンゼルナッツとグレーテル! 錫音速読撃!】

【玄武神話! 激土乱読撃!】

そしてブレイズは〈キングライオンブースター〉に『キングライオン大戦記』を読み込んで、必殺技【ライオニック フルバースト】でオレンジ色の柱を破壊した。

【キングライオンブースター! キングライオン大戦記!
 スプラッシュリーディング!】

最後にブレイズが「水勢剣流水に誓い、この世界の均衡は僕が守る!」と叫んで必殺技【ライオネル・ソウル・スプラッシュ】で緑の柱を破壊。

【スペシャル! ふむふむふ~む! 完全読破一閃!】

崩壊

クリムゾンドラゴン形態にチェンジしたセイバーは「15年前、あなたには仲間がいた。仲間のことを信じれば 一緒に力を合わせて戦えば、きっと違った未来もあったはずだ!」と言って斬りつけるが、カリバーは「世界はそんなに単純ではない!」と叫んで斬り返す。
セイバー必殺技【爆炎紅蓮斬】を発動。

【烈火抜刀! ドラゴン! イーグル! 西遊ジャー! 三冊斬り!
 ファファファファイヤー!】

そしてセイバーは『ドラゴニックナイト』を〈聖剣ソードライバー〉にセットしてドラゴニックナイト形態にチェンジ。

〈ドラゴニックナイト!
 つまりはド級のナイトに進化! 烈火抜刀!
 Don’t miss it!
 ドメタリックアーマー! ドハデニックブースター!
 ドハクリョックライダー! ドラゴニックナイト!
 すなわちド強い!

飛び上がり、黒いドラゴンに乗るカリバーは4匹の小型竜を率いる。
セイバーは『ドラゴニックナイト』を3度叩き、「俺はあなたとは違うやり方で戦う」と言って赤いドラゴンに飛び乗った。
空中で戦う両者。
セイバーは「仲間たちと世界を守る!」と叫んでカリバーと刃を交える。
セイバーカリバーが従えている4匹の小型竜を次々に撃破し、お互いドラゴンに乗った状態で斬り合い、間合いをとって停止。
セイバーがドラゴンから飛び上がり、必殺技【龍神鉄鋼弾】の態勢に入る。

【ドラゴニック必殺読破! ドラゴニック必殺撃!】

対するカリバーもドラゴンから飛び上がって必殺技で迎え撃つ。

【ジャオウ必殺読破! ジャオウ必殺撃】

衝突する2人のライダーキック。
キックがぶつかった状態のままカリバーが「無駄だ! 既に世界の最後は決まっている」と語り掛けるが、セイバーは「もし世界の最後が決まっていたとしても、物語の結末は俺が決める!」と応えてカリバーを弾き飛ばす。
そして落ちていくカリバーに向かって帯刀していた〈雷鳴剣黄雷〉を抜き、〈聖剣ソードライバー〉から〈火炎剣烈火〉も抜いて、必殺技【豪火大革命】を発動。

【スペシャル! ふむふむふ~む!
 烈火抜刀! 完全読破一閃!
 ドラゴニック必殺斬り!】

カリバーは地面に落下。
〈闇黒剣月闇〉は地面に突き刺さり、『ジャオウドラゴン』と『ジャアクドラゴン』が地面に落ちる。
変身を解いた飛羽真はなんとか着地。
上條が必死に立ち上がりながら「それがお前の覚悟か?」と尋ねると、飛羽真は「あぁ」と答える。
上條は「私は間違っていたのか…。お前の言うようにもっと仲間を信じていれば違う道があったということか」とつぶやき、「神山飛羽真。お前が私に代わって真実を見つけてくれ!」と頼む。
そして全ての元凶、組織の裏切り者が誰なのか分かれば『本』に飲み込まれルナにつながるはずだとアドバイスをするが、それは茨の道だとも警告する。
「誰かを犠牲にするかもしれない。いづれ仲間たちとも…」と言いかけたところで背後から突き刺された。
上條から上條ソフィア隼人、3人が映る写真が落ちる。
飛羽真は「上條さん!」と叫び、上條を突き刺したデザストに斬りかかるが、簡単に蹴り飛ばされてしまう。
デザストは「返してもらうぞ」と言って上條から『デザスト』のルターライドブックを取り戻し、「これで俺は完全に自由だ」とつぶやいて去って行った。
飛羽真が「上條さん!」と叫んで駆け寄ると、上條は「闇黒剣月闇をお前に託す…。きっとお前の役に立つ」と言い残してうなだれた。
飛羽真は落ちていた写真を拾いあげ、「賢人も上條さんも同じものを探していたんですね」と言った その時、突然地面に刺さっていた〈闇黒剣月闇〉が煙と共に消え、『ジャオウドラゴン』と『ジャアクドラゴン』も煙と共に消えてしまった。
そして飛羽真のいる空間が崩壊し始めた。

エピローグ

 剣斬を斬った怪物ストリウスが「今回の計画は失敗に終わりましたが、まぁいいでしょう」と言い残して去って行くと、怪物ズオス怪物レジエルも悔しそうに無言で去って行く。
変身を解いた剣士たちが柱を全て破壊されて崩壊していく『本』を見つめる。
倫太郎を支えながら芽依が「飛羽真は必ず帰ってくる」と言って、倫太郎から手を離し、「飛羽真~! 帰ってきなさいよぉ~!」と大声で叫ぶと、消えゆく『本』からセイバーが飛び出してきた。
は「あ。帰ってきた」と笑い、倫太郎は「飛羽真くん」と笑い、大秦寺は「飛羽真…」と笑い、尾上は「大した小説家だぜ!」と言って笑い、芽依はうなずいた。
変身を解いた飛羽真がボロボロの状態で笑う。
みんなで飛羽真に近寄り、芽依が「お帰り、飛羽真」と声を掛ける。
飛羽真は「ただいま」と答えて振り返り、空に向かって「賢人…みんなで守ったぞ。この世界を」とつぶやく。
その様子を離れた場所から見ていた神代玲花は ほくそ笑んだ。

タッセルが「飛羽真と仲間たちにより世界は救われた」と振り返っていると、”アヴァロン”にいたフードを被った謎の人物が現れて首を横に振る。
そしてタッセルは「まだ終わってないようですぅ」と言った。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

今後の展開が分かるかもしれない

ワンダーライドブック
https://fukou–kou.com/2020/11/26/wonder-ride-book/

禁断の書
https://fukou–kou.com/2020/11/12/saber-decoding/

伝承

https://fukou–kou.com/2020/12/01/saber-decoding-3/
https://fukou–kou.com/2020/12/04/saber-decoding-4/
https://fukou–kou.com/2020/12/05/saber-decoding-5/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です