仮面ライダーセイバー 中盤以降の展開を勝手に妄想

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

 第16章で序盤の山場を迎えた仮面ライダーセイバー。
ここで今後の中盤の展開について”妄想”しようと思います。
“考察”や”予想”などといった偉そうなものではございませんので悪しからず。

 第17話でストリウスレジエルズオスが人間をメギドにするという展開が始まったので、今後しばらく(30章あたりまで)はこの展開でしょうか。
もし23章あたりから順番にこの3人が倒されるのだとしたら…

  • 3人のうち2人が倒されて残りの1人が力を吸収する
  • 新たなカリバーが全ての力を吸収する
  • デザストが全ての力を吸収する

 という展開を妄想してしまいます。
3人(3匹?)のうち2人が倒されて、残る1人が吸収してパワーアップする場合、無難なところで残るのはストリウスでしょうか。
『物語』『生物』『幻獣』を司る⦅メギド⦆たち。
これら全てのジャンルを網羅した者はかなりの強さになることが妄想されます。

 新たなカリバーが力を吸収する場合に問題になるのは”新たなカリバー”は誰か? ということですね。
そもそも”カリバー”の継承条件はとのようなものでしょう。
基本的に剣士は〈聖剣〉に選ばれるということですが…。
冨加宮隼人がどのようにして”カリバー”となったのかは分かりませんが、少なくともセイバーだったはずの上条大地冨加宮隼人を倒したことで”カリバー”になりました。
もし現役のカリバーを倒すことが新たなカリバーの継承条件だとすると、今回カリバーにトドメを刺したのはデザストです。
闇黒剣月闇が〈より強きものを求める性質の剣〉だとすると、それもあり得る話でしょうか。
あとは⦅メギド⦆に継承資格があるのかどうかですが…。
最近のセイバーでは人の形をしているからといって人間とは限らないようですから、剣士も人間とは限りませんよねぇ(笑)
そして闇に飲まれた冨加宮賢人
賢人新たなカリバーとして現れるのだとすると、それはもうラスボス前のボスということになるのでしょう。
一旦は飛羽真たちと敵対して戦うが、終盤に入ると飛羽真と力を合わせてラスボスと戦うという展開でしょうか。

 ストリウスレジエルズオスが倒され、その力をデザストが吸収する場合は、まぁそういう展開で後半に進むのでしょう。

 で、どの場合であっても34章あたりで最後のボスが登場するという展開でしょうか。

 23章あたりでストリウスたちが倒されない場合の中盤ボス⦅サウザンベース⦆”あの方”または神代玲花でしょうかねぇ。
“あの方”⦅サウザンベース⦆の守護者ですかねぇ。
神代玲花は単なる使者ですから。
実は神代玲花=”あの方”という可能性もない訳ではないけど…。
とりあえず中盤までに拉致監禁されたソフィアの処遇は決定するでしょう。
無事に解放されることはなさそうですけどねぇ…。
神代玲花ソフィア⦅ノーザンベース⦆を長く留守にすると”よくないことがおきる”的な事を言っていましたから、ソフィアが居なくなると人間の目にも⦅ノーザンベース⦆が見えるようになる とか?
そして⦅ノーザンベース⦆を見た人間が最近起きている異変や怪物を⦅ノーザンベース⦆のせいだと騒ぎだす展開があるかもしれませんね。

 そして1000年ぶりに現れた〈光の剣〉ユーリ
ユーリとつるんでいたタッセルが対となる〈闇の剣〉ということになるのでしょうか。
剣なのに人の形をしているのは当たり前になっていますし(笑)
当初ワタシの妄想ではタッセル〈ワンダーワールド〉の王様だと思っていたんですけどねぇ。
あ。〈闇の剣〉と書いたのはワタシが書いた伝承の書(3)にあった「始まりの二振りの剣」という文章からの妄想です。
一振りは〈光の剣〉であるユーリ
だとすると、対になるもう一振りがあるはずですからね。
だったら〈闇の剣〉かなぁと。
「ある剣がロゴスを守って幽世(かくりよ)にわたった」みたいなことが書いてあった”っぽい”ので(笑)
伝承の書(3)が気になる方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2020/12/05/saber-decoding-5/

 あと気になるのは人間世界と〈ワンダーワールド〉を繋げる鍵となるルナの存在でしょう。
一度は閉じてしまった目次録への道の先に居るとか居ないとか。
ルナ飛羽真に立体的な絵本『Wonder Story』を渡しています。
そして初対面で飛羽真に言った「やっと見つけた」という一言。
『Wonder Story』の表紙の最初に「この本を未来ある子供たちに捧ぐ」と書いてありました。
この作者は未来の飛羽真なんじゃないかなぁって気がします。
だったらルナ飛羽真の奥さんとかかなぁ。
次元を超えて幼い飛羽真に絵本を託しに来たのかもしれませんねぇ。
いや、作者はタッセルという可能性もある…か?
いやいや、それはないだろう。多分。…ない、よねぇ。
たしかタッセルの部屋にも『Wonder Story』があったような気もするけど…。
ちなみにワタシが当初妄想した【飛羽真と賢人が異母兄弟】という可能性はまだ残されている!(笑)
!!!
2人の母親がルナで双子は忌み嫌われる存在として賢人冨加宮隼人に養子に出された、とか…。
いや、ここは潔く異母兄弟説・双子説を諦めた方がいい気がする(笑)

 そういえば、⦅サウザンベース⦆所属のライダーっているんでしょうか?
存在するとしたら彼らの属性は何が残っているのかなぁ。
⦅ノーザンベース⦆にはの属性…。
音? 音って属性になるのかな?
まぁここは属性で良しとしておきましょう。
残っていそうなのは…木と金とかかなぁ。
曜日なら月(ルナ)があるけど(笑)
音がいいなら他にも色々いるかもしれませんね。

 とまぁここまで無駄な妄想をしてきましたが、みなさんは今後どのような展開になると思われますか?
結局今後の展開は第17章以降を観れば分かることです(笑)
最後まで妄想に付き合っていただき ありがとうございました

ワタシの妄想に付き合っていただける方はこちらもどうぞ↓
〈人物〉
https://fukou–kou.com/2020/09/17/fantasize/
〈最終回〉
https://fukou–kou.com/2020/10/02/last-fantasize/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です