忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第18章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

飛羽真イエティメギドになった白井ゆきを助ける方法を考えていた。
ユーリは「剣士にできることは斬ることだけだ」と告げるが、飛羽真は無事にゆきを助ける方法を考える。
最初に生まれた〈光の剣〉と〈闇の剣〉が交わるとき“大いなる力”が生まれる。
ユーリはかつて世界を守る剣士だったが、光の剣が悪用されないために光の剣と一体化した。
そして”アヴァロン”に『キングオブアーサー』を封印したのは自分だと明かし、『キングオブアーサー』を手にした飛羽真は望まなくても世界の運命を手にしたことになると告げる。
一方、⦅サウザンベース⦆では飛羽真を信じたい倫太郎と裏切り者だと考えるが対立していたが、大秦寺倫太郎飛羽真に話を聞きに行くことにした。

「力か…」とつぶやきながら歩く飛羽真倫太郎が声を掛け、〈ソードオブロゴス〉に裏切り者は居ないと説得するが、飛羽真には「ソードオブロゴスに裏切り者がいる」という上條の最期の言葉がウソだとは思えない。
そこへユーリが現れて「剣士同士で戦うなど言語道断」と話しかけていると、イエティメギドが現れた。
倫太郎ブレイズに変身して斬りかかるが、飛羽真セイバーに変身してブレイズを止める。
飛羽真イエティメギドは人間だと説明するが、人間がメギドになるわけがないと思っている倫太郎飛羽真上條と同じくメギドの仲間になったのかとガッカリする。
ユーリイエティメギドを斬るよう指示するが飛羽真には斬ることは出来ない。
イエティメギドを斬ろうとするブレイズ
それを阻止するセイバー
その隙にイエティメギドセイバーブレイズを凍らせた。
しかし仮面ライダー最光に変身したユーリが2人を解凍。
すると、ブレイズが必殺技をイエティメギドに発動する。
セイバーイエティメギドの前に立ち、ブレイズの必殺技を受けて変身が解けてしまう。
するちユーリ飛羽真を連れて姿を消した。

芽依が自分に仕事を教えてくれたゆきを助けてくれるよう頼むと、飛羽真は「俺が助ける」と約束したが、方法はまだ分からない。
そのとき、ユーリが興味深そうに遊んでいたトースターのおもちゃを見た飛羽真が閃いた。

ゆきを探す飛羽真たちに寒そうに凍えるゆきが「助けて」と声をかけた。
ゆきが立ち上がって歩きだすとイエティメギドに姿を変えた。
そこへレジエルが現れて、新たな本が完成すればゆきは完全に消滅すると宣告。
飛羽真クリムゾンドラゴンに変身し、ユーリ最光に変身して怪物レジエルの相手を引き受ける。
一方的にセイバーが攻撃を受け続けていると、赤い〈アルターブック〉が完成してイエティメギドの中から飛び出した。
このときを待っていたセイバー〈アルターブック〉を斬ると白井ゆきが現れた。
わざと攻撃を受けて本が完成するギリギリを狙っていた飛羽真の運と度胸に感心したユーリは「やはり君は力を使う運命にあるようだ」と言い、自分を振るうよう促す。
セイバードラゴニックナイト形態にチェンジして光剛剣最光火炎剣烈火の二刀流で戦う。
セイバーは必殺技でイエティメギドを撃破し、怪物レジエルは去って行った。

ユーリ飛羽真の作戦はいただけないな、と前置きして自分を使って斬ればすぐに分離できたのにと明かす。
飛羽真が「早く言ってよ」と言うと、ユーリは「最初から斬れと言っていた」と返す。
その頃、⦅サウザンベース⦆では神代玲花倫太郎に「覚悟は決まりましたか?」と尋ねていた。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はコチラをどうぞ↓

序盤(第16章まで)の内容を3分で↓
https://fukou–kou.com/2021/01/02/saber-looking-back-1/

気が向いたときにでも 軽~い気持ちで見てやってくださいませ

まったく参考にもならないワタシの勝手な妄想シリーズ
16章終了時点での展開を妄想
https://fukou–kou.com/2021/01/16/fantasize-2/

第1章終了時点での登場人物の妄想
https://fukou–kou.com/2020/09/17/fantasize/

第4章終了時点での最終回の妄想
https://fukou–kou.com/2020/10/02/last-fantasize/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です