忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第20章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

 模型好きの高校生 来島慎吾王様メギドに変えられてしまう。
王様メギドは街中に車を壁のように高く積み上げる。
戦うのではなく《作って逃げる》を繰り返すメギドの目的は分からなかった。

 ⦅サウザンベース⦆では大秦寺が《人間がメギドになる》という事実を伝える。
人間は斬れないと悩む剣士たちだったが、神代玲花は「メギドになってしまえば手遅れだ」と言った。
そして飛羽真から光の剣を取り戻すよう伝え、賢人から高く評価されていた飛羽真に嫉妬するに対しては賢人聖剣雷鳴剣黄雷〉を取り戻すよう誘導する。

 一方、⦅メギドのアジト⦆ではストリウス〈ソードオブロゴス〉にも“力”を求める者がいると分析していた。

 慎吾飛羽真の前に現れて声をかけたが、苦しみだして走り去る。
後を追う飛羽真の前で慎吾王様メギドに姿を変えて壁を作り始めた。
飛羽真セイバーに変身して王様メギドを止めようとするが、怪物レジエルが現れて邪魔をする。
そこへ現れたを見た飛羽真怪物レジエルの相手を頼み、自分は慎吾を助けようとしたが、剣斬は「雷鳴剣を返せ!」とセイバーに斬りかかる。
そして芽依ユーリを連れてやってきた。
気乗りしないユーリ芽依ベルトを装着させ、『金の武器 銀の武器』をセットして変身させようとする。
仕方なく変身したユーリ怪物レジエルに斬りかかった。
王様メギドの攻撃でセイバー剣斬が爆発し、爆発に巻き込まれた芽依が吹き飛ぶ。
セイバー剣斬怪物レジエルが戦う中、更にデザストまで現れて戦いは更に大混戦へ。
混戦の中、剣斬セイバーを、デザスト怪物レジエルを斬りつける。
剣斬との戦いを楽しむデザストは「やっぱりお前はこっち側だな」と言い、剣斬の攻撃をよけて姿を消す。
そして王様メギドは壁を完成させていた。

 そんな中、手足にギプスをつけてボロボロの状態の芽依が壁の出来た場所を地図に印をつけ、慎吾が持ってきた城の模型と比べて王様メギドが城を作ろうとしていると気づく。
飛羽真慎吾の夢を利用したメギドを許せないと言って慎吾を探しに行く。

 ついに城を建造する王様メギド
そこへ飛羽真芽依ユーリがやってきた。
飛羽真クリムゾンドラゴンに、ユーリ最光に変身してセイバーの手に収まる。
セイバー王様メギド最光で斬ろうとしたが、怪物ストリウスが現れて阻止され、反撃を受けて変身が解けて地面に倒れる。
王様メギドは城を作りつづけ、〈アルターブック〉の完成が近づいていた。
飛羽真は「痛みがわかるから…人を守りたいって思うんだ!」と叫んで立ち上がり、ドラゴニックナイトに変身し、怪物ストリウスの斬撃をスラッシュが見せた戦い方を真似して弾き返す。
最光王様メギドを斬ってメギド慎吾を分離させると、セイバーが必殺技で王様メギドを撃破して城も崩壊。
ストリウスは去り、最光慎吾の記憶を消す。
そしてセイバーは気を失って倒れた。

 腕と両足にギプスをつけて歩けない飛羽真は松葉杖をつけば歩ける芽依⦅ノーザンベース⦆から数冊の本を持ってきてくれるよう頼む。
するとコミックを読んでいたユーリが剣士としての力を取り戻すことを決意。
そして手のひらを芽依飛羽真に向けて2人のケガを一瞬で治した。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓

なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です