仮面ライダーセイバー第21章「最高に輝け、全身全色(フルカラー)。」

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

今回もタッセルの挨拶「みなさん、ボンヌレクチュール」で始まった仮面ライダーセイバー。
「僕は今、か…」と言いかけたところで呼び鈴が鳴る。
タッセルが玄関を開けると、そこにはユーリが立っていた。
ユーリは「2000年前と今では正義の形が違う」と言いながら室内に入り、「俺はそれを神山飛羽真と この本で学んだ」と言って、タッセルに『エックスソードマン』のコミックを渡した。
タッセルが「で…どうするんだい?」と尋ねると、ユーリは「俺は剣ではなく剣士に戻る」と答え、タッセルユーリの剣士としての歴史が全て記された『ストーリーオブ光剛剣最光』を返すよう求めた。
タッセルは無言で瞬きを繰り返す。
ユーリが「まさか なくしたのか!?」と尋ねると、タッセルはあわてて探し始めた。

プロローグ

 大秦寺⦅サウザンベース⦆の一室で〈聖剣 音銃剣錫音〉のメンテナンスをしながら、刀鍛冶だった祖父の《人が鍛えし始まりの聖剣に 火を灯さんとする者 現れしとき 星を結びて力を束ね 物語を終焉へと導く聖剣が生まれる》という言葉を思い出し、「本で不幸になる人を救いたいんです!」という飛羽真の言葉を思い返していた。

⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆で調べ物をする飛羽真

今から2000年前 全知全能の書の力に魅入られた者たちと その力を巡る戦いが始まり、初めに光と闇の2本の聖剣が生まれた。
その2本の剣により邪悪な者たちは退けられ、戦いでバラバラになってしまった『本』を守護するため〈ソードオブロゴス〉が組織された。
そして光と闇の剣をもとに人の手で作られた最初の聖剣こそが火炎剣烈火だった

飛羽真は〈聖剣 火炎剣烈火〉を眺めながら、神代玲花の「あなたが力を求めても我々が必ず阻止します」という言葉と、ユーリ玲花に返した「いいや。飛羽真は力を手にする運命にある」と言葉を思い返して、どういう意味だったのかを考えていた。
するとそこへ芽依が「大変だよ 飛羽真。また人が消えたみたい」という報告をしにやってきた。
そして怪物の目撃情報もあると言って携帯に上がっているニュースを見せると、飛羽真は「行こう!」と言って店を後にした。

一方その頃、⦅メギドのアジト⦆では大量の〈アルターブック〉を目の前にしたズオスが「ワンダーワールドとつながった人間どものおかげで新しいアルターブックがどんどん増えるなぁ」と笑うと、レジエルが「アルターブックの次は全ての聖剣が必要だが…」と続けると、ストリウスが「剣士から聖剣を奪うため、今までとは違う新しいメギドを生み出す必要があります」と言った。

新たな動き

犠牲

  飛羽真芽依は夫が姿を消したときに怪物を見たという女性に話を聞いていた。
そしてその頃、テレビでは人気急上昇中の双子フードファイター 爆食ジェミニこと伊本 マミ伊本 レミを紹介している。
姿を消した男性はずっと「不思議な世界が見える」と言っていたそうだ。
飛羽真は「やっぱりワンダーワールドが見えていたんだ…」と口にした。
そして色々な人に話を聞いた結果、飛羽真はたくさんの人々が犠牲になっていたことにショックを受け、自分自身も幼い頃にルナを救えなかったこと、そして闇に飲み込まれた賢人も救うことができなかったことを悔やんでいた。

一族の自負

 ⦅サウザンベースのホール⦆に剣士たちが座っていると、神代玲花が「光の剣は神山飛羽真が力を手にする運命だと言った」と言いながら階段を下りてきて、組織としては絶対に阻止しなければならないと釘を刺す。
すると大秦寺が「ケンカは嫌いだ」と声を上げ、「だが…私がやる」と言った。
「あなたにできるの?」と尋ねる玲花大秦寺は「私の一族は常に組織と共にあり、聖剣を守ってきた。組織と聖剣を支えてきた自負がある」と答える。
火炎剣烈火はかつて大秦寺の一族が最初に鍛えた特別な聖剣だった。
そして大秦寺が「私が組織に持ち帰る!」と宣言すると、尾上が「よし、俺が立ち会おう!」と言い、一緒に出て行った。

メギド

 大食い番組の控室でパンを食べていた伊本マミが窓の外を見上げて「また見える。何でなんだろう?」とつぶやくと、背後からストリウスが「選ばれたからですよ」と言ってマミの髪を撫でる。
そして驚いたマミに白く分厚い〈アルターライドブック〉を埋め込み、「さぁて、始めましょうか」と言った。
苦しむマミゴーレムメギドアヒルメギドハンザキメギドが近づく。
マミが3体のメギドを吸収してカリュブディスに姿を変えると、ストリウスは大声で笑った。

剣で語れ

宣戦布告

 ⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆に戻った飛羽真が「俺はどうしたら…」と悩んでいると、芽依が「元気出しなさいよ! みんなを説得してまた一緒に戦うんでしょ?」と声を掛ける。
そこへ大秦寺が「飛羽真!」と声を掛けて、尾上と一緒に店内に入って来た。
飛羽真大秦寺たちに駆け寄り、「俺一人じゃ全てを救えない」と前置きして、また一緒に戦ってくれるように頼む。
しかし大秦寺飛羽真の胸倉をつかみ「お前は何もわかってない!」と言って突き飛ばす。
剣士は守れなかったものを背負って剣を振るい、戦えば戦うだけ背負うものが増えて行く。
大秦寺は[すべてを救う]ことがどれだけ難しいことか、飛羽真にもわかっているはずだと言った。
そして「そんなことも分からないようなら火炎剣烈火を振る資格はない」と言い、「どうして烈火がお前を選んだのか お前の剣に聞く!」と宣戦布告した。

対決

 対峙する飛羽真大秦寺
大秦寺は〈音銃剣錫音〉を構えて『ヘンゼルナッツとグレーテル』をセットし、「全力で来い」と言って仮面ライダースラッシュに変身。
飛羽真は「わかりました」と答え、〈火炎剣烈火〉に『ブレイブドラゴン』をセットして仮面ライダーセイバーに変身。

〈烈火抜刀! ブレイブドラゴン!〉

〈銃剣撃弾! 音銃剣錫音!〉

激突する両者。
スラッシュの攻撃を受け止めたセイバー
スラッシュは〈音銃剣錫音 剣盤モードでセイバーの剣〈火炎剣烈火をこすりあげてそのままセイバーを斬りつけた。
斬り飛ばされたセイバーは「なんだ? 今の…」とつぶやく。
スラッシュは地面に膝をつくセイバーに「立て…立て!」と叫んで距離を詰める。
2人の後を追ってきた芽依尾上
芽依は「飛羽真…」と心配そうに見つめる。
立ち上がったセイバーが必殺技を繰り出す。

【必殺読破! 烈火抜刀!
 一冊斬り! ファイヤー!】

スラッシュはこの攻撃を斬り裂いてセイバーに向かって突進し、攻撃を繰り出す。
セイバースラッシュの“一撃の重さ”に驚く。
尾上が背負ってきたもの全てが込められている大秦寺の剣は重いと解説すると、芽依は「だったら…背負っているものなら飛羽真にもある!」と言い、これまでもたくさんの人を救ってきたんだからと言い返す。
セイバーは『西遊ジャーニー』を読み込んで攻撃をしかけるが、スラッシュは『ブレーメンのロックバンド』を読み込んでセイバーの攻撃を相殺する。
飛羽真の戦いぶりを見ていた尾上が「あいつは本の力を引き出すのは上手い。だが、まだ本物の剣士にはなってねぇ」と言った。
スラッシュが「甘すぎる!」と叫んで一気に距離を詰めて駆け寄り、セイバーの胴体を薙ぎ払う。
地面に倒れたセイバースラッシュは「やはりライドブックに頼っているお前の剣からは何も響かない!」と叫び、「お前が背負っている想いはその程度か!?」と問いかけた。
セイバーは立ち上がり、みんなの悲しむ顔を思い出しながら「俺は…俺は! もうみんなが悲しむ顔を見たくない!!」と叫んでスラッシュに斬りかかる。
斬り合うセイバースラッシュ
本を埋め込まれてしまい、メギドにされて苦しんでいた白井ゆき来島慎吾
上條に託された“想い”や「救う」という約束を守れなかった賢人や空間に飲み込まれたルナを救えなかった“想い”を込めたセイバーの攻撃は 振るうたびに火炎剣烈火が熱を帯びていく。
ついに火炎をまとったセイバーの一撃を受け止めたスラッシュは祖父の《物語を終焉へと導く聖剣が生まれる》という言葉と「もし そんな剣士が現れたら その剣士と共に歩むんじゃぞ」という言葉を思い出す。
そして無意識に変身を解いた飛羽真の一撃がスラッシュの〈音銃剣錫音〉を弾き飛ばした。
芽依は「はっ!」と驚き、尾上は嬉しそうに笑みを浮かべる。
「俺は一体…」とつぶやき、〈火炎剣烈火〉を眺める飛羽真
大秦寺は変身を解いて〈音銃剣錫音〉を拾いあげて去って行く。
飛羽真が「大秦寺さん!」と声を掛けると、大秦寺は「今のは少し…響いたぞ」と答え、少し笑みを浮かべて去って行った。
尾上大秦寺の後を追い、芽依は「すごかったよ、飛羽真!」と駆け寄る。
飛羽真は「烈火から何か感じた…。大切なことを…」と言った。

2000年

 一族の願い

 大秦寺尾上に《火炎剣烈火の秘めたる力を引き出したとき 全てを導く伝説の剣が生まれる》という伝承と大秦寺の一族は2000年間 待ち続けていたことを明かし、「飛羽真にその可能性を見た!」と嬉しそうに言って「悪いが組織を離れる」と伝えた。
尾上は「子供みてえな目しやがって」と微笑み、「お前が選んだ道なら俺は止めやしないぜ。目的は同じだしな」と答えた。

新たな剣士

 『ストーリーオブ光剛剣最光』を探しまわるタッセル
服のポケットの中も探すが見つからない。
そして、ふと思い出したように帽子に手を伸ばす。
帽子をひっくり返すと、中には切り抜いたタッセルの全身写真と一緒に『ストーリーオブ光剛剣最光』があった。
タッセルは「これで彼らを導いてください」と言ってユーリに手渡す。
ユーリは「再び剣士となり、新たな歴史を刻む」と言って〈サイコウドライバー〉に『ストーリーオブ光剛剣最光』をセット。
すると突然タッセルの家周辺が黒い雲に包まれて家の中に雷が落ちる。
『ストーリーオブ光剛剣最光』が緑色に光り、その光が〈サイコウドライバー〉に移動すると、そこには『エックスソードマン』の〈ワンダーライドブック〉が現れた。

光剛剣最光! 最光発光!
 エックスソードマン!

タッセルは鳴り響く雷鳴におびえていた。

アルターブック

策略

 ⦅メギドのアジト⦆ではレジエルが「俺らのメギドを勝手に使いやがって」と不満を口にした。
ズオスが「またデザストみたいな奴を作るつもりか!?」と怒ると、ストリウスは「おかげで特別なメギドが生まれました」と涼しい顔で答える。
そして自動筆記をしている装置を不思議そうに見ているカリュブディスの頭をなでながら、「きっと素晴らしい本が生まれるでしょう」と言った。

捕食

 カリュブディスを見た採掘場の労働者たちが逃げ出している。
そこへ飛羽真芽依がやってきた。
カリュブディスは腹にある大きな口を広げてショベルカーを一口で喰らう。
芽依は「何あいつ!めちゃくちゃ大食いなんですけど!?」と驚き、飛羽真カリュブディスの中の伊本マミが苦しむ姿を見て、「あの人も苦しんでる。俺が絶対に救う」とつぶやき、仮面ライダーセイバー クリムゾンドラゴンに変身。

〈烈火抜刀! 語り継がれし神獣のその名は
 クリムゾンドラゴン!〉

セイバーカリュブディスの攻撃をかわし、足を払って倒してから馬乗りになる。
しかしカリュブディスはお腹の口から2本の手を出してセイバーを跳ね飛ばす。

ゴーレムメギドの頭を掴んでる手かな?

起き上がったカリュブディスは姿を消し、2本の手がセイバーを攻撃。
セイバーが2本の手を斬って周りを見渡すと、カリュブディスの姿が見当たらない。

アヒルメギドの能力だね

すると突然、セイバーが殴られて首を絞められた。
セイバーの体が宙に浮く。
カリュブディスが姿を現してセイバーの首を片手で持っている。
セイバーは〈火炎剣烈火〉を〈聖剣ソードライバー〉に納刀してから引き抜き、必殺技【三冊斬り】で首を持っていたカリュブディスの腕を切断。

【必殺読破! 烈火抜刀!
 ドラゴン! イーグル! 西遊ジャー!】

カリュブディスは後退したが、斬られたはずの腕が再生する。

ハンザキメギドの能力かな

セイバーは「こいつ、今まで倒したメギドの力を使うのか」と気づく。
そこへ大秦寺が現れて「飛羽真!」と声をかける。
セイバーメギドにされてしまった伊本マミの事を考え、カリュブディスを斬ることができないでいた。
首を絞められた状態のセイバーが「必ず救う!」と叫ぶと、カリュブディスの攻撃を受け止めていた〈火炎剣烈火〉が赤く光りだす。
すると、カリュブディスの背中からマミが出てこようとした。
「え! 何!?」と驚く芽依
大秦寺も「飛羽真の剣が人とメギドを…」と驚いたが、〈火炎剣烈火〉の赤い光が消えると、マミカリュブディスの中に戻ってしまう。
殴り飛ばされたセイバーの近くに作業員が残っていた。
カリュブディスは作業員を食べようとお腹の口を大きく広げる。
セイバーは「やめろぉぉぉーーーっ!」と叫んで作業員を押して避難させたが、代わりに食べられてしまった。

撃破

 芽依が「うそでしょ? 飛羽真!?」と叫んだとき、「すまん! 待たせたな!」という声が聞こえてきた。
芽依は採掘場の高い場所に立っていたユーリに「はやく! 飛羽真が食べられちゃった!」と急かす。
ユーリは「俺に任せろ!」と言って『金の武器 銀の武器』をセットして仮面ライダー最光 最光シャドーに変身。

最光発光!  Who is this?
 最光二章! 光から生まれし影! シャドー!

最光シャドーが一瞬でカリュブディスのそばに現れて最光で斬りつける。
そして『エックスソードマン』をセットして「私は世界を守る剣…。いや、剣士だ」といった。

〈エピソード1 全ての色で戦え!
 最光発光!
 Get all Colors! エックスソードマン!
 フルカラーで参上! ババババーン!〉

芽依は「何、あのド派手な姿!」と驚く。
エックスソードマンの戦う姿はアメコミの1コマのように「GAKIN!!!」「DGOOONNN!!!」「ZUBAAAAN!!!」と効果音がつけられ、エックスソードマンのセリフも「SAIKOU!!!」と表現されている。
エックスソードマンカリュブディスを蹴り飛ばすと、カリュブディスはお腹の口を大きく開けて突進してきた。
エックスソードマンエックスソードマンパワフルにチェンジして「飛羽真を返してもらおう」と言い、突進してきたカリュブディスのお腹を斬りつけてセイバーを引っ張り出した。

〈移動最光! 腕最高!
Full color goes to arm!
エピソード2
カラフルソードでズバズバーン!

カリュブディスの中から出てきたセイバーを見たエックスソードマンパワフルは「無事だったか」と声をかけて必殺技の態勢に入る。
地面に倒れたままのセイバーは「ユーリ…なのか」と驚いた。

【フィニッシュリーディング!
 光あれ! サイコーパワフル!】

まずはカリュブディス伊本マミを分離させ、セイバーマミを受け止めると、エックスソードマンにチェンジして、そのまま必殺技【エックスソードブレイク】を発動

フィニッシュリーディング!
サイコーカラフル!

カリュブディスは爆発し、エックスソードマンは「フッ決まった」と言った。
芽依があわてて「ちょちょちょちょちょ大丈夫ですか?」と伊本マミに声を掛ける。
飛羽真は「よかった。今度は救えた」と安心した。
マミが変身を解いたユーリに「助けてくれてありがとう」とお礼を言うと、ユーリは「礼などいい。これが正義の剣士の役目だ」と言った。
芽依は「思いっきりコミックのヒーローのセリフ…」とユーリがセリフをパクったことにモヤモヤが爆発しそうになっている。
そして「ってか、今までどこ行ってたのよ?」と聞いてユーリを叩く。
するとユーリ芽依の質問には答えずに「俺の居ない間に何か最高なことがあったようだな?」と飛羽真に尋ねた。
芽依が意味がわからず「え?」とつぶやいたとき、大秦寺が「飛羽真、私はお前と共に戦う」と言って右手を差し出した。
飛羽真も右手を出し、握手をして2人は笑った。

回収

 飛羽真たちが去り、カリュブディスのバラバラになった肉片が集まって〈アルターブック〉が完成した。
ストリウスはこれを拾いあげて「お楽しみはこれからですよ」と言って笑った。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です