忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第21章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

  タッセルの家を訪れたユーリが自身の歴史が全て記された『ストーリーオブ光剛剣最光』を返すよう迫る。
タッセルは部屋中を探しまわり、ポケットの中も探したが、帽子の中に入れたのを思い出す。
受け取ったユーリが〈サイコウドライバー〉にセットすると、『エックスソードマン』の〈ワンダーライドブック〉になった。

 大秦寺は〈音銃剣錫音〉のメンテナンスをしながら、刀鍛冶だった祖父の言葉を思い出し、飛羽真の「本で不幸になる人を救いたいんです!」という言葉が気になっていた。
〈光の剣〉と〈闇の剣〉を元に始まりの剣 〈火炎剣烈火〉を作った大秦寺の一族は2000年もの間、〈火炎剣烈火〉の秘めた力を引き出して〈全てを導く伝説の剣〉が生まれるのを待っている。
一族が長きにわたり〈ソードオブロゴス〉を支え、聖剣を守ってきた自負のある大秦寺飛羽真から〈火炎剣烈火〉を取り返すことを申し出、尾上が立ち会うことにした。

 一方、⦅メギドのアジト⦆ではストリウスが新たなメギドを用意する。
ストリウスは大食い番組で人気の双子フードファイターの一人 伊本マミ〈アルターライドブック〉を埋め込み、ゴーレムメギドアヒルメギドハンザキメギドを取り込ませて新たなメギド カリュブディスを生み出す。

 飛羽真が思う以上に人々が姿を消していた。
どうしたらいいのか悩む飛羽真芽依が励ましていると、大秦寺が現れて《全てを救いたい》と訴える飛羽真にそんな考えでは〈火炎剣烈火〉を振るう資格がないと言い放つ。
そして「どうして烈火がお前を選んだのか お前の剣に聞く!」と宣戦布告。
大秦寺スラッシュ飛羽真セイバーに変身して激突。
尾上が「背負ってきたもの全てが込められた大秦寺の攻撃は重いと」解説すると、芽依は「背負っているものなら飛羽真にもある」と言い返す。
火炎剣烈火〉から“何か大切なもの”を感じた飛羽真の一撃が次第に熱を帯び、刀身に炎を纏った一撃はスラッシュの〈音銃剣錫音〉を弾き飛ばす。
変身を解いた大秦寺は「今のは少し…響いたぞ」と答えて去って行き、尾上に「飛羽真に可能性を感じた」と言って組織を離れることを伝える。
尾上は「子供みてえな目しやがって」と微笑み、目的は同じだから止めはしないと答えた。

 お腹に大きな口があるカリュブディスが現れ、ショベルカーも一口で食べる。
芽依と来た飛羽真クリムゾンドラゴンに変身すると、そこへ大秦寺もやってきた。
作業員を食べようとするカリュブディス
セイバーは作業員をかばって代わりに食べられてしまう。
すると突然「俺に任せろ!」と言ってユーリが現れた。
ユーリエックスソードマンに変身して大きな口を開けて突進してきたカリュブディスを斬り、口の中からセイバーを救い出す。
そしてエックスソードマンは先ずカリュブディス伊本マミを分離させてから必殺技で撃破し、変身を解いたユーリは「俺の居ない間に何か最高なことがあったようだな?」と尋ねる。
大秦寺が「飛羽真、私はお前と共に戦う」と言って右手を出すと、飛羽真も右手を出して握手した。
飛羽真たちが去った後、カリュブディスの肉片が集まり〈アルターブック〉が完成し、ストリウスが拾いあげた。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です