忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第24章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

 『プリミティブドラゴン』は飛羽真にしか反応しないが、使うと暴走してしまう。
大秦寺は『プリミティブドラゴン』を⦅ノーザンベース⦆のアナライザーで解析することにし、飛羽真⦅ノーザンベース⦆で『禁書』に関する資料を探すことにした。

 その頃、⦅サウザンベース⦆ではマスターロゴスが『プリミティブドラゴン』をしばらく飛羽真に持たせておくよう指示するが、神代玲花は取り戻そうと考えていた。
尾上は今の組織の在り方に疑問を感じ、飛羽真と“剣で語る”ことを決意する。

 一方、⦅メギドのアジト⦆ではボロボロのレジエルが戻ってきて大量の〈アルターブック〉を手にした。

対決と煙

 飛羽真⦅ノーザンベース⦆から持ち帰った大量の資料の中から※『1冊の本』を見つける。※気になる方はどうぞ
そこへ尾上がやってきて「今回が最後だ」と言って決闘を申し込む。
場所を変え、尾上仮面ライダーバスター 玄武神話に変身して「全力で来い」と挑発するが、飛羽真仮面ライダーセイバー ブレイブドラゴンに変身して勝負に挑む。
数合斬り合い、飛羽真の成長を感じる尾上
斬り飛ばされたセイバークリムゾンドラゴンにチェンジして必殺技【三冊斬り】を発動するがバスターは受け止める。
尾上飛羽真の“意志”を感じ取り、玄武ジャッ君にチェンジして斬り合う。
セイバーは『ストームイーグル』と『西遊ジャーニー』を落としてブレイブドラゴンに、バスターは『ジャッ君と土豆の木』を落として玄武神話に戻ってしまう。
それでも飛羽真は「今の俺の全ての力を尾上さんに!」と叫んでドラゴニックナイトにチェンジして〈火炎剣烈火〉に炎を纏わせて斬りつける。
火炎剣烈火〉の力を引き出し始めたセイバーに対してバスター必殺技【会心の激土乱読撃】を発動。
ただ受け止めただけの前回とは違い、今回はセイバーが攻撃を受け流しながら距離を詰めて反撃。
お互いの攻撃を受けた飛羽真尾上の変身が解け、尾上飛羽真の成長と可能性を感じて仲間になることにした。
すると突然煙が発生して辺りに満ちる。
煙が消えると落ちていた〈ワンダーライドブック〉も消えた。
そして〈聖剣〉を持ち、木陰で戦いを見ていた神代玲花が落ちていた〈ワンダーライドブック〉を持っていた。

聖剣

 大秦寺は煙の力を持つ〈聖剣〉が存在することは知っているが、現在の所持者は分からないという。
尾上はそいつが裏切り者だと考えるが、まずは組織に残る倫太郎を説得することにした。
は迷っていたが、倫太郎は「家族を裏切ることは出来ない」と組織に残ることにする。

暴走

 飛羽真への復讐に燃えるレジエルが街中に現れて怪物化。
そこへ飛羽真たちがやってきて、飛羽真ドラゴニックナイトに変身し、ユーリエックスソードマンに変身。
数冊の〈アルターブック〉を体内に取り込んだ怪物レジエルの体に力がみなぎる。
2対1でも劣勢のセイバーエックスソードマン
倒れたセイバー怪物レジエルが追撃しようとしたとき、解析していた大秦寺の目の前で『プリミティブドラゴン』が消え、部屋にある『WONDER STORY』が光り輝く。
突然現れた『プリミティブドラゴン』が怪物レジエルを跳ね飛ばして飛羽真の意識を乗っ取ると、セイバープリミティブドラゴンにチェンジして暴走。
怪物レジエルをボコボコに殴る暴走セイバー
エックスソードマンが「飛羽真、しっかりしろ!」と声をかけると、今度はエックスソードマンに襲い掛かる。
そこへ倫太郎がやってきてファンタスティックライオンに変身しようと構えるが、『プリミティブドラゴン』から出て来た“長い骨”に『ライオン戦記』『ピーターファンタジスタ』『天空のペガサス』を奪われてしまう。
暴走セイバーが奪った『ライオン戦記』を使ってプリミティブドラゴン ライオン戦記にチェンジすると、背後から怪物レジエルが攻撃を仕掛ける。
暴走セイバー必殺技【クラッシュ必殺斬り】怪物レジエルを攻撃し、芽依が「しっかりして飛羽真!」と声をかけると、今度は芽依に狙いを定める。
芽依に飛び掛かり斬りつける暴走セイバー
すると仮面ライダーカリバーが現れて、エックスソードマンと一緒に暴走セイバーの攻撃を防ぎ同時に反撃。
飛羽真は変身が解けて地面に倒れながら「カリバー…」とつぶやいたが、カリバーは無言で姿を消した。

禁書

 神代玲花が「あの禁書とは一体なんなのですか?」と尋ねると、マスターロゴスは「あれは いずれ我らに栄光をもたらしてくれる本です」と答え、「あの哀しみを理解する者はいないのかもしれません。理解されないが故に破壊の限りを尽くす」と言った。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓

なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です