忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第29章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

 倫太郎飛羽真たちと一緒に戦うことを決意して芽依に話すが、その前に剣士としてけじめをつけてくると言い残し⦅サウザンベース⦆へ帰っていった。

 ⦅ノーザンベース⦆に戻った芽依がそのことを話すと、飛羽真倫太郎が組織の中の敵を探そうとしていると気づく。
飛羽真倫太郎を助けに⦅サウザンベース⦆へ乗り込もうと提案するが、尾上たちの『ブックゲート』はすでに⦅サウザンベース⦆との接続が切られて使えない。
大秦寺が結界の張ってある⦅サウザンベース⦆への侵入は不可能だと言うと、ユーリマスターロゴスに会いに行ったタッセルの〈光の道〉を使えば、1人だけなら自分と一緒に行けると告げる。
ユーリ最光に変身し、飛羽真に柄を握らせて飛んで行った。

 神代玲花を目撃した倫太郎が後をつけると、玲花は『ブックゲート』を使い 壁の中に消えた。
倫太郎は〈ガトライクフォン〉を使い 中の音を聞くと、玲花ソフィアから『人間を創造できる秘術が書かれた本』のありかを聞き出そうとしていた。
情報を聞き出せなかった玲花が戻ると、倫太郎玲花ソフィアを拘束している事実を明かしてマスターロゴスに裏切り者は玲花だと報告する。
しかしマスターロゴス玲花を忠実な剣士だと言い、『全知全能の書』の力を手に入れて世界を導く野望を明かす。
世界の平和と秩序を守る組織を家族だと信じてきた倫太郎は怒り、ブレイズに変身してマスターロゴスに迫ろうとしたが一人の剣士に阻止される。
剣士の名は神代凌牙
玲花の兄で仮面ライダーデュランダル
凌牙デュランダルに変身し〈聖剣 時国剣界時〉を分離してトリガーを押すとブレイズは別の場所に移動して、後から現れたデュランダルに背後から斬りつけられた。

 その頃〈光の道〉を使って飛羽真ユーリ⦅サウザンベース⦆内部に潜入する。
ブレイズが攻撃するとデュランダルは〈時国剣界時〉を分離してトリガーを押す。
すると攻撃を仕掛けたはずのブレイズも姿を消し、一瞬ののちに少し移動した場所へ姿を現す。
そして〈時国剣界時〉を合体させてトリガーを押したデュランダルが現れて背後から斬りつける。
最光を手に持ち⦅サウザンベース⦆内を移動していた飛羽真も一瞬姿を消した後、数歩先に移動していた。
更に倫太郎を探して移動する飛羽真たちだったが、何度も突然別の場所に移動することに違和感を覚えたユーリが変身を解く。
飛羽真がとにかく倫太郎を探しに進むとユーリは反対方向へ進んだ。
攻撃するたびに背後から斬られるブレイズは変身が解け、倫太郎が地面に倒れたときに飛羽真が到着。
デュランダルを見た飛羽真セイバー エレメンタルプリミティブドラゴンに変身。
デュランダルセイバーの攻撃を〈時国剣界時〉の力でかわして背後から斬りつける。
セイバーは炎や水、風となって攻撃を無効化するが斬られた感覚があった。
セイバーの力を厄介だと感じたデュランダルは地面に倒れる倫太郎を回収して人質にし、セイバーに〈聖剣〉と『本』を渡すよう迫る。
飛羽真が変身を解くとデュランダル倫太郎を突き飛ばし、飛羽真は〈聖剣ソードライバー〉と〈ワンダーライドブック〉を地面に置いた。
気が付いた倫太郎は自分に構わず戦うように言って、自分が組織を正したかったと悔しがる。
すると飛羽真は「“俺たちが組織を正す”だろ?」と言い直して倫太郎に「俺を信じろ」と声をかけ、デュランダルの背後に居たユーリに目配せをする。
そのとき飛羽真の足元にあったはずの〈聖剣〉と『本』がデュランダルの足元に移動し、デュランダル倫太郎に斬りかかるとユーリ最光に変身してこれを阻止。
その隙に飛羽真倫太郎を起こして2人で〈聖剣〉と『本』を回収する。

 その頃、監禁されたソフィアの前に空間を斬り裂いてカリバーが現れ、賢人が変身を解いてソフィアに迫っていた。

 最光倫太郎に『ブックゲート』を使うよう指示し、エックスソードマンにチェンジしてデュランダルと戦う。
ゲートが現れ、飛羽真倫太郎に「皆のところに帰ろう」と声をかけた時、突如背後に現れたデュランダルに斬られてしまう。
エックスソードマンは必殺技の態勢に入り、デュランダルも必殺技で迎え撃つ。
2人の攻撃が中間で爆発を起こすと、斬られた飛羽真を介抱していた倫太郎が立ち上がりブレイズに変身して戦いに加わろうとしたが、地面に倒れる飛羽真が足を掴んで『エレメンタルドラゴン』を渡した。
ブレイズは『エレメンタルドラゴン』を使って水状になり、デュランダルを攻撃してから飛羽真エックスソードマンを回収してゲートの中に逃げる。
デュランダルも後を追おうとしたが目の前でゲートが閉じる。

 ⦅ノーザンベース⦆に戻った一行。
ユーリは通常の方法では無理だと判断し、手のひらから光を出して飛羽真を処置するが、デュランダルが追ってきたら終わりだと警戒する。
すると2階から結界を張り直したので大丈夫と言うソフィアの声が聞こえてきた。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓

なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です