忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第31章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

プロローグ

 ⦅サウザンベースの大広間⦆マスターロゴスと情報を共有するストリウス
マスターロゴス⦅ノーザンベース⦆にも『全知全能の書』の一部があることを、ストリウスズオスが面白いことをしていると伝える。
神代玲花神代凌牙がやってくる気配を感じたストリウスは姿を消す。
玲花飛羽真たちがメギドと争っていると伝えるが、マスターロゴスは静観しておくよう言い残して姿を消す。
凌牙玲花マスターロゴスの信頼を失いかけていると指摘すると、玲花は「ごめんなさい。お兄様。次こそはお兄様のために」とつぶやいた。

 ネコギドにされた芽依は体に埋め込まれた〈アルターブック〉が完成すると消えてしまい二度と元に戻らない。
何もできなかった倫太郎は足手まといになっていると感じる。
親のいない自分を育ててくれた師匠はズオスに倒され、家族だと信じていた組織は『全知全能の書』を手に入れようとしている。
そして今度は芽依が…。
倫太郎はもう何も失いたくなかった。


 その頃ズオスは水の剣士は死んでいるかもしれないと路地裏に座り込む芽衣に言って笑う。
芽依はウソだと反論したが、体が光りだして苦しむ。
〈アルターブック〉の完成は近い。

 飛羽真倫太郎と同じく失うことは怖いと感じていたが、倫太郎は どんどん強くなる飛羽真と何もできない自分とは違うと言って出て行く。
そのときソフィアメギドの出現を感じ取った。

ROUND1

 ネコメギドは近くに居る人間をアクセサリーにして身に付ける。
飛羽真が到着し セイバーに変身して斬りつけようとしたが、アクセサリーの中で動く人々を発見して剣を止める。
するとネコメギドの変身を解いて芽依が姿を現し、取り込まれた人間とメギドを分離できる〈光の剣〉ユーリの行方を尋ねるが、ユーリは未だ行方知れず。
絶望した芽依ネコメギドに姿を変えて攻撃してくる。
さらに怪物ズオスも現れてセイバーを攻撃し、倫太郎は怖くて逃げだしたのかと笑う。
セイバーは〈火炎剣烈火〉を赤く光らせてネコメギドを斬りつけるが、直前でネコメギド芽依に姿を戻して危うく斬りそうになる。
怪物ズオスの攻撃で変身が解ける飛羽真
そこへ倫太郎がやってきてブレイズに変身し、地面に落ちている〈火炎剣烈火〉を拾いあげて〈水勢剣流水〉と二刀流で怪物ズオスに挑むが敵わない。
ブレイズは〈火炎剣烈火〉と〈水勢剣流水〉で水蒸気を作り出して視界が悪くなった隙に飛羽真を連れて逃げ出した。

立て直し

 剣士である倫太郎には剣でしか語れないことがある。
倫太郎が仕合いを申し込むと飛羽真はうなずいた。
飛羽真が〈火炎剣烈火〉を赤く光らせて斬りかかる。
倫太郎は剣を通して飛羽真の想いや背負っているもの、そして絶対に救うという強い意志を感じた。
すると倫太郎の〈水勢剣流水〉が青く光るのを飛羽真は見た。
倫太郎の攻撃を受け止めた飛羽真は笑顔になり、倫太郎の顔にも笑みが浮かぶ。
倫太郎芽依に励まされてばかりだった。
芽依が明るいのは飛羽真が最初に出会ったときから変わらない。
芽依はみんなを笑顔にしてくれる太陽。

 芽依は自分が死んでしまうのかと不安になるが、ズオスは死ぬのではなく〈ワンダーワールド〉の一部になると告げる。

ROUND2

  到着を待ちわびるズオスネコメギドの前に飛羽真倫太郎がやってきた。
聖剣〉を手に入れてメギドの世界を創ろうとするズオス
芽依を元の姿に戻そうとする飛羽真倫太郎
倫太郎ブレイズに、飛羽真セイバーに変身して挑む。
ブレイズ怪物ズオスを両肩のキングカノンで攻撃したあと、セイバーと同時に〈光る聖剣〉でネコメギドを斬り上げる。
芽依ネコメギドと分離して上空高く飛び出したが、着地の衝撃でソフィアから預かった“鍵”を落とした。
セイバーブレイズはそのままネコメギドを斬り ネコメギドは爆発。
そしてブレイズ怪物ズオスに「お前のおかげで僕も強くなれた」とお礼を言って〈水勢剣流水〉を納刀し、セイバーは「だが…これで終わらせる」と言って〈火炎剣烈火〉を納刀。
セイバーブレイズは同時に飛び上がり、2人で必殺のライダーキックをお見舞いする。
怪物ズオスは爆発しなかったが、炎に包まれて激しく燃える。
そこへストリウスがやってきて、芽依が落とした鍵を拾いあげ「決着は次の機会に」と言い残して怪物ズオスを連れて姿を消した。
その様子を見ていた賢人は「また知らない未来か」とつぶやいた。

エピローグ

 ⦅ノーザンベース⦆に戻った芽依飛羽真倫太郎大秦寺ソフィアに各々の似顔絵を描いたバッジを渡す。
今はここには居ない賢人ユーリ尾上そらの分もある。
その頃タッセルの部屋を訪れていたユーリのもとに光る鳥が飛んできて、「ビクトールはマスターロゴスの攻撃を受け、一時的に力を失っています。力が戻れば帰ってくるでしょう」と伝えた。
ユーリは納得し、エックスソードマンに変身してどこかへと向かう。

最後まで読んでいただき ありがとうございました


これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓

なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です