忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第35章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

 15年ぶりに会うルナ
飛羽真は駆け寄って抱きしめたが、賢人は一歩も動けない。
また3人一緒だね、というルナの問いかけに賢人が「…それは無理だ」と返したとき、サーベラに変身した玲花ルナをさらっていった。
サーベラの攻撃で一晩意識を失っていた飛羽真は奪われた〈聖剣〉と『本』を取り戻しに行った倫太郎たちの後を追う。

 バハトを呼び出したマスターロゴスの真意が図れない凌牙だったが、残りの〈聖剣〉と『本』を集めに行こうとする。
しかしマスターロゴスは眠るルナの頭を撫で「それにはおよびません。この少女が全てを集めてくれるはずです」と言った。

 賢人がつぶやいた言葉を頼りに“約束の場所”へとやってきた倫太郎たち。
辺りには何も見当たらないが、世界を二度も繋いだ場所だから間違いないだろうと大秦寺は推測する。
そのとき突然、マスターロゴス玲花凌牙 そしてベッドに横たわるルナが現れた。
マスターロゴスの側のテーブルには回収された『ワンダーライドブック』が置いてある。
そして回収された〈聖剣〉は飛羽真たちの思い出の木に突き刺さっていく。

 倫太郎ブレイズに変身すると凌牙デュランダルに変身する。
デュランダルが能力を使って攻撃してきたが、ブレイズは機転を利かせて斬り返す。
しかし玲花の「そこままです」という声が聞こえてくると、サーベラ尾上大秦寺を人質にとっていた。
ブレイズは斬られて変身がとけ、〈水勢剣流水〉は思い出の木に突き刺さり、『ライオン戦記』はマスターロゴスの手に渡る。
すると賢人がやってきた。

 賢人カリバーに変身して飛び上がり、〈闇黒剣〉で木に刺さっている〈聖剣〉を封印する。
デュランダルサーベラカリバーに向かっていこうとしたとき 火の鳥が飛んできて2人を攻撃し、玲花凌牙の変身がとけて〈煙叡剣〉と〈時国剣〉が思い出の木に刺さり、『昆虫大百科』と『オーシャンヒストリー』はマスターロゴスの手に渡る。

 ファルシオンに変身したバハトカリバーと戦っていると、剣斬に変身したが背後からファルシオンを斬りつけて そのままカリバーにも斬りかかる。
カリバーの反撃で倒れた剣斬ファルシオンが必殺技を発動したとき、カリバー剣斬をかばって攻撃を受けた。
闇黒剣〉は思い出の木に突き刺さり、『ジャアクドラゴン』がマスターロゴスの手に渡る。
剣斬は怒りに任せてファルシオンに斬りかかるが、返り討ちに遭って変身が解けた。
風双剣〉は思い出の木に刺さり、『猿飛忍者伝』がマスターロゴスの手に渡る。

 そして飛羽真がやって来たときにルナが目を覚ます。
飛羽真セイバーに変身してマスターロゴスと対峙するが、ファルシオンが間に割って入る。
するとマスターロゴスが『破滅の書』を開き、中から『エモーショナルドラゴン』が飛び出してセイバーの手に飛んできた。
セイバーエモーショナルドラゴンに変身してバハトを斬ると、〈無銘剣〉は思い出の木に刺さり、『本』はマスターロゴスの手に渡りバハトは姿を消す。
そしてマスターロゴスセイバーを攻撃して〈火炎剣〉が思い出の木に突き刺さり、飛羽真の変身がとけて『本』がマスターロゴスの手に渡ってしまう。
全ての〈聖剣〉と『本』を手にしたマスターロゴス『全知全能の書』を完全復活させようとする。

 19冊の『本』が空高く浮かび、11本の〈聖剣〉が飛んで行き巨大な魔法陣を創り出す。
そしてルナの体が光って魔法陣へと飛んで行く。
そこへソフィアがやってきてルナの身代わりになろうとしたがマスターロゴスによって阻止され、ついに魔法陣の上部に『目次録』が現れ、⦅ノーザンベース⦆⦅サウザンベース⦆に保管されていた全ての『ワンダーライドブック』が吸いこまれていく。

 上空のルナに手を差し出す飛羽真
ルナ飛羽真に向かって手を伸ばす。
そのとき飛羽真の目の前に光の階段が現れた。
飛羽真は必死に階段を駆け上り、15年の時を経て「絶対に助ける!」という約束を守ってルナを助け出す。
そして飛羽真は手を伸ばして〈火炎剣〉を引き抜いて魔法陣を破壊し、〈聖剣〉と『本』が地上へ降り注ぐと ユーリが姿を現し、「やっぱり飛羽真は最高だな」と笑う。
飛羽真ルナを抱えて着地すると、剣士たちは各々〈聖剣〉と『本』を手にし、『目次録』が『ワンダーライドブック』に形を変えてマスターロゴスの手に渡った。
マスターロゴスは「虫けらどもめ…」とつぶやき、手にした新たな〈聖剣〉で倫太郎たちを一閃。
すると倫太郎たちに“世界の崩壊”が見えた。
尾上が「なんだったんだ、今のは…」とつぶやいたとき、既に目の前にはマスターロゴスたちの姿はなかった。
賢人の目の前には〈雷鳴剣〉と〈闇黒剣〉が突き刺さっていたが、賢人は〈闇黒剣〉だけを引き抜いて去って行く。
デザストと一緒に立ち去った。

 飛羽真はついにルナを助けることができたが、突然ルナの体が透けだした。
ルナは「今はお別れ。でもまたきっと会える」と言い残して消えていった。

最後まで読んでいただき ありがとうございました


これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くした”つもり”版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です