忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第39章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

プロローグ

 ルナが森の中に姿を現し、復活したてのタッセルルナの危機を感じて部屋を出て行く。
その頃⦅ノーザンベース⦆ではユーリ尾上大秦寺の治療をしていたが、力の使いすぎで〈光剛剣〉の姿に戻っていた。
一方⦅サウザンベース⦆マスターロゴス(イザク)ルナと〈〉を手に入れようと目論み、凌牙玲花は自分たちがやれることをやろうとしていた。

コスチューム・プレイ

 賢人の居所にやってきた飛羽真たち。
飛羽真の声に賢人が振り返ると飛羽真はモモタロウ、倫太郎はイヌ、芽依はサルの恰好で立っていた。
飛羽真が一緒に鬼退治をしようと誘うと 賢人はため息をついて後ろを向き、仲間のこととなると熱くなる君がリーダーでは心配だと前置きして笑顔で振り返り「俺が一緒について行ってやる!」と答える。

⦅ノーザンベース⦆に戻った賢人を皆が歓迎する中、飛羽真イザクと話したいと言い出すが⦅サウザンベース⦆に行く手段がない。

やれることを

 『ブックゲート』を使い⦅サウザンベース⦆にやってきた凌牙玲花の前にイザクが現れ、ソロモンに変身すると凌牙デュランダル玲花サーベラに変身。
デュランダルソロモンの反撃で腹部を刺されて変身がとけるが、サーベラが助け出して逃げる。
サーベラデュランダルが戦って時間稼ぎをしている間に⦅サウザンベース⦆にある『ワンダーライドブック』を回収していた。

手段

 ⦅本屋⦆に戻った飛羽真たちが⦅サウザンベース⦆に行く手段を考えていると凌牙玲花が入って来て、凌牙が回収した『ワンダーライドブック』を置く。
飛羽真が一緒に戦ってくれるのかと確認すると、凌牙は「組織の人間でない者に手は貸さん。だが…これで借りは返した」と言い終えると意識を失って倒れてしまう。
飛羽真は『ワンダーライドブック』を数冊手にして倫太郎と一緒に⦅サウザンベース⦆に向かった。

本当の強さを求めて

 飛羽真には自分にない強さがあると自覚し始めていた。
そこへ賢人がやってきて一緒に戦おうと誘うが、は自分の求める“本当の強さ”を見極めるまでは戻ることが出来ないと答え、一言「賢人くん…無事でよかったよ」と言い残して立ち去る。
デザストが「これでいいのか、お前?」と尋ねると、は“無言で”答えた。

共闘

 ストリウスが〈〉について尋ねると、玉座に座るイザク『全知全能の書』の力を余すことなく引き出す伝説の聖剣だと言い、ルナと共に自分が持つのが相応しいと答える。
そこへ飛羽真倫太郎がやってきてメギドと手を組んでいたのかと驚くが、飛羽真イザクに世界を崩壊させる真意を尋ねる。
イザク『全知全能の書』の一部を受け継いだ一族で人よりも長く生きることが出来、退屈だっただけだと答える。
そして愚かな行為を繰り返す人間も世界を変えれば変わることができるのではないかと考えるようになる。
イザク飛羽真を「あなたは私の世界に存在する価値がある」と評価して共に世界を創らないかと誘い、15年前に自分が“飛羽真が消える未来”を変えた《命の恩人》だと明かすが、飛羽真イザクのせいで皆の運命が狂ってしまったと怒り 今度こそ俺たちはルナとの約束を果たすと答える。
イザクソロモンに変身して【ソロモンゾーン】で戦いの場を移動させると、倫太郎が「飛羽真、ここで彼を倒します!」と声をかけてブレイズ タテガミ氷獣戦記に変身して飛羽真クロスセイバーに変身。
ストリウスカリュブディスを呼び出して〈〉を奪うように命令する。

ワンダーコンボ

 ブレイズカリュブディスと戦い、セイバーソロモンと戦う。
ブレイズは手のひらから凍気を発射するがカリュブディスはこれを食べながら前進して反撃。
一方ソロモンは戦いながら世界の崩壊によって人類は淘汰されて優れた者だけが生き残ると話すが、セイバーは「お前は壊すことは出来ても世界を、未来を創ることなんて出来ない!」と叫び、未来を創ることが出来るのは今を生きる人達だと訴えて斬りつける。
そしてセイバー凌牙たちが回収してくれた『ストームイーグル』と『西遊ジャーニー』をセットしてワンダーコンボを発動し、クリムゾンセイバーにチェンジ。
「選びなさい。私に従うか、ここで消えるか!」と叫び必殺技の態勢に入るソロモン
対するセイバーは「創造するのは俺だ!」と叫び〈〉のエンブレムを押してスライドさせ〈火炎剣〉〈水勢剣〉〈雷鳴剣〉を読み込んで必殺技の態勢に入る。
セイバーソロモン必殺技【ソロモンストラッシュ】を押し斬り、3本の〈聖剣〉の残像がソロモンにダメージを与える。

決着

 ブレイズ必殺技で巨大な氷柱を落下させるとカリュブディスはこれも食べつくそうとするが、ブレイズは更に必殺のライダーキック【レオ・ブリザード・カスケード】で巨大な氷柱ごとカリュブディスを撃破。
一方、ソロモンは『オムニフォース』を押し込んで再び【ソロモンゾーン】で戦いの場を移して攻撃を仕掛けるが、セイバーは必殺技を準備して飛び上がる。
ソロモンは無数の岩を放つがセイバーはこれを避けて破壊しながら進んでいく。
そしてセイバー必殺技【刃王爆炎紅蓮斬】ソロモンの顕在させた巨大な〈カラドボルグ〉を切り裂いてソロモンも斬り飛ばす。
イザクの変身がとけ、元の⦅サウザンベース⦆に戻って地面に倒れる。
口から血を流して憎しみの目で見つめるイザク倫太郎が「マスター! あなたはただのホモサピエンスです!」と声をかけ、飛羽真イザクに「もう一度世界を守ってくれないか?」と言って手を差しのべる。
そこへ黒い煙と共にストリウスが現れてイザクを連れて姿を消した。

エピローグ

ファンタジック本屋 かみやま

 賢人でもを説得できなかったとガッカリする芽依
そこへ飛羽真倫太郎が帰ってきて玲花が「あなたたちに感謝します。お兄様の手当ても手伝ってくれて」とお礼を言うと、芽依は「困ったときはお互い様でしょ?」と言って笑う。
凌牙も小声で「…ありがとう」と言うと、倫太郎が「よく聞こえなかったんですが…もう1回」と言って近寄ると凌牙は「あ…り…」と言いかけて「気安く話しかけるな!!」と怒鳴って仲間になったわけではないと言う。
玲花は「ツンデレなお兄様も…たまらない」と喜ぶが、そのとき賢人は“怪物ストリウスが空に浮かぶ巨大な本を破壊する未来”を見た。

メギドのアジト

 ⦅メギドのアジト⦆に打擲したストリウスが今後のことを尋ねると、イザクルナを手に入れると答える。

 森の中をさまようルナ
タッセルルナを探して森の中を歩き回っていた。

最後まで読んでいただき ありがとうございました


これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です