忙しい人のためのザックリ仮面ライダーセイバー第44章

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

前回のつづき

 『全知全能の書』のほとんどを手に入れたストリウスは〈ワンダーワールド〉を侵食させて世界を崩壊させようとするが、飛羽真たちが〈聖剣〉の力を繋いで一時的に侵食を食い止める。
ストリウスを追う飛羽真はついに⦅メギドのアジト⦆に続く回廊を見つけて乗り込むが、ストリウスカリュブディスメギドに人間を使って製造した『アルターライドブック』を全て食べさせ、ソフィアと同じ“世界を繋ぐ存在”の模造品とストリウス自信をも食べさせる。
崩れ去るカリュブディスの体から現れたストリウスは『グリモワール』を手にしていた。

圧倒的な力

 ⦅ノーザンベース⦆に戻ると、芽依が『WONDER STORY』に新たな1ページが増えていると知らせる。
一方、⦅サウザンベース⦆にやってきたストリウスが4つの棺の前で『グリモワール』を開くと、“何者か”が棺の中から出てきた。
ストリウスが「さぁ始めましょう」とつぶやくと〈ワンダーワールド〉が複数の場所で同時に浸食を再開する。
侵食の再開を知った飛羽真たちが現場に向かうと、ストリウスが姿を現して仮面ライダーストリウスに変身する。
飛羽真たちもクロスセイバータテガミ氷獣戦記ゴールデンアランジーナ玄武神話ヘンゼルナッツとグレーテルエックスソードマンに変身すると、ライダーストリウスは全盛期以上の力を与えて復活させた四賢神を呼び出して相手をさせる。
自分たちの使う剣技を生み出した賢神に圧倒される剣士たち。
するとライダーストリウスが上空に浮かんで地上に向けて攻撃をしかける。
セイバー【クロス星烈斬】で迎撃したが防ぎきれず、辺り一面に大爆発が起きて地面に倒れた剣士たち全員の変身がとける。
そしてストリウス飛羽真に「待っていますよ、私の英雄」と言い残して四賢神と共に姿を消した。

絶望と希望

 ⦅ノーザンベース⦆に戻った飛羽真たちに芽依が包帯を巻き 応急処置をしていると、ユーリが〈ワンダーワールド〉の崩壊は〈ワンダーワールド〉の力によって生み出されたもの全てに影響を及ぼし『ワンダーライドブック』も力を失うと伝える。
すると 賢人が「未来は変えられる…だろ?」と言い、この世界に生きる人々それぞれに大切な人がいて それぞれの紡ぐ物語をここで終わらせるわけにはいかないと絶望しかけたその場の雰囲気が一変する。

それぞれの最終決戦前日

 ⦅リベラシオン⦆で修練をする凌牙玲花の前に倫太郎がやってきた。
玲花に「なんの用ですか?」と尋ねられ答えに困っている倫太郎凌牙は「いつだ?」と尋ねる。
倫太郎は「明日の夜明けです」と伝え、頭を深々と下げて去って行く。

 大秦寺はみんなの〈聖剣〉を調整しながら「これが俺の役割だ」とつぶやくと、尾上が「駆け出しの頃は上條さんや隼人さんに散々面倒みてもらったもんなぁ」と懐かしがり、今度は自分たちが若い奴らの未来を切り開いてやりたいものだと笑う。
笑顔で「そうですね」と言ったソフィアが突然地面に倒れて体が消えかけると、ユーリソフィアに近寄り〈闇黒剣〉で結界を施して〈闇黒剣〉を手渡す。
ユーリが振り返って自分を確認すると、手が消えかけていた。

 のところへやってきた賢人が「俺たちのところに戻ってこないか?」と誘うが、は背中を向けたまま「俺は俺の道を行く」と答える。
そしてデザストの最期の言葉を思い出して「世界を終わらせちゃいけない理由ができたんだ」と笑顔で言った。
賢人は微笑んで、の背中に「そうか」と言い残して去って行く。

 尾上が妻 春香に突然帰国した理由を尋ねると、春香は「無性にそらに会いたくなって…。もちろん亮ちゃんにも」と答える。
そらが「父上、照れてるぅ」と冷やかすと、尾上は口に含んでいたお茶を吹きだす。

 屋上から街を見下ろす芽依のもとに倫太郎がやってきた。
芽依が振り返って「うちも一緒に行くから!」と告げると、倫太郎は「今回は待っていてください」と頼む。
そして「この戦いが終わったら聞いて欲しいことがあります」と言った。

 “約束の木”の下に座っている飛羽真のもとに賢人がやってきて「お前もここか」と笑い、隣に腰を下ろす。
そこへルナもやってきて「私、どうしたらいいの?」と悩んで膝をかかえて座り込む。
飛羽真が「ルナ!」と呼び掛けると、ルナは一瞬嬉しそうな顔を見せたが すぐにその場を走り去ろうとする。
飛羽真賢人は慌てて立ち上がって後を追うが、突然飛羽真が「お姉ちゃん!」と叫んだ。
賢人が立ちどまり「お姉ちゃん?」と混乱していると、飛羽真は「賢子お姉ちゃん、僕の顔を忘れたの?」と言って目配せをする。
ルナも立ち止まっているのを確認した賢人は「…そうそうそうよね、忘れるわけないわ 飛羽子」と話を合わせる。
賢子はカエルの魔女に呪いをかけられて上手にスキップができなくなっているようだ。
飛羽子賢子に“下手な”スキップを要求し、賢子が“下手な”スキップを披露していると、ルナには2人の姿が15年前の記憶と重なる。
そしてルナは2人に近寄って「ねぇそれってどんなお話なの?」と尋ねた。
ルナの姿が大人の姿になり、飛羽真賢人は笑顔で走りよる。
飛羽真ルナにタッチして呪いを“伝染”させ、ルナにも“下手な”スキップを要求する。
3人は15年ぶりに楽しい時間を過ごした。
そしてルナは“約束の木”の下に座り、「どうしたらいいかわからない」とつぶやく。
飛羽真には会いたいが、会ってしまうと飛羽真は〈ワンダーワールド〉の守護者となって仲間と離れ離れになってしまう。
でも会わなければ世界は崩壊してしまう。
崩壊を止めるには飛羽真が〈ワンダーワールド〉の力を手にするしかないが仲間と離れ離れになってしまう。
更にルナは自分が人間ではないかもしれないと打ち明けると、飛羽真賢人は顔を見合わせて笑った。
ルナが真剣に話をしているのに笑われて不機嫌な表情を浮かべると飛羽真が「ルナはルナだよ」と答え、「それにほら、俺は消えないよ」とアピールする。
そして15年前に約束を守れなかったことを泣いて謝るが、ルナ賢人に微笑みかけて小指を立てる。
賢人が小指を併せると、ルナは「これからは3人ずっと一緒」と微笑む。
飛羽真も小指を併せて「ああ、約束する。3人ずっと一緒だ」と言った。

出陣

 2階にいるソフィアが1階の⦅ホール⦆で〈聖剣〉の最終調整をしている大秦寺を見下ろしながら1枚の写真を取り出すと、そこにはソフィア上条大地冨加宮隼人が写っている。

 ベルトを腰に装着して〈聖剣〉を手に歩く倫太郎尾上大秦寺ユーリ
そこへ飛羽真賢人が合流すると、倫太郎飛羽真に〈火炎剣〉を渡し 大秦寺賢人に〈雷鳴剣〉を渡す。
凌牙玲花も合流して歩いて行く。
そして夜が明けた

最後まで読んでいただき ありがとうございました


これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です