仮面ライダーセイバー第45章「十剣士、世界を賭けて。」

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

最終決戦 開戦

集結十剣士

 飛羽真たちがストリウスの待つ“塔”にたどり着くと、そこには地面を埋め尽くす程の大量のシミーが待ち構えていた。
飛羽真は一刻も早くストリウスのもとにたどり着き、この世界もルナも救おうと意気込む。
そこへ「私も戦います。剣士として」と言い、〈闇黒剣〉を手にしたソフィアが現れる。

剣士って…意外と簡単になれるのかな?(笑)

飛羽真はうなずき、〈聖剣ソードライバー〉に『ブレイブドラゴン』をセットして仮面ライダーセイバーに、倫太郎仮面ライダーブレイズに、賢人仮面ライダーエスパーダに、尾上仮面ライダーバスターに、大秦寺仮面ライダースラッシュに、仮面ライダー剣斬に、凌牙仮面ライダーデュランダルに、玲花仮面ライダーサーベラに、ユーリエックスソードマンに、ソフィア仮面ライダーカリバーに変身する。

最後の戦いの開戦は“あえて”初期フォームか

そしてカリバーエックスソードマンが大量のシミーは自分たちの〈光の剣〉と〈闇の剣〉で薙ぎ払って道を作ると言い、セイバーたちには先を急ぐよう指示して走り出す。
まずはエックスソードマンカリバーが技を発動して開戦の狼煙を上げ、出来た道をセイバーたちが走り抜けながら各々 技を繰り出し、シミーを撃破して先を急ぐ。

最光発光!  習得一閃!

界時抹消! 再界時!

狼煙霧虫! 煙幕幻想撃!

錫音音読撃!

激土乱読撃!

翠風速読撃!

アランジーナ! 一冊斬り!

ライオン! 一冊斬り!

ドラゴン! 一冊斬り!

蓮が持っている〈無銘剣〉はお預けか…

セイバーたちが走り抜けて行くと、エックスソードマンカリバーシミーたちに後を追わせないよう立ちふさがる。

集結三メギド

 玉座に座るストリウスが「彼らに美しい死を」とつぶやくと、『グリモワール』が開き、どこか別の場所へと転移する。

イザクの導きで飛羽真ストリウスが鉢合わせた『プリミティブドラゴン』が保管されていたサウザンベースの内部っぽい…

そして両脇に現れたレジエルズオスを見たストリウスは「これは これは…。我が愛しき友人たち」とつぶやいて笑みを浮かべる。

受け継がれる想い

 シミーたちの相手をしているカリバーが胸を抑えて地面に座り込む。
エックスソードマンが他のシミーたちと戦いながらソフィアの心配をするが、他のシミーたちがカリバーに襲い掛かって来る。
そのときカリバーの目の前に2つのシャボン玉が漂ってきて、赤と紫の閃光が走りシミーたちを切り裂いた。
地面に座り込むカリバーの目の前には〈火炎剣〉を手にした上条大地と〈闇黒剣〉を手にした冨加宮隼人が立っている。
上條は座り込むソフィアに「若い者の未来を守るんだろ?」と言って手を差し出し、隼人は「いけるよな?」と言って手を差し出す。
ソフィアは2人の手を取って立ち上がり「はい。共に戦ってください」と応える。
上條隼人の“想い”がカリバーに宿るのを見たエックスソードマンは「ビクトールか。味なマネを…最高だな!」とつぶやき、サムズアップしてシミーたちを斬りつける。

あれ? タッセル生きてるの?

戦線に復帰したカリバーシミー達を斬りつけると、エックスソードマン最光シャドーにチェンジしてシミーを関節技で締め上げる

突然関節技? どうしたユーリ(笑)

そしてエックスソードマンカリバーは〈光の剣〉と〈闇の剣〉の剣先を交えて技を発動し、残るシミー達を一掃。

サイコーカラフル! 習得一閃!

変身をといたユーリソフィアに「よし、俺たちも飛羽真のもとへ向かおう」と声をかけると、ソフィアが地面に座り込みそうになる。
すると上條が駆け寄りソフィアを支えて立ち上がらせ、隼人は「ソフィア すまなかった」と謝る。
上條が「未来を変えられると信じてるぞ」と言い残して2人は姿を消す。
ソフィアは微笑み、ユーリに「皆を頼みます」と言い残して体が透けていく。
ユーリは「わかった」と応えて飛羽真たちの後を追う。

ロード・オブ・ワイズ

スパルタン

 先を急ぐセイバーたちの前に四賢神の一人 剣と斧を手にしたロード・オブ・ワイズ スパルタンがゆっくりと姿を現す。
剣斬が「こいつは俺が倒す」と宣言し 突進して攻撃をしかけると、スラッシュは「私も残ろう。お前たちは先に行け!」と言って剣斬と一緒に攻撃をしかける。
セイバーたちは横を走り抜けていき、斬りつけられて地面に倒れた剣斬は「強さの…果てを!」と叫んで斬りかかって行く。

ハイランダー

 先を急ぐセイバーたちの前に四賢神の一人 巨大な鎌を引きずるロード・オブ・ワイズ ハイランダーが現れる。
ブレイズが「こいつは俺が倒します」と前に進み出て突進して斬りかかる。
バスターも「俺も残るぜ」と言い、セイバーたちに先を急ぐよう指示して斬りかかる。
戦うブレイズバスターの脇を走り抜けていくセイバーエスパーダデュランダルサーベラ

ディアゴ

 先を急ぐセイバーたちにロード・オブ・ワイズ ディアゴが立ちふさがると、デュランダルが能力を発動して時間を削って抹消し セイバーエスパーダを先に行かせてサーベラと協力して攻撃をしかける。

クオン

 先を急ぐセイバーエスパーダの前にロード・オブ・ワイズ クオンがゆっくりと現れる。
エスパーダが「こいつは俺が引き受ける」と言って『ニードルヘッジホッグ』と『トライケルベロス』をセットしてゴールデンアランジーナにチェンジしようとすると、セイバーは〈〉を手にして「一緒に戦う!」と言ってクロスセイバーにチェンジ。
2人で協力して斬りかかる。
セイバーエスパーダが同時に技を繰り出すとクオンは二本の剣で受け止めてそのまま技を返す。
返って来た斬撃を浴びて爆発した飛羽真賢人の変身がとけて地面に転がる。
 同じころ〈人間世界〉を歩いていたルナも苦しみ 地面に倒れる。

ルナとストリウス

世界の終わり 

 ⦅約束の木⦆の下で膝を抱えて座り、飛羽真たちの帰りを待つルナ

 ⦅どこか⦆の扉を開けて進むストリウスレジエルズオスが貧困や飢えのない世界を創りたかったはずの自分たちが どうして怪物になってしまったのかと尋ねる。
ストリウスは「その希望が強い欲望となり力に飲み込まれたのです」と答え、「ならばお前も同じか?」と尋ねるレジエルストリウスは2000年前に全てを悟り 欲望など消えたと答えて「私は私のままですよ」と言った。
ズオスは「だったらなんでこんなことを…」とつぶやき、レジエルが「あの頃のお前は…本当に詩を書くのが好きだったじゃないか!」と叫んだ時、ストリウスが『グリモワール』を閉じた。
玉座に座ったまま 目を開いたストリウスが「一体これは何のマネです?」と尋ねた視線の先にルナが立っている。
ルナは世界を滅ぼさないよう頼むが、ストリウスは立ち上がって「あなたも知ってるでしょう?  世界が終わることを」と答える。

全知全能の書

 ルナが「全てを知ってしまったのね?」と確認すると、ストリウスは「あなたはワンダーワールドの…と」言いかけて「いえ、全知全能の書の一部なのですから」と明かす。
そしてこの世界には人間が生み出したものなど何一つないことを知っているはずだと問いかける。
技術も物語も全ての創造物は『全知全能の書』に記された情報に過ぎない。
そして『全知全能の書』には世界の始まりから終わりまでが記されており、世界が終わることは確定している。
ルナは「それでも世界を救いたいと思う人だっているの!」と訴えかけるが、お腹を押さえて苦しみだす。
ストリウスルナ飛羽真を選んだから『ブレイブドラゴン』が飛羽真を守り、主に選んだと振り返る。
あのときから飛羽真ルナを通して〈ワンダーワールド〉とつながっていた。

『救世主の死』

 絶望を希望に変えて何度も立ち上がる剣士たちは英雄と呼ぶにふさわしいと評価するストリウス
今も剣士たちは諦めずに本気で世界を救えると信じている。
飛羽真が未来を変えられる、と。
その頃 大秦寺倫太郎尾上凌牙玲花ロード・オブ・ワイズたち攻撃を受けて変身がとけ、次々と地面に倒れていく。
「残酷な物語です。でもそれでいいのです」と言うストリウス
ストリウスが思い描いた〘最後の希望が打ち砕かれ、絶望の中 結局何も変えられず死んでいく〙という『物語』。
その最終章のタイトルは『救世主の死』
ルナが「あなたはかわいそうな人なのね」と哀れむと、ストリウスは速足で歩み寄り目の前で止まって顔を近づけ「何?」と威嚇する。
ルナ飛羽真ルナの心を救ってくれたと言い、飛羽真『全知全能の書』の一部であるルナでさえも知らない『物語』を創ることが出来ると微笑む。
ストリウスは怒り「もう話すことは何もない!」と言って腕でルナを薙ぎ払うとルナの姿が消えた。
⦅約束の木⦆の下で目を開けたルナは体が光って苦しむが、立ち上がって ゆっくりと歩き出す。

突破口

対 スパルタン

 「こんなところで止まってられない…」とつぶやいて立ち上がったの肩を大秦寺が掴む。
大秦寺は何かをささやいて微笑み、スラッシュに変身して〈音銃剣〉を銃モードで連射しながらロード・オブ・ワイズ スパルタンに突進。
スパルタンは銃撃を弾き返すがスラッシュは跳ね返ってくる攻撃に構わず突進して飛び上がった瞬間、後方から〈風双剣〉が回転しながら飛んでくる。
スラッシュはジャンプしたまま『こぶた3兄弟』のセットされた〈風双剣〉のトリガーを銃撃して【翠風速読撃】を発動させる。
スパルタンが手裏剣のように回転する〈風双剣〉を受け止めていると、スラッシュが追撃してスパルタンは後方に弾け飛ぶ。
更に攻撃をしかけるスラッシュだったがスパルタンスラッシュの腹を殴り、後方に吹き飛びながら変身がとけた大秦寺は満足そうな笑顔を浮かべる。
すると〈無銘剣〉を持った剣斬が壁を走りながら『デザスト』『アルターライドブック』を読み込んで必殺技【カラミティ・ストライク】を発動し、スパルタンを取り囲むようにデザストの愛刀 ラッジデント〉が10本程突き刺さる。

永久(とわ)の悪! 無限一突…

剣斬は高速の動きで地面に突き刺さっている1本の〈グラッジデント〉を手に取りスパルタンを斬りつけ、また別の〈グラッジデント〉を引き抜いて次々と斬りつける。
そして最後の1本を手にして回転しながら【カラミティストライク】で斬りつけたとき、逆方向からデザストが同じ動きで斬りつけ、剣斬とすれ違う瞬間に笑ったような気がした。

変身をといたが立ち上がったとき、手にした〈グラッジデント〉と持っていたデザストのマフラーが消え、スパルタンは爆発。
そしてついに半壊状態だった『デザスト』『アルターライドブック』も消滅した。
は満足そうな表情を見せ〈風双剣〉を手に取り、「大丈夫か? 大秦寺さん」と声をかける。

「見たか、デザスト」と言わんばかりの
いいドヤ顔(笑)

地面に座り込んだ大秦寺は「少しばかり疲れた。お前は先に行け」と言い、は地面に刺さったままの〈無銘剣〉と「わかった。まってるから」という言葉を残して先を急ぐ。
大秦寺は「強くなったな…蓮」と嬉しそうにつぶやき、大きく息を吐きだして〈音銃剣〉を抱きしめ「錫音の声が聞こえる」と言って倒れこむ。
そして〈音銃剣〉に頭を乗せた大秦寺は「優しい…子守歌みたいだ…」とつぶやいた。

対 ハイランダー

 地面に倒れた倫太郎が「大丈夫ですか?」と確認すると、同じく地面に倒れたままの尾上は「…ああ。俺は俺を諦めねぇ」と答える。
「…それ僕のです…」と苦しみながらも倫太郎が答えるのを聞いた尾上笑顔を見せ、倫太郎に「休んだし、もういっちょ暴れるか!」と声を掛けて同時に立ち上がる。
倫太郎ブレイズ タテガミ氷獣戦記に変身し、尾上バスター 玄武神話に変身してハイランダーに突進。
協力して攻撃を仕掛け、一瞬の隙をみつけたブレイズ必殺技【ブリザード・ブレイズ】で地面ごと凍らせる攻撃をしかける。

必殺凍結! タテガミ氷結斬り!

しかしハイランダーは巨大な鎌を振り下ろして凍結を阻止し、巨大な鎌で氷の力を炎に変換して飛ばす。
バスターがとっさに土の壁を作り出して防御するが壁は破壊され、バスターは耐えたがブレイズは衝撃で後方に弾け飛び「ダメか!」とつぶやく。
するとブレイズの後ろをが無言で駆け抜けていき、ブレイズが「蓮!」と声をかけるとバスターハイランダーと戦いながら倫太郎飛羽真のところに行くよう指示を出す。
ブレイズが「ですが…!」と言いかけると、バスターは「来週はそらの授業参観だ! 最強の子育て王が こんなとこで死にはしねぇよ!」と答え、〈土豪剣〉に土の力を宿して巨大化させた必殺技【大断断】を発動。
渾身の力で縦に振り下ろしてから更に横に薙ぎ払う。

会心の激土乱読撃! ドゴーン!

対 ディアゴ

 地面に倒れる凌牙玲花
凌牙は「玲花は…」とつぶやきながら立ち上がり、玲花は「お兄様は…」とつぶやきながら立ち上がる。
そして同時に「命に懸けても俺が(私が)守る!」と叫んでデュランダルサーベラに変身してディアゴに突進して攻撃をしかける。
戦う3人の背後をが駆け抜けていく。

対 クオン

 地面に倒れる飛羽真
賢人が斬りかかるがクオンに蹴り飛ばされて地面に倒れる。
賢人は地面にうつ伏したまま飛羽真に先に行って世界とルナを救うよう指示を出すが、飛羽真は「わかってる! でもこのままじゃお前が!」と応えて躊躇する。
そこへが駆け付け「先に行け、飛羽真!」と声をかけ、「こいつは俺が倒す!」と言って〈風双剣〉を構える。
すると賢人が立ち上がり「俺とお前で…だ」と言うと、は「…足を引っ張るなよ」と言って微笑み 剣斬 猿飛忍者伝に変身する。
賢人は「せいぜい頑張るさ」と応えてエスパーダ ランプドアランジーナに変身して剣斬と協力して斬りかかりながら飛羽真に「行け! こいつを倒して必ず追いつく」と指示を出す。
飛羽真は「わかった」と返事してストリウスのもとへと急ぐ。

剣士たちの物語 完結編

  ⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆にやって来た芽依の体が突然透けだし、芽依は「うちは…待ってることしか…」とつぶやき 手にした『WONDER STORY』をテーブルの上に置く。
そして飛羽真の机の上に置いてある『エターナルストーリー』というタイトルの原稿を見つけて目を通す。
読み終えた芽依は涙をこぼして「世界を救うのは…」とつぶやいてから涙をぬぐい、「うちにできること!」と言って立ち上がる。
芽依はテーブルの上に置いた『WONDER STORY』を手にして出て行く。
芽依が走っていると突然『WONDER STORY』が光り、驚いて立ち止まる。
目の前に女性(ルナ)が倒れていた。
芽依女性に駆け寄り「大丈夫ですか? 大丈夫ですか?」と声をかけると、女性が「芽依…さん」とささやき、芽依は驚く。

ルナが成長したのを知らないからね

普通そんな短時間で成長しないし

エピローグ

 ロード・オブ・ワイズに苦戦する剣士たち。
ブレイズ飛羽真のもとへと走り、ユーリもふらつく足取りで飛羽真のもとへ行こうとする。
大秦寺は地面に倒れたまま動かない。
そしてストリウスのもとへと走る飛羽真
ストリウスは「物語の結末は私が決めます」とつぶやく。


これまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です