仮面ライダーセイバー最終章「終わる世界、生まれる物語。」

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーセイバー」公式ホームページに移動します

終結 VSクオン

撃破

 ロード・オブ・ワイズ クオン相手に劣勢のエスパーダ剣斬
エスパーダ剣斬が同時に技を繰り出すが、全ての剣技を生み出した賢神の一人 クオンは同じ技をそのまま返してくる。
自分たちの放った技を受けて地面に倒れた剣斬は「まだ…終われるか」とつぶやいて〈風双剣〉から『猿飛忍者伝』を取り外し、同じく地面に倒れるエスパーダに投げ渡す。
受け取ったエスパーダは『猿飛忍者伝』を〈聖剣ソードライバー〉にセットし、エスパーダから『ランプドアランジーナ』を受け取った剣斬は〈風双剣〉にセットして立ち上がり 2人同時に斬りかかる

猿飛忍者伝!

黄雷抜刀! 三冊斬り!

ランプドアランジーナ!
翠風速読撃!

クオン。は2人の攻撃を受け止めたが、エスパーダ剣斬は更に加速して高速の動きで四方から次々とクオンを斬り、最後は2人で正面から斬りつけて突き刺しながら押し込む。
2人が剣を引き抜くとクオンは爆発し、爆発に巻き込まれた賢人の変身がとけて吹き飛ぶ。
仰向けで地面に倒れたは「強さの果て…」とつぶやきながら手を伸ばすが意識を失い、うつ伏せで地面に倒れた賢人は「蓮…! 蓮…!」とささやくように声をかける。

ユーリ

 倒れた賢人のところにユーリがやって来たが、〈ワンダーワールド〉崩壊の影響を受けて体が消滅しかけている満身創痍のユーリは地面に倒れこんでしまう。
それでもユーリは地面を這いながらに近づき、右手で触れて治療を施す。
が意識を取り戻して目を開くと、ユーリは地面を這いながら賢人に近づこうとする。
賢人が涙を流しながら「ユーリさん…これ以上はあなたが…」とささやくと、ユーリは「信じられる友がいる。…それって最高だぞ!」と言いながら右手を伸ばして賢人に触れる。
賢人が「はい。そうですね…」と答えたとき、治療を終えたユーリの体が消える。

終焉と希望の兆し

 ふらつく足取りで飛羽真のもとへと急ぐルナの体も消えかけ、〈ワンダーワールド〉の終焉が近づいていた。

プリミティブドラゴン

 その頃〈火炎剣〉を底の見えない穴の中に弾き飛ばし、飛羽真も穴の中に蹴り落した仮面ライダーストリウスは勝利を確信して笑うが、異変に気づいて「…ああ?」と振り返る。
穴の中から意識を失ったままの飛羽真が掴んだ『プリミティブドラゴン』に引き上げられるように〈火炎剣〉を手にして浮かんでくる。

意識を失った飛羽真は“始まりの竜の少年”の拳を掴んでいる
“少年”は「ぼく、お兄ちゃんの話 もっと聞きたい」と言って微笑んだ

意識を取り戻した飛羽真が目を開いて仮面ライダーセイバープリミティブドラゴンに変身したとき、ストリウスが斬撃を飛ばす。
セイバーは『プリミティブドラゴン』から出した青い骨で斬撃をかき消して続く2発目の斬撃はキックでかき消し、青い骨を伸ばしてストリウスを掴み 壁に叩きつける。

クラッシュ必殺撃!

ストリウスは「なんて忌々しい…」とつぶやき、斬りかかって来るセイバーの攻撃を受け止める。

ワンダーワールドと世界の崩壊

 『月刊グリム』編集社でパソコンに記事を入力している芽依は社内にある本や本に関する全ての記録が消えるのを見て「本が…物語が…」と恐れる。
〈ワンダーワールド〉崩壊の影響で〈ワンダーワールド〉に侵食された〈世界〉も消えかけている。
⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆に置いてある本も全て消え、⦅ノーザンベース⦆にある本も全て消えた。
そしてストリウスの剣を受け止めていたセイバーの『プリミティブドラゴン』も力を失い 飛羽真の変身がとける。
ストリウスは「ついにライドブックの力が失われたようですねぇ」と楽しそうに語りかけて鍔迫り合いをしたまま飛羽真を押し倒し、「あなたの信じていた全ての物語が消えるのです!」と勝ち誇っているとルナがやってきて「飛羽真!」と声をかけて地面に倒れる。
飛羽真が「ルナ!」と絶叫すると、ストリウスは「ああ残念です…もっと美しい最後だと思ったのに!」と言って剣を振りあげる。
そこに現れた倫太郎が「やめろおおおーーーっ!!!」と叫びながらストリウスの剣を受け止めて押し込む。
倫太郎は「水勢剣流水に誓い、大切な人たちは僕が守る!!」と叫び、一瞬光を放った〈水勢剣〉でストリウスの剣を受け止めている。
〈ワンダーワールド〉による侵食が完了して物語は消え〈世界〉も消えようとしているが、芽依は諦めず文章を打ち込む

あなたには、忘れられない物語がありますか?
今、世界から物語が消えようとしています。
物語が消えると、この世界も消えてしまいます。
この世界が消えると分かった時、
あなたはどんな物語を思い出しますか?

希望

 飛羽真は地面に倒れて姿が消えかけているルナに駆け寄り抱え起こす。
ストリウス倫太郎を蹴り飛ばして剣を振り上げるが、その剣は駆け付けた賢人が受け止めた。
一瞬光を放った〈雷鳴剣〉でストリウスの剣を受け止める賢人倫太郎が助けに入って 2人がかりで剣を受け止める。
賢人は剣を受け止めたまま飛羽真と地面に倒れたルナを見て「俺はお前たちを守る!」と叫んだとき上空が明るく光った。
飛羽真に支えられたルナが「やっと見つけた…」とつぶやき、飛羽真が「…何を?」と尋ねると、ルナは「君を…」と答えて微笑み 15年前に2人が初めて出会ったときの光景とシンクロする。
ルナが「飛羽真のお話が聞きたいな…。新しい物語を…創って」とささやき、飛羽真が「ああ、創るよ…」と答えたとき 〈火炎剣〉が光を放ち、飛羽真に支えられたルナの体がゆっくりと宙に浮かびあがっていく。

ワンダーオールマイティ

 天井まで浮かび上がったルナの周りに幾何学模様が現れる。
ストリウスが「そうはさせるか!」と叫んで手のひらから波動を飛ばすが、飛んできた〈無銘剣〉が波動を阻止してストリウスに攻撃を加える。
ストリウスは「なんだと…!?」と叫んで〈無銘剣〉を弾き返し、地面に突き刺さった〈無銘剣〉を賢人倫太郎が驚いた表情で見つめる。
するとルナの周りの幾何学模様に〈聖剣〉が引き寄せられていく。
地面に倒れているの〈風双剣〉、尾上の〈土豪剣〉、大秦寺の〈音銃剣〉が浮かんで行き、3人には自分たちの想いを求める声が聞こえた。
水勢剣〉と〈雷鳴剣〉そして〈火炎剣〉も浮かんで行き、〈6本の聖剣〉がルナの周りに集まる。
ルナが〈6本の聖剣〉と融合して“光”になると、ストリウスは「何が起きているというんだ…」とつぶやき、飛羽真は“光”に手を伸ばす。
「ルナ…」とつぶやいた飛羽真は『Wonder Almighty』という1冊の『本』を手にして開く。

ワンダーオールマイティ!(大塚明夫さん含む全員の声)

子供たちの未来(尾上の声)
聖剣の声(大秦寺の声)
強さの果て(蓮の声)
大切な誓い(倫太郎の声)
大切な友(賢人の声)
大切な約束(ルナの声)
全ての想いを紡ぎ 物語は永遠に続く!(大塚さん以外の全員の声)

飛羽真は手にした〈火炎剣〉を〈聖剣ソードライバー〉に納刀して『ワンダーオールマイティ』をセットする。
倫太郎は戻って来た〈水勢剣〉を〈聖剣ソードライバー〉に納刀して『ライオン戦記』をセットし、賢人も戻ってきた〈雷鳴剣〉を〈聖剣ソードライバー〉に納刀して『ランプドアランジーナ』をセットする。
飛羽真倫太郎賢人に歩み寄って「信じる力が…未来を変える!」と叫び、3人同時に〈聖剣〉を引き抜いて変身する。

烈火全抜刀!
A NEW STORY IS BORN!
ワンダー! ワンダー! ワンダー!
オオオ オールマイティ!

飛羽真仮面ライダーオールマイティセイバーに、倫太郎仮面ライダーブレイズ ライオン戦記に、賢人仮面ライダーエスパーダ ランプドアランジーナに変身し、赤いドラゴン蒼いライオン黄色のランプの魔人ストリウスに襲い掛かる。
3体の攻撃を受けて後ろに倒れて起き上がったストリウスめがけて3人同時に突っ走る。

オールマイティセイバー…
ブレイブドラゴンとデザインはあんまり変わらないけど基本性能がケタ違いだなぁ

反撃

 セイバーが斬りつけ、ブレイズが斬り、エスパーダも攻撃を加えて3人同時に斬りつけるがストリウスは後ろに飛んでよける。
するとセイバーは〈火炎剣〉で『ワンダーオールマイティ』を読み込み、(たぶん)29冊の『ワンダーライドブック』を顕在させる。

ディアゴスピーディー・ブックゲート
エモーショナルドラゴン・グリモワール
ワンダーオールマイティ以外の29冊

セイバーブレイブドラゴンを放ち、ストリウスドラゴンの攻撃をしのぐと、次に蒼いライオンに乗ったブレイズが攻撃をしかける。
ライオンは水を吐き出してブレイズが斬りかかるが、ストリウスは攻撃をかわす。
すると今度は絨毯に乗ったエスパーダが斬りかかり稲妻を落とす。

壮大なる物語!
ブレイブドラゴン!
ライオン戦記!
ランプドアランジーナ!    

ひるんだストリウスセイバーが斬りつけた後、ブレイズエスパーダが同時に斬りつけるがストリウスは2人の攻撃を受け止めて2人まとめて斬り飛ばす。
斬り飛ばされたブレイズは『ピーターファンタジスタ』の力で、同じく斬り飛ばされたエスパーダは『猿飛忍者伝』の力で宙に浮いたまま止まる。
そしてセイバーは『西遊ジャーニー』と『こぶた3兄弟』の力を融合して雲に乗ったこぶた3兄弟を放つ。
雲に乗った3匹のこぶたの攻撃を受けながらもストリウスが「物語に力などない!」と叫ぶとセイバーは「お前はなぜ詩を書こうと思った?」と問いかける。
ストリウスは「そんなこと…とっくに忘れたわぁ!」と叫んで剣を地面に突き刺して技を繰り出すが、セイバーも〈火炎剣〉を地面に突き刺して『金の武器 銀の武器』の力で攻撃を相殺する。
そして「いや、覚えているはずだ! 物語は心の中で消えはしない!!」と叫ぶ。

最終決戦の決着

 ストリウスが「うるさい! 消えろぉ!」と叫んで5本の触手を繰り出すと、エスパーダが『ジャオウドラゴン』の力でジャオウドラゴン4匹の竜を呼び出して迎撃。
ストリウスが隕石を呼び出すと今度はブレイズが『天空のペガサス』の力でペガサスを呼び出して迎撃し、更にストリウスが黒い羽を無数に飛ばして攻撃してくるとブレイズは『ジャッ君と土豆の木』の力で豆の木のツルを呼び出し、これを全て受け止めてそのままツルで反撃。
ツルをよけて上空に飛び上がり、「全て消え去ってしまえぇー!!」と叫んで巨大なエネルギー波を繰り出すストリウス
セイバーブレイズエスパーダは『ブレイブドラゴン』『ストームイーグル』『西遊ジャーニー』『天空のペガサス』『ライオン戦記』『ピーターファンタジスタ』『トライケルベロス』『ニードルヘッジホッグ』『ランプドアランジーナ』の力で“ナンカイロンナモノ(笑)”を呼び出して迎撃して更に反撃する。
そしてブレイズは「僕は僕を絶対にあきらめない!」と叫んで飛び上がり、攻撃を受けて吹き飛んでいるストリウス必殺技【ライオン一冊斬り】で斬りつける。

必殺読破! 流水抜刀!
ライオン一冊斬り! ウォーター!

つづいてエスパーダが「俺は俺の想いを貫く!」と叫んで飛び上がり、ブレイズに斬られた直後のストリウス必殺技【アランジーナ一冊斬り】で追撃。

必殺読破! 黄雷抜刀!
アランジーナ一冊斬り! サンダー!

そしてセイバーが「物語の結末は“俺たち”が決める!」と叫んで飛び上がりストリウスを斬りつける。

必殺読破! オールマイティ必殺斬り!

最後は3人同時に斬りつけると、地面に膝をついて変身がとけたストリウスは人々に物語を語って聞かせていた自分の姿を思い出し、悲しそうな表情を浮かべる。
そしてセイバーの『ワンダーオールマイティ』を見て、「それが…新しい物語か。それでも…もうじき世界は…終わる」と言い残して消えていく。

終焉

消滅

 “塔”が崩壊をはじめ、〈ワンダーワールド〉による浸食が完了し、世界は崩壊していく。
編集社で記事を書いている芽依が「あなたの物語が世界を救うの」と入力して記事を投稿した。
“塔”から脱出した倫太郎賢人飛羽真
しかし飛羽真は立ち止まって苦しみだし、姿が消えかける。
倫太郎賢人が駆け寄って声をかけるが、飛羽真は苦しそうに倒れる。
そして倫太郎賢人の周囲も崩壊して暗闇に包まれてきた。
賢人飛羽真を支え起こすと、倫太郎が「一緒に世界を救うんじゃなかったんですか!?」と問いかける。
賢人は「約束しただろ!? 消えるな飛羽真!!」と声をかけるが、世界は崩壊し続けて飛羽真は消えようとしている。
世界が崩壊する寸前、『ワンダーオールマイティ』が光って「あなたの物語が世界を救うの」と入力した芽依の“声”が人々に届いた。
そして芽依のパソコンに1通の返信が届く。
「僕には忘れられない物語があります」
返信を見た芽依は「届いた」と微笑むが、世界は崩壊して飛羽真も消えた。

暗闇

 暗闇の中で倒れた飛羽真の耳に声が聞こえてきた。
「僕が好きな絵本は桃太郎です」
「プリンセスのお話が好きです」
「ヒーローの図鑑が大好きです」
「大きくなったらヒーローになりたいです」
「見にくいアヒルの子です」
「すごいシュートを打ちたい!」
子供だけではなく色々な人々の声が聞こえてくる。
飛羽真は「世界が物語であふれている…」とつぶやいて、手にした『ワンダーオールマイティ』を見つめ「分かるかい、ルナ?」と話しかける。
そして芽依の「北風と太陽。この本のおかげで本を創る仕事に就いて…。うちも太陽のようは人になりたい!」という声も聞こえてきた。
飛羽真倫太郎賢人尾上大秦寺ソフィアユーリ玲花凌牙芽依 みんなの笑顔を思い出して「みんな…ありがとう」とつぶやいた。

1年後

約束の木の下

 賢人飛羽真が消えて世界は救われたと振り返る。
〈ワンダーライドブック〉は残ったが、ページは開かず〈光の剣〉も力を失った。
『アルターライドブック』にされて消えてしまった多くの人たちも戻ってこない。
「まだ全てが終わったわけじゃない」と心の中でつぶやく賢人だったが、空を見上げて「飛羽真、1ついいこともあったぞ!」と嬉しそうに報告する。

授賞式

 飛羽真の遺した『エターナルストーリー』が長谷川一圭賞を受賞し、芽依が代理として授賞式に参加している。

セイバーの脚本家 長谷川圭一さんがヒューマギア役で登場?(笑)
令和第一弾のゼロワンと繋げた感じ…かな?

〈芽依のスピーチ〉

この本には神山飛羽真という作家の想いが全て込められています。
本には世界を変える力がある。
人々を幸せにする力が…。
そして未来は創られる。
本気でそう信じる力であふれています。
そして物語を愛している全ての人たちの想いが きっと世界を救ったんだと思います。
物語は消えたりしない。
私は今もどこかで神山飛羽真は新しい物語を創っている。
そう…信じています

それぞれの今

 尾上は家族3人仲良く過ごし、大秦寺は〈音銃剣〉の手入れをしている。
はまだ強さの果てを求めて旅をし、⦅ノーザンベース⦆ではソフィア凌牙玲花に話をしている。
賢人は⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆でアリババのコスプレをして子供たちに『千夜一夜物語 アラビアンナイト』の一節『アリババと40人の盗賊』の絵本を読み聞かせ、子どもたちと一緒に「開けゴマ!」と岩の扉を開く呪文を唱えている。
倫太郎は授賞式を最後尾で見学しながらスクリーンに映し出される飛羽真の写真を眺めている。
芽依はスクリーンに映し出される飛羽真の写真を見て「ねぇ聞いてる? 飛羽真…」と笑顔で問いかける。
そして「どこにいたって うちが必ず原稿受け取りに行くよ。締め切り守らなかったら…承知しないから!」と涙を一粒流し、「約束したからね」と言って微笑む。
倫太郎立ち上がって拍手をし、芽依は心の中で「みんな、飛羽真を待ってる」とつぶやいた。

ワンダーワールド

 新しくオープンした⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆で新たな物語『ワンダーストーリー』を書き終えた飛羽真は店の外に出て笑顔で背伸びをする。
店の外はシャボン玉が飛び交い、店のはるか後方ではドラゴンが空を飛び、〈ワンダーワールド〉は晴れ渡っている。

誰かに与えられたものではない みんなの想いが新しい〈ワンダーワールド〉を創り出した

〈ワンダーワールド〉の大地に突き刺さる巨大な剣は〈〉の形をしている。
飛羽真は“やり残したこと”を終わらせるため〈新たなワンダーワールド〉で新たな物語『ワンダーストーリー』を書いた。

帰還

ユーリ

 〈新ワンダーワールド〉にオープンした⦅新ファンタジック本屋 かみやま⦆にある飛羽真の机の上の『ワンダーオールマイティ』が光ると、⦅ノーザンベース ホール⦆中央のテーブルの上に置かれた17冊の『ワンダーライドブック』が全て光って宙に浮きあがる。

飛羽真の使う
ブレイブドラゴン・ストームイーグル・
西遊ジャーニー・キングオブアーサー・
ドラゴニックナイト・プリミティブドラゴン・
エレメンタルドラゴン・ワンダーオールマイティ・(エモーショナルドラゴン)
あと蓮が持って行ったであろう
猿飛忍者伝・こぶた3兄弟
そしてユーリの光剛剣最光が無いかな
金の武器 銀の武器はあるのにねぇ


これを見たソフィアは「これは…」と微笑み、一緒にいる凌牙玲花は驚いて辺りを見渡す。
すると壁に掛けられていた〈光の剣〉からユーリが飛び出してきた。
コミックを読んでいたユーリは突然自分が復活していることに驚く。

ユーリの体がどういう形態で、どういう世界の環境下でのんびりとコミックを読んでいたのか気になるわぁ(笑)

アルターブックにされた人々

 授賞式でスピーチを終えた芽依が風を感じた瞬間、突然 行方不明になっていた編集長の白井ゆきが現れた。
芽依が近寄り「編集長!?」と声をかけるとゆきは「えっ、芽依ちゃん?」と応えて、「ここ…どこ?  私 今まで何を?」と混乱している。
すると授賞式に来ていた記者たちの携帯電話が一斉に鳴り、行方不明になっていた人々が全員戻って来たことを知らせる。
倫太郎が嬉しそうに芽依を見ると、芽依は「もしかして…!?」とつぶやいて笑う。

飛羽真

 約束の木の下でくつろいでいる賢人が風を感じて驚いたとき、が駆け寄ってきて「賢人くん! もしかして…!?」と声をかける。
すると逆方向からも尾上大秦寺が「賢人!」と声をかけて駆け寄って来る。
更にユーリ凌牙玲花ソフィア
倫太郎芽依も別々の方向から駆け寄って来た。
全員「もしかして…」と言いながら辺りをキョロキョロと見渡す。
すると「ただいま!」という飛羽真の声が聞こえてきた。
芽依が「おかえり」と応え、みんなで一斉に飛羽真に向かって駆けだす。
賢人は抱きつき、倫太郎が「でも、どうやって?」と尋ねる。

少し前ワンダーワールドにて…

 

 〈新たなワンダーワールド〉で新しい物語を書いた飛羽真にルナが声をかける。
タッセルは「これでみんな、元の世界に戻れたはずだ」と微笑み、マスターロゴスは「世界はやっと均衡を取り戻しました」と優しく語りかける。
レジエルが「何が世界を変える力があるのか…ようやくわかった」と言うと、ズオスストリウスの肩を叩いて「俺たち自身の力だったんだな」と言って笑う。
ストリウスは「人の想いが…物語が…世界を創る」と言って笑い、両手を広げて深呼吸をする。
そして飛羽真に「やはりあなたは私の英雄だ」と言って微笑みかけるが、飛羽真は「だから俺はただの小説家です」と応えて笑う。
するとバハトが優しい口調で「お前のいるべきところはここじゃないだろ?」と問いかける。
ルナが「飛羽真の物語をみんなに届けて」と頼むと、飛羽真はうなずいて歩き出した。

WONDER STORY

 芽依が目の前の賢人を突き飛ばして「おかえり! 飛羽真」と声をかけ、飛羽真が「ただいま」と応えると、どこからともなく「離れていても…」というルナの声が聞こえてきた。
飛羽真賢人の方を向いて「これからも3人…」と声をかける。
賢人飛羽真の肩に手をかけ、2人で笑いながら一緒に“約束の木”に向かって走り出す。
そして2人が「ずっと一緒!」と笑って叫び 抱き合うと、ルナも同じタイミングで「ずっと一緒!」と叫ぶ。
誰もいない⦅ファンタジック本屋 かみやま⦆にある立体的な絵本『WONDER STORY』の黒く禍々しい最後の1ページが開くと、ページは更に縦に展開して新たな場面が現れた。

鳩が飛び、きれいな花が咲く中で1人の女の子と2人の男の子が本を囲むように眺めている
そして3人の子供たちの後ろにはシャボン玉が飛ぶ世界に剣を持った騎士が立っている

感想

 どうでしたか?
皆さんの思い描いた結末と同じでしたか?
人の数だけ『物語』は存在しているので、結末はそれぞれ違っていいのでしょうが…。
ちなみにワタシの思い描いた結末はぜ~ぜんかすりもしませんでした!(笑)
あとワタシ個人の感想としては「1人の相手を複数でやっつけるのはどうかなぁ」と思わなくもありませんでしたかねぇ…。
〈強い相手にも仲間と力を合わせて立ち向かっていく〉というのも分かりますが、せめて最終決戦は1対1で倒して欲しかったなぁ。

最後まで読んでいただき ありがとうございました


仮面ライダーセイバーの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓


なるべく短くしたつもり版はこちらからどうぞ↓

気になる方はかすりもしなかったワタシの最終回予想もどうぞ(苦笑)
https://fukou–kou.com/2020/10/02/last-fantasize/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です