忙しい人のためのザックリ仮面ライダーリバイス第1話

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーリバイス」公式ホームページに移動します

プロローグ

発掘

 50年前 中南米の発掘現場で〈謎の棺〉が発見され、作業員が〈スタンプ〉も発見した。
作業員が魅入られたようにスタンプを腕に押すと“悪魔”が出現した。

デッドマンズ

 発掘された棺を〈ギフ様〉と崇拝する悪魔崇拝組織〈デッドマンズ〉。
⦅デッドマンズベース⦆にあるド派手な会場では女王 アギレラと側近のオルテカ、ボディーガードのフリオが会場を盛り上げる。
人々は棺〉の前で熱狂していた。

フェニックス

 政府の特務機関 〈フェニックス〉⦅研究所⦆が〈デッドマンズ〉の襲撃を受けて保管していた多くの〈スタンプ〉を奪われたため、東京上空を飛行する戦艦⦅フェニックスベース⦆に拠点を移した。
科学者の狩崎デッドマンズに対抗すべく〘悪魔をもって悪魔を制する〙“リバイスシステム”を完成させ、幹部の若林に適合者として画面に映る新人隊員 五十嵐 大二を示す。

しあわせの湯

 ⦅銭湯 しあわせ湯⦆では長男 五十嵐 一輝が開店準備をテキパキとこなし、見事な脚さばきで落ちている風呂桶を積みあがった風呂桶の上に蹴り込む。
銭湯が開店すると、一輝は常連客 ぶーさんの背中を流して風呂上がりのぶーさんにコーヒー牛乳をサービスする。
そのとき、一輝の耳元でささやく”声”が聞こえてきた。
一輝が「うるさい!」と叫と ぶーさんは驚き、笑いながら帰っていく。
母 幸実一輝の頭をはたいてぶーさんを見送ると、いれかわりに父 元太が帰って来た。
テレビでは≪東京上空に謎の文様出現≫という速報が流れ、〈デッドマンズ〉による〈フェニックス〉⦅研究所⦆襲撃の直前にも同じ現象が現れたと伝える。

速報の流れる少し前

 フリオが護送車を襲い、⦅デッドマンズベース⦆に囚人を連れてきた。
アギレラは囚人に『マンモスプロトバイスタンプ』を押印してマンモスデッドマンを呼び出していた。

その夜

 五十嵐家では次男 大二のフェニックス分隊長就任を祝って すきやきを取り囲んでいる。
すると一輝の体の中から“黒い何か”が飛び出して母親に襲いかかろうとした。
一輝母親を押し倒して救おうとしたが、“黒い何か”は一輝母親をすり抜ける。
黒い何か”は他の人には見えないようで、一輝は苦しい言い訳をしてその場をしのぐ。

銭湯にて

 食事が終わり、一輝は閉店した銭湯にやってきた。
落ち込む一輝“黒い何か”が話しかけ、一輝は殴りかかるがすり抜けてしまう。
お風呂にやってきた大二の視線に気づいた一輝はシャドーボクシングをしてごまかした。

湯船にて

 一緒に湯船に浸かりながら大二が「なんで夢を追わなかったの?」と尋ねると、一輝は「俺のことはいいから」と答えて笑う。
大二一輝ならプロのサッカー選手になれると思っていた。

就任式

襲撃

 弟を応援するために一輝母親、近所の常連さんたちを連れて就任式にやってきた。
司令官の門田が挨拶をしていると狩崎がマイクを奪い、亡き父親の遺志をついで“リバイスシステム”を完成させたと話す。
狩崎が〈リバイスドライバー〉と『レックスバイスタンプ』の入った箱に掛けられた布を取り外すと、門田がマイクを取り戻して「この新兵器を使い、今後の皆さんの平和を約束します!」と高らかに宣言する。
そのとき会場の壁が破壊され、アギレラと怪物に変身したオルテカフリオが入って来た。
アギレラいスタンプ』を取り出して地面に押印すると戦闘員(ギフジュニア)たちが現れ、天井を突き破ってマンモスデッドマンが降って来る。
隊員やその家族が〈デッドマンズ〉に襲われていると、一輝の中から“黒い何か”が出てきて「…何? めっちゃ盛り上がってんじゃん!」と興奮する。

変身

門田

 襲いかかって来る戦闘員を銃撃した門田が〈リバイスドライバー〉と『レックスバイスタンプ』に手を伸ばして変身しようとしたが失敗し、レックスデッドマンを生み出してしまう。
黒い何か”は「悪魔出たよ、悪魔。すげぇ~!!」とテンション高く喜び、展開される地獄絵図に満足したアギレラは人の姿に戻ったオルテカフリオを連れて撤収する。

大二

 狩崎は”リバイスシステム”適合者の大二に「これは君のものだ」と言って落ちている〈ベルト〉と〈スタンプ〉を示す。
大二は落ちていたベルトとスタンプを手にしたが、変身に失敗して地面に倒れる門田を見て変身する決心がつかない。

悪魔のささやき

 人々が襲われるなか 一輝大二に駆け寄ると、“黒い何か”が「俺っちのことどう思ってるわけ?」と尋ねる。
一輝が「お前は誰なんだよ?」と聞き返すと、“黒い何か”は“悪魔”だと答え、「契約しないか?」と持ちかける。
悪魔”は魂を売る代わりに助けてやるとささやく。
一輝がスタンプを押印して“悪魔”を外に出せば、襲われようとしている母親を救うことが出来るという。
一輝が落ちている『レックスバイスタンプ』を拾いあげて体に押印すると、“悪魔”が一輝の体から飛び出した。
しかし“悪魔”は「うまそう…」とつぶやきながら母親に襲い掛かかろうとする。
狩崎が「そのドライバーを使ってあの悪魔をコントロールしろ!」とアドバイスし、一輝が落ちている〈ベルト〉を拾いあげて腰に装着すると、“悪魔”は吸い寄せられるように一輝の中に消えた。

仮面ライダー

 一輝が『レックスバイスタンプ』を〈リバイスドライバー〉の台座に押印して仮面ライダーに変身すると、隣に現れた“悪魔”も仮面ライダーに変身した。
仮面ライダー狩崎の投げたスタンプを使って斧状の武器で斬りつけると、面ライダーはその斧に〈オーインバスター〉と勝手に名付ける。
2体の仮面ライダーが協力して全ての戦闘員を撃破し、一輝の変身する仮面ライダー必殺のライダーキック【レックススタンピングフィニッシュ】の態勢に入ると、“悪魔”が変身した仮面ライダーにも同じ力が沸き上がる。
仮面ライダーレックスデッドマンを、仮面ライダーマンモスデッドマンを撃破した。
狩崎は2人のライダーに近寄り、「ありがとう仮面ライダーリバイス!」と賛辞してから一輝の変身する方に「君がリバイ」、“悪魔”が変身した方に「君がバイス」と名付ける。
一輝が変身をとくと“バイス”は再び幽体化して一輝の中に吸いこまれて消える。
そして一輝狩崎にお礼を言って〈ベルト〉と〈スタンプ〉を返却して帰って行った。

エピローグ

病室

 母親がベッドに横たわっている。
母親が目を覚ますと 一輝大二さくら元太はようやく安心した。
母親が「銭湯は…」とつぶやき「サボったら怒るよぉ」と小声で威嚇すると、一輝は「銭湯…俺に任せてよ」と笑った

デッドマンズベース

 〈棺〉に寄り添うアギレラは「ギフ様ぁ、早く会いたいなぁ」とつぶやいた。

最後まで読んでいただき ありがとうございました


ガッツリと第1話の内容を振り返りたい方はこちらをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/08/revice-1/

ガッツリと内容を振り返りたい方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-list/

ザックリと内容を振り返りたい方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-busy-list/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です