忙しい人のためのザックリ仮面ライダーリバイス第4話

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーリバイス」公式ホームページに移動します

プロローグ

一輝と大二

 大二一輝〈フェニックス〉と契約するよう迫る。
大二には一輝が銭湯の片手間に〈デッドマンズ〉と戦っているように見え、彩夏さくらの誘拐事件も一輝のせいで起きたと思えて腹が立つ。
一輝は入院中の母 幸実の代わりに銭湯を守っているので、大二が何を怒っているのか分からない。
≪世界を守ることが銭湯を守ることにつながる≫という大二と≪銭湯も守れないヤツに世界は守れない≫という一輝の考えは平行線のまま。
これ以上の被害者を出さないため、大二は未回収の『コングスタンプ』を探しに行く。

さくら

 さくら彩夏の家の前を通ると彩夏の母 妙子が出て来た。
彩夏と連絡がつかず心配するさくらは「彩夏ちゃんいますか?」と尋ねると、妙子は「さくらちゃん家に泊まってるんじゃなかったの?」と答える。
学校が終わり風呂あがりのさくら彩夏に電話すると ようやくつながった。
さくらが母親と仲直りするよう勧めると、彩夏は「明日 美春のライブに行こうかな」とつぶやく。

デッドマンズベース

 〈ギフ様〉復活のためには6体の生贄 ギフテクスが必要だが、誰もがオルテカフリオのようなギフテクスにはなれない。

一部の人間が生み出すデッドマンと生み出した人間が上級契約を結ぶことで生贄となる資格を得られるが、上級契約を結ぶと元の姿に戻れない

アギレラ彩夏を見て「この子にその覚悟があるかしら?」とつぶやいた。

アイジョウ

催促

 美春が所属するアイドルグループのライブは満員で盛り上がっている。
彩夏を心配するさくら一輝についてきてもらっていた。
さくらが≪彩夏は一輝の初恋の人≫だとからかうと、一輝は「ただの幼馴染だ」と答えて愛情を込めて作った弁当をとりだすが、「そんなの要らないから」と一蹴される。
バイス”は何か分からないまま一輝に“アイジョウ”を催促すると一蹴された。
さくらが彩夏を探していると、美春を嬉しそうに撮影している妙子を見つけた。
彩夏妙子に近寄り「ママ、私の事も見てよ!」と叫んで『コングスタンプ』を自分に押印し、コング・デッドマンを呼び出す。
そこへ大二が隊員たちと駆けつけると、一輝も近寄り「バイス!」と声をかけるが、“バイス”は「俺にはアイジョウくれないんだろ?」とスネる。
バイス”が≪アイジョウくれたら一緒に戦ってやる≫と条件を出すと、一輝は「わかった。やるから」と承諾して仮面ライダーリバイ マンモスゲノムに変身し、バイスマンモスゲノムに変身して現れる。
コング・デッドマンの襲撃を見た人々は逃げ出すが、2階席にいた夏木 花(アギレラ)は楽しそうに見下ろす。
“アイジョウパンチ”と“アイジョウキック”を繰り出したバイスが「アイジョウくれよぉ」と両手を出して催促すると、リバイは「はい愛情、愛情」と言ってバイスの手を叩く。
バイスが嬉しそうに「ありがとうございま~す」とお礼を言ったとき、ギフジュニアが大量に現れた。
バイスが思いっきり地面を踏みしめるとギフジュニアたちが一斉に空中に浮きあがり、リバイはブーメランを投げてギフジュニアたちを一掃する。

不足

 夏木 花彩夏に近寄って「あんな親捨ててギフ様の子供になろ?」とささやき、上級契約を結ぶよう勧めると、彩夏は洗脳されたようにコング・デッドマンに近寄り、赤い契約書に『コングスタンプ』を押印してしまう。
彩夏コング・デッドマンと一体化してコング・デッドマン フェーズ2(以下 コング2)となり、「今度は私がママを苦しめる番ね」と笑う。
リバイは「やめろ彩夏! お前の家族なんだぞ!」と叫んでタックルするが、コング2は煙となって姿を消し、リバイを踏みつけて「違う。今日から私はギフ様の子供」と答える。
夏木 花リバイを踏みつけて「彼女は悪魔に魂を売ったの。もう元の姿には戻れないよ」と告げて去って行くとコング2美春を担ぎ上げて去って行く。
一輝が変身をとくと、大二は胸倉を掴み「これでもまだ銭湯の方が大事だっていうのか!?」と詰め寄り≪一輝はお節介ではなく ただの押し売りだ≫と叫ぶと、一輝は「だったらお前が変身すればいいだろ!?」と叫び返す。
「そういうとこだよ」と去って行く大二を見た“バイス”は「大二もアイジョウが足りねぇんだな」とつぶやいた。

愛情

母の愛情

 母 幸実の見舞いに来た一輝が「大二のやつ、何考えてるかさっぱり分からないんだよ」とボヤくと、幸実は「あの子はやさしいの」と答えて「一輝、人の気持ちに寄り添えるようになりなさい」と諭す。
一輝が帰ろうとすると、自転車のカゴに〈フェニックス〉のロゴが入った箱が置いてあった。
幸実が病室で「次は直接あんたの口から言いなさいよ」と微笑むと、大二はお礼を言って笑った。

兄の愛情

 ⦅しあわせ湯⦆の営業が終わり、一輝は真っ暗な室内で大二と一緒に写る写真を眺めて「バイス、お前の言う通りだよ。俺、愛情が足りてなかった」とつぶやいた。

プテラゲノム

〈フェニックス〉が包囲する高層ビルの屋上でコング2は美春を建物の外に突き出して母 妙子を連れてくるよう要求している

決意

 大二たちがコング2に銃を向けて警戒していると、一輝妙子を連れてやってきた。
「どうして連れてきたんだ!?」と叫ぶ大二一輝は「俺は…日本一のお節介だからよ」と答える。
一輝との思い出を振り返ったコング2美春を地面に投げ捨てて妙子に襲い掛かろうとする。
一輝リバイに変身してコング2を抑えつけると、妙子コング2に近寄りながら謝り、「でもね…。彩夏は私の大事な娘。大好きに決まってるじゃない!」と訴える。
“彩夏”は「もう遅い! この醜い姿からは戻れない!」と泣き叫ぶと、妙子は「そんなの関係ない! どんな姿だって彩夏は私の大事な…愛する娘」と言って“彩夏”を抱きしめた。
するとコング2が苦しみだして起き上がり、地面を殴って地面ごと美春を叩き落とす。
リバイは自転車のカゴに入っていた『プテラバイスタンプ』を手にして落下する美春を追いかける。
コング2は逃げ出し、心配する大二が下を覗き込むと、プテラゲノムのリバイ美春を乗せた空飛ぶ乗り物(バイス)に乗って浮上して「俺…こういうやり方しかできないから」とつぶやくと、大二は「知ってる」と微笑む。
リバイが「俺、やるよ。仮面ライダー」と決意すると、大二狩崎から聞いた[フェーズ2の解除方法]

決着

 街中を逃げるコング2空飛ぶ乗り物に乗ったリバイが追いかけ、【プテラスタンピングフィニッシュ】で蹴り落とす。
そしてレックスゲノムにチェンジして〔フェーズ2の解除方法]必殺のライダーキック【レックススタンピングフィニッシュ】をお見舞いすると、彩夏コング2から分離する。
着地したリバイ彩夏を受け止め、バイスは高速回転しながらコング2に体当たりして頭から地面に突き刺さる。
コング2は爆発し、起き上がったバイスは「いや~! 愛の勝利で~す!」と叫び、「ねぇいつまで抱っこしてんの?」と尋ねた。

エピローグ

 ⦅フェニックスの施設⦆内に幽閉されて眠る彩夏の頭を妙子がやさしくなでる。
その頃⦅しあわせ湯⦆では一輝が※業務委託契約書にサインをして「やっべ! 立ち退きのこと忘れてた!」と慌てるが、大二は〈フェニックス〉に延期を掛け合うと応える。
安心した一輝大二をお風呂に誘うと、“バイス”は「めでたし、めでたし」とつぶやくが、大二と一緒に写真に写る一輝の姿だけが消えるのを見て「ん~? ほ~、なるほどぉ~」と一人納得して笑った。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

これまでの内容をガッツリ振り返りたい方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-list/

これまでの内容をザックリ振り返りたい方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-busy-list/

※業務委託契約書の内容が気になる方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/15/revice-contract/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です