忙しい人のためのザックリ仮面ライダーリバイス9話

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーリバイス」公式ホームページに移動します

決意

 大二の中の悪魔“カゲロウ”大二の体を奪い一輝を襲った。
一輝エビルの正体が“大二”だったことにショックを受ける。
さくら一輝を襲った“アレ”は「大ちゃんじゃないってことだよね?」と尋ねると、〈ガンデフォン〉の中に入った“バイス”は画面に映りこみ「大二の中にも悪魔がいたってわけよ」と説明する。
退院した幸実が常連客のぶーさんと話している声を聞いた一輝たちが銭湯にやってくると、幸実が「なんて顔してんのよ」と注意して、大二が戻って来る⦅しあわせ湯⦆をみんなで守らなきゃと励ます。
元太は「こんなときだからこそパパは最高の動画を撮るぞ!」と気合を入れ直し、「一輝は大二を家に連れて帰ってこい」と言った。

デッドマンズ

 オルテカが「ギフ様のために生贄を捧げてもらいましょう」と“カゲロウ”に2つの『スタンプ』を渡すと、“カゲロウ”は「それでお前らは満足するのか?」と応えて出て行く。
アギレラは「ほ~んと、超がっかり! あいつ口だけなんだもん」と不満を口にする。
“カゲロウ”は詐欺をする3人の若者のアジトに乗り込み、オルテカから受け取った『ブラキオプロトバイスタンプ』を手にした。

フェニックスベース

 一輝が「大二がエビルだって知ってたんですか?」と尋ねると、狩崎は「もちろん! 知らなかったよぉ」と答える。

仮面ライダーリバイには適合者の大二が変身するはずだったが、変身をためらってしまった結果、一輝が変身することになった

そして狩崎は「ただ大二くんが君にリバイスドライバーを使われちゃって、悔しそうだったから何かあげなきゃって…思っただけ」と付け加える。
若林エビルを殲滅するよう命令し、狩崎エビルと相性のいい『カマキリバイスタンプ』を取り出す。
そこへ門田がやってきて「エビルは俺が倒します」と宣言し、一輝に「俺はエビルにトドメを刺せる。お前はそれが出来るのか?」と確認すると、一輝は答えることができない。
すると突如警報が鳴り響き、ギフジュニアブラキオ・デッドマンが人々を襲っている姿が映し出される。
門田は出動し、「ブラキオだ。あれを回収してきて」と言う狩崎から『カマキリ』を受け取った一輝も出て行く。
狩崎は画面に映る“カゲロウ”を見て「私の目に狂いはないはずなんだけどねぇ…」とつぶやき、若林は「食えない男だな」と言った。

襲撃1

 門田が人々を避難させる。
自転車でやってきた一輝ギフジュニアたちの攻撃をかわしながらも“大二”を探す。
門田が一輝に「集中しろ!」と注意してデモンズに変身すると、“バイス”は「相変わらず真面目だねぇ」とつぶやき、一輝リバイに変身する。
バイスブラキオと戦いながら「この戦いがだいじだぞ」「一だいじだぁ!」「こりゃだいじ事件」と騒ぐ。
リバイに「わざとだいじだいじ言ってるだろ!?」と指摘されると、バイスは「うわっバレた?」と応えたが、“カゲロウ”を発見したバイスは「大二、大二、大二、大二」と更に「だいじ」を連呼してリバイの視線を去って行く“カゲロウ”の方へ向ける。
そしてブラキオの攻撃を受け止めてリバイ“カゲロウ”を追うよう指示する。
リバイが「悪い」と言い残して行くと、デモンズリバイの後を追う。
そしてバイスは「全国のバイスファンのみなさま、お待たせしましたぁ。今から俺っちが超カッコイイ姿を見せるから、SNSで拡散ヨロシク!! #ナイスバイス」とアピールする。
バイスは〈オーインバスター〉〈ガンデフォン〉〈オストデルハンマー〉を駆使して戦い、〈リバイスラッシャー〉でブラキオを斬りつけた。
一方、“カゲロウ”を見失ったリバイデモンズが「一輝、エビルが現れたら協力して倒すぞ」と声をかけるが、リバイは「嫌です。俺が責任を持って助けます」と答える。
そこへギフジュニアたちが現れると、リバイは「お前たちの相手をしてる暇はないんだ!」と叫び『カマキリ』をセットしてカマキリゲノムにチェンジ。
ブラキオと戦っていたバイスは「いいところだったのに!」と文句を言いながらリバイの中に吸いこまれていった。
リバイが弓でギフジュニアたちを攻撃していると、ブラキオが現れる。
バイスは「あれ やっちゃおうぜ」と提案し、リバイバイスリバイスカマキリ“合体”し、必殺技【カマキリスタンピングフィニッシュ】ブラキオを撃破した。

五十嵐家

さくら

 狩崎“カゲロウ”の映る防犯カメラの映像を見せて「フェニックスはエビルを敵と認定した」という若林の言葉を伝え、「殲滅よろしくぅ」と言った。
するとさくらが「やるって何!? 大ちゃんは仲間じゃないの? 救う方法を考えなよ!」と叫びながらやってきた。
さくらは「大ちゃんにケガさせたら…私が許さないからね」と言い残して去って行く。
空手の稽古終わりにストレッチをするさくらは常連客の牛島光に空手を始めたきっかけを話し、「強くなっても…幸せになれるわけじゃないんだよね」とつぶやいた。

一輝

 風呂上りの一輝が戻って来ると、元太幸実が食卓に座っている。
一輝が「もう大二に会えないんじゃないか」と弱音を吐くと、幸実は「大丈夫。あの時もちゃんと会えたじゃない」と言って、≪小さい頃に大二が行方不明になったが一輝が見つけた≫話をした。
元太は「大二がビビりで動かなかったのがよかったなぁ」と振り返り、幸実は「一輝。大二を助けてあげて。あんたがあの子のこと一番わかってるんだから」と言った。

“大二”

 一方その頃“カゲロウ”は水たまりに映る大二一輝を憎むたびに自分が成長したことを教え、水たまりを踏みつけて「これで邪魔者はいなくなった」と笑う。
そして詐欺をしていた3人の若者に「もっと悪いことしようぜ」と言って『ブラキオプロトバイスタンプ』を取り出した。

襲撃2

 チェーンソーを持つブラキオが人々を襲っていると、デモンズがやってきて阻止し「俺が相手だ」と挑発するが、“カゲロウ”は「お前じゃないんだよねぇ」とつぶやき、隣にキャノン砲を持つブラキオが現れる。
そしてドリルを持ったブラキオが現れてデモンズに突進すると、吹き飛んだデモンズは「3体だと?」と驚く。
一輝が現れると“カゲロウ”は「待ってたぜ。大二は粉々に消滅しましたよ。お兄様」と言ってエビルに変身。
一輝は「ウソだ! 俺は大二を信じてる!」と叫んでリバイに変身する。
エビルはわざと攻撃を受けたあと、バイスのパンチを受け止めて「いいぞぉ。痛みを感じる。この体は俺のものだ!」と叫び、バイスを斬りつけて蹴り飛ばす。
リバイエビルに向けて突進すると、エビルリバイに向かって突進する。

次回につづく

 デモンズは『モグラ』を使ってチェンジし、腕のドリルを高速回転させてチェーンソーを持つブラキオを攻撃。
一方エビルは必殺技【ダークネスフィニッシュ】リバイを攻撃して≪自分の誕生した理由≫を語る。
リバイが「違う…違う!!」と叫んでカマキリゲノムにチェンジすると、エビルジャッカルゲノムにチェンジする。
エビルが必殺技【ダークネスフィニッシュ】で攻撃すると、地面に倒れたリバイバイスはレックスゲノムに戻った。
エビルリバイを掴んで「大二を返せとか言ってたよな?」と尋ね、「じゃあまずは俺を倒さなきゃ。ほら、やってみろよ。優しい優しいお兄様」と両手を広げて挑発する。
リバイは「俺の…弟を返せ!」と叫び、必殺のライダーキック【レックススタンピングフィニッシュ】を繰り出した。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

ガッツリと内容を振り返りたい方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-list/

ザックリと内容を振り返りたい方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-busy-list/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です