仮面ライダーリバイス第15話「撲滅! 対決! デッドマンズ!」

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーリバイス」公式ホームページに移動します

プロローグ

デッドマンズ

アギレラフリオ〈ギフ様〉復活のためにフェーズ2を超える6体の〈ギフテクス〉が必要だと聞かされていたが、実際は5体の〈ギフテクス〉のエネルギーで〈ギフ様〉を復活させてアギレラだけが生贄となる。
現在ダイオウイカウルフカメレオンサーベルタイガープラナリア、5体の〈ギフテクス〉は揃っていて、アギレラが≪汚れなき悪の器≫となれば〈ギフ様〉は復活する

 アギレラが「は? ずっと…だましてきたの?」と尋ねると、オルテカは「珍しく物分かりがいいじゃないですか」と“褒める”。
フリオが「貴様―!!」と怒り、ウルフに変身してオルテカに襲いかかろうとするが、工藤の変身したサーベルタイガーと灰谷が変身したプラナリアに阻止され、両腕を抑えられてひざまずかされる。
ウルフは「離せ、おい!」と叫び、アギレラが後ずさりすると、オルテカカメレオンが擬態した“若林”に目配せをし、“若林”アギレラの背後からチョップして気絶させる。

五十嵐家

特定

 クリスマスツリーが飾られた⦅しあわせ湯⦆ではサンタクロースの恰好をした幸実とトナカイの恰好をした一輝がお客さんたちに手作りのクリスマスプレゼント[サンタ帽をかぶり 赤いマフラー(リボン)を首に巻いた黄色いアヒルのおもちゃ]を配っている。

『仮面ライダー』ならマフラーでしょ(笑)

番台に座るサンタクロースの恰好をしたさくらが「一輝兄、のんきにアヒル配ってていいの? デッドマンズの勢いがやばいのに」と不機嫌そうに尋ねると、一輝は「だからこそ、日常を大切にするんだ。世界平和の第一歩は風呂だ!」と答え、さくらは「はあ…」と納得したような呆れたような返事をする。
一輝の中から出て来た悪魔“バイス”が「ねぇねぇ、サンタさんって美味いの?」と尋ね、一輝が「だから食べ物じゃないって」と答えたとき、常連客のぶーさんに支えられた元太が腰を押さえながら帰って来た。

1分間に何回クシャミをできるかという記録に挑戦するバイチューブの企画『元ちゃんの限界突破チャンネル』を撮影していてギックリ腰になってしまった

一輝幸実がゆっくりと元太を机の上に寝かせると、元太は「もうクセになってる…」とギックリ腰の状況を説明し、さくらが「もう…うちの家族は…」と嘆いたところに大二が帰って来て「さくら、兄ちゃん。話がある」と声をかける。

手がかり

“若林”に変身していたカメレオンに『ギフスタンプ』を盗まれ、〈ギフの棺〉と〈スタンプ〉が同じ場所に揃うのは危険な状況だが、〈デッドマンズ〉⦅アジト⦆がどこにあるのか分からない。
しかし狩崎が『ギフスタンプ』をカメレオンに渡したときに超小型発信機を仕掛けていたので、アジトの場所は特定できたが入り方が分からない。

 食卓を囲み⦅デッドマンズベース⦆への侵入方法を考えるトナカイ(一輝)とサンタ(さくら)とフェニックス隊員(大二)。

大二もフェニックス隊員のコスプレをしてるみたいに見える(笑)

一輝〈フェニックス〉の更生施設にいる元デッドマンズの人間に聞かなかったのかと尋ねると、大二は契約解除のショックなのか みんな記憶があやふやだと答える。
するとさくらが「…カゲロウなら知ってるんじゃない? だってアイツ、デッドマンズとツルんでたじゃん」と閃く。
こうして嫌がる大二を押しきって≪大二の中のカゲロウを呼びだす作戦≫が決行されることになった。

カゲロウ

取引

 仮面ライダーバイスが公園のブランコに乗って「さーて、どうなるかねぇ」と興味深そうに眺めている。
仮面ライダージャンヌが「もう…大丈夫だから! ちょっとだけ我慢して!」と根拠のない説得をしながら仮面ライダーライブを羽交い絞めにし、仮面ライダーリバイは脚を伸ばして準備運動をし、ラブコフは少し離れて様子を見守る。
ライブは「…ちょ、マジでやるの!?」と慌てるが、準備運動を終えたリバイが「よ~し、大二、行くぞ!」と宣告し、〈リバイスドライバー〉にセットした『レックスバイスタンプ』を2回倒して必殺技の態勢に入る。
「痛くしないでぇ~!」と叫ぶライブジャンヌが押さえ、リバイは必殺のライダーキック【レックススタンピングフィニッシュ】を発動。
ライブが地面に転がって変身がとけると、バイスはブランコから降りて「どうなった?」と注目し、ラブコフも「ラブ~」と注目するが、一輝さくらが変身をといたのでバイスラブコフは消えてしまう。
さくらが「どうかな?」と期待して尋ねると、一輝は腕を組んで「う~ん…」と考えて様子を伺う。
カゲロウ”が「てめぇら…何の用だ?」と起き上がると、一輝さくらは「よし!」とガッツボーズをして“カゲロウ”に駆け寄り、一輝が「頼みがある」と手を合わせる。
カゲロウ”が「こりゃ傑作だな!」と掴みかかると、さくらが“カゲロウ”を引き離して「デッドマンズのアジトの入り口、どこにあるか教えなさいよ。行ったことあるんでしょ!?」と尋ねる。
カゲロウ”が「俺が教えると思ってんのか」とそっぽを向くと、さくらは「今度は私にライダーキックされたい? 一輝兄より手加減は出来ないけど」と脅し、“カゲロウ”は「…教えないとは言ってない」と応えて“条件”を提案した。

クセになる味

 さくら幸実のレシピ通り(?)に作った超激辛“愛情たっぷりカレー“を食べる“カゲロウ”。

五十嵐家の餃子カレーレシピが気になる方はコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/12/23/mama-curry/

バイス”は「くぅ~!! 悪魔的な香り…」と羨ましそうに見つめ、少し離れた場所から様子を伺う一輝が「さくらの辛口カレー…、そんなに食べたかったのか?」と尋ねると、さくらは不思議そうに首をかしげる。
4杯完食して満足した“カゲロウ”は最後に水を一気に飲み干し、「脳がしびれるぜ…!」と言い残して気絶する。
バイス”は「え!? お腹いっぱいになったの? お前だけズル~い!!」と嫉妬して姿を消し、一輝さくらが恐る恐る“カゲロウ”に近寄ると、“大二”が跳ね起きる。
大二はなぜ自分が家にいるのかも分からず、口の中が異常に辛いことに混乱するが、一輝さくらは「戻ったぁ~! イエーイ!!」と喜んで両手でハイタッチ。

ネコから小判

 幸実元太の腰に湿布を貼っていると、元太は「そう。そこです!」と叫び、ぶーさんはその様子すらも撮影している。
気づかれないようにそっと通り過ぎようとする一輝大二さくらだったが、3人に気づいた幸実が「あんたたち どこ行くの?」と尋ねる。
一輝⦅デッドマンズのアジト⦆が分かったことを伝えると、幸実は「さくらも行かないとダメ?」と尋ね、「なんかあったらどうすんの?」とさくらに詰め寄るが、さくらは「ま~た私だけ子ども扱いして」と文句を言う。
一輝は戦力としてさくらが必要だと幸実に説明し、「それに…俺と大二が絶対に守る」と告げると、大二も「任せといて」と一輝を援護する。
さくらが「もう~! 私の方が強いんだってば!」と顔を膨らませると、元太は首だけ振り返り、「みんな頑張れよ。帰ったら、家族で焼き肉だ」と腰に湿布を貼って半分お尻を出した姿で爽やかに応援する。
幸実が「パパさん、なに賛成してんの!? 一緒に止めてよ!」と文句を言って元太の腰を叩くと、元太は悲鳴を上げる。
一輝が手にした『ライオンバイスタンプ』に「バイス、頼むぞ」とささやき、置いてある招き猫に押印すると、“バイス”が招き猫に乗り移って「お任せあれ! ネコに小判~」と応えて小判をばらまく。

ライオンだけどねぇ…(笑)

元太幸実、お客さんたちが突然出て来た小判に驚き、寝転がったまま小判を拾おうとした元太はまた腰を痛めて絶叫する。
そのどさくさに紛れて一輝大二さくらは「いってきま~す!」と出て行く。

デッドマンズベース

デッドマンズ

 椅子に横たわるアギレラが目覚めて起きあがると 手足を拘束されていた。
“若林”が「おはようございます。ご気分はいかがですか?」と挨拶して人差し指でアギレラの顎に触れると、工藤灰谷に腕を抑えられたフリオが「ふざけるな! おい! アギレラ様に触るんじゃねぇよ!!!」と絶叫する。
“若林”アギレラの顎から手を離して両手を挙げて静かに笑うと、アギレラは「いいえ、フリオ。ギフ様のためなら…わたし…」とつぶやき、目の前の〈ギフの棺〉を見つめて「ギフ様と一つになる」と決意する。
フリオが力なく座り込むと 工藤灰谷は手を離し、オルテカは「さすがアギレラ様。選ばれし者の覚悟が出来ています」と応え、「では…始めましょうか」と言って位置につく。
工藤灰谷フリオを立ち上がらせて位置につき、“若林”も位置につく。
オルテカは『ダイオウイカプロトバイスタンプ』を自身に押印し、“若林”は『カメレオンプロトバイスタンプ』、工藤は『サーベルタイガープロトバイスタンプ』、灰谷は『プラナリアプロトバイスタンプ』を自身に押印し、渋々ながらフリオも『ウルフプロトバイスタンプ』を自身に押印して変身する。
5人を結ぶ直線の光が五芒星を形作り、その中心にある〈ギフの棺〉が反応する。

見方によっては逆五芒星だけど
どこから見るのが正しいのかなぁ…
五芒星に魔除けの効果があるなら、
逆五芒星には呪いの効果があるのかな?
とすると…、逆五芒星が正しいのか…。
でも〈ギフ様〉からすると五芒星の方が…
うん。分からん!
とにかく星のマークです(笑)

フェニックス

 一方 門田大二が指揮する〈フェニックス〉の部隊は⦅デッドマンズベース⦆に続いていると思われる場所を封鎖して突入するが、暗く何もない室内を見た門田が「一輝、本当にここであってるのか?」と確認する。
一輝は「はい。カゲロウの話だと、あそこからアジトにたどり着けると」と言って壁を指さす。

それ、いつの間に聞いたんだよぉ。
カレー食って即気絶したじゃない(笑)

門田大二が壁の前まで進み 声を揃えて「グラシアス。デッドマンズ!」と叫ぶと、壁が明るく光って2人は壁の中に吸いこまれて消えた。
一輝は一瞬驚いたが即座に2人の後を追い、さくらと隊員たちも続き、狩崎は「アメージング」と微笑む。

到着

 〈ギフの棺〉の上部にある丸い珠が紫色の怪しい光を放ち、〈ギフの棺〉から伸びた”手”が テーブルの上に置いてある『ギフスタンプ』を掴む。
そのとき門田大二⦅デッドマンズベース⦆に到着して銃を構え、その場にいた信者たちは次々と現れる〈フェニックス〉の隊員に確保されて悲鳴を上げる。
一輝は上を見上げて「あそこだ!」と叫んで走り、大二さくらも後に続き、到着した狩崎は「ワーオ」と感嘆の声を上げる。
〈ギフの棺〉から伸びた手が『ギフスタンプ』を掴んで契約書に押印しようとした瞬間、一輝が「お前ら! もう終わりだ!」と叫んで部屋に入って来たので契約書と”手”は消え、『ギフスタンプ』が地面に落ちる。

そのまま押しちゃえばよかったのに

ダイオウイカが「アギレラ様、少しの間だけ命拾いしましたね」と笑うと、アギレラは「よ…余計なことを」と強がる。
一輝が「沸いてきたぜ」と『レックスバイスタンプ』のアクティベートノックを押すと、ダイオウイカが「兄弟まとめて消えろ!」と触手を伸ばし、一輝大二さくらは「変身!」と声を揃えて、リバイライブジャンヌに変身する。

リベラルアップ!
仮面ライダー! 蛇! 蛇! 蛇! ジャンヌ!

レックス! バディアップ!
仮面ライダー! リバイ! バイス! リバイス!

バーサスアップ!
仮面ライダー! ライブ!

一輝とバイス 心の会話〉

 

一 輝:沸いてきたぜ!
    大二! さくら!
    みんなで行くぞ!

 

バイス:ワァオ!
    五十嵐兄弟大変身!
          〇〇〇なさーん
     〇〇〇しろよ~!

 

※〇〇〇の部分は確認できなかった部分で文字数も不明です

大混戦

ギフの棺のある部屋

 狭い部屋で一斉に戦いが始まる。
リバイサーベルタイガーが戦い、サーベルタイガーリバイに体当たりして両者とも1階フロアに落ちて戦い続ける。」
バイスダイオウイカと、ジャンヌプラナリアと、ライブカメレオンと戦い、ウルフアギレラに近寄って拘束具を外そうとすると、ダイオウイカが「お前は動くな」と触手を伸ばしてウルフを攻撃し、フリオの変身がとけて地面に倒れる。
そしてダイオウイカが『ギフスタンプ』を拾いあげると、バイスが「こ~の、イカ焼き野郎~!」と突進していき、そのまま1階に落ちる2人を見たラブコフは「ラブ~。あら~」とつぶやく。
プラナリアジャンヌの首を掴んで手すりまで押し込み「新しい俺、どう? 悪くないだろ?」と笑うと、ジャンヌは「気持ち悪い!」と応えて殴り飛ばす。
ラブコフが「ラブラブラブ~」とゆっくりアギレラに近寄ると、アギレラは「何? 何? 何? ヘビ?」と気味悪がる。

1階フロア

 リバイサーベルタイガーバイスカメレオンライブダイオウイカが戦っている。
カメレオンバイスに触れてバイスの姿に擬態すると、バイスは目の前に現れた”自分”に近寄り、「あれ? 俺っちに変わった…。そっくり…。そっくり! あら、双子?」と混乱する。
サーベルタイガーと戦っているリバイが「バイス! どっちだよ?」と尋ねると、バイスAが「こっちだよ一輝!」と両手を挙げて応え、バイスBバイスAを蹴り飛ばして「こっちだってば! 騙されるな!」と応える。
バイスAが戻って来て「俺っちを信じてくれ」とアピールすると、バイスBも負けじと「俺っちが本物だから!」とリバイにアピールし、混乱するリバイ
殴りかかって来たサーベルタイガーの攻撃を抑えたリバイが「バイス! 俺の家族のこと どう思ってる?」と尋ねると、擬態したバイスが「そりゃ超絶愛してるぜ!」と答え、バイスが「超絶美味そう!」と答えると、擬態したバイスは「何言ってんの?」とつぶやく。
そしてサーベルタイガーを振り切ったリバイが「わかった!」と言って擬態したバイスを〈リバイスラッシャー〉で斬りつけると、カメレオンが姿を現して膝をつく。
バイスが「一輝ナイス!」と褒めると、リバイは「何が美味そうだよ!」と文句を言うが、バイスは気にせず「俺っちのマネしやがって!」と〈リバイスラッシャー〉をリバイから奪い取ってカメレオンに突進し、「著作権侵害斬り!」と言いながら斬りつける。
そして〈リバイスラッシャー〉をリバイに放り投げてカメレオンに掴みかかる。
〈リバイスラッシャー〉を受け取ったリバイが襲いかかって来たサーベルタイガーを斬ると、バイスは「バイスバスター、いっくよぉ~!」とカメラにアピールしてカメレオンを持ち上げ、【キン肉バスター】のような技を決めて放り投げる。
地面に転がったカメレオンの変身がとけて“若林”の姿に戻る。
すると門田“若林”に近寄り「我が命をかけて…お前を潰す!」と言って『スパイダーバイスタンプ』のアクティベートノックを押し、〈デモンズドライバー〉にセットして仮面ライダーデモンズに変身。

スパイダー! Deal!
Decide up!
Deep,Drop,Danger!
Rider! Demons!

対する“若林”は再びカメレオンに変身して立ち上がりデモンズと戦うが、蹴られて膝をつき、その隙にデモンズは必殺技の態勢に入る。

スパイダー! Charge!
デモンズフィニッシュ!

デモンズは跳びあがって必殺のライダーキック【デモンズフィニッシュ】を発動し、カメレオンはこの攻撃を受け止めるが、そのまま押し込まれて⦅デッドマンズベース⦆の壁を突き破る。
これを見た隊員たちが「あっ!」とおどろき、バイスは「ああ、ああ、ああ、ああ…」と“扉を使わずに出て行った”心配をしていると、サーベルタイガーと戦っているリバイが「一気にいくぜ!」と『バリッドレックスバイスタンプ』のアクティベートクラッカーを押して『レックスバイスタンプ』をスキャンし、〈リバイスドライバー〉に押印する。
バイスリバイに吸いこまれて消え、幽体化してリバイに降ってきた卵を「よいしょ~!」と叩き割る。
卵の中から出て来たリバイ仮面ライダーリバイ バリッドレックスゲノムにチェンジし、バイスは割れた卵の殻で作った盾を腕に装着してバイスのまま再登場する。

バリッドレックス! バリバリ!
バリバリ! Come on! バリッドレックス!
バリバリィアップ!
My name is! 仮面ライダー!
リバ! バ! バ! バイ! リバイ! リバイ!

リバイは〈リバイスラッシャー〉を手に、バイスは盾を腕にサーベルタイガーに向かって行き、サーベルタイガーの攻撃をバイスが盾で防いでリバイが斬りつける。
するとサーベルタイガーは「少しは人の気持ちが分かるようになったのかな? エゴイストくん」とリバイを挑発し、リバイが「答えは見つかっていない…。でも もう悩まない! 俺の戦いで誰かが傷ついても、俺は…全てを背負う!」と応える姿を見たバイスはうなずき、「よっ! 五十嵐家の長男坊~!」とおだてる。
一輝が立ち直っていることに不満なサーベルタイガーが突進してくると、リバイは『マンモスバイスタンプ』を〈リバイスラッシャー〉に押印して迎えうつ。

スタンプバイ!
Here we go! Let’s go!
Here we go! Let’s go!
(いけいけ! ゴーゴーゴー!  ※バイスの合いの手)
リバイバイスラッシュ!

タートルゲノム

 ラブコフが拘束されているアギレラに「ラブラブブ~」と話しかける。

アギレラのことは気に入ってるのかな?
クズ~とかカス~とか言わないし(笑)

そのすぐ横で戦うプラナリアジャンヌのいる部屋に狩崎がやってきて「ヘイ、カラテガール! これを使って」と『タートルバイスタンプ』を投げる。
受け取ったジャンヌは「あ…。サンキュー! カリさん!」とお礼を言って〈リベラドライバー〉に押印すると、「ラブ~」とアギレラに話しかけていたラブコフは消えてタートルゲノムにチェンジする。

タートル! リスタイル!
リバディアップ!
Ah タートル! ダダダダーン!

ジャンヌラブコフを構えてプラナリアに向けて砲撃し、直撃をうけたプラナリアは1階フロアに落ちる。
ジャンヌが手すりの下を滑りこんで追いかけると、狩崎は「ナイススライディング!」と褒めたあと〈ギフの棺〉に気づく。
狩崎が「ヘイ! これは何だ?」と言いながら〈ギフの棺〉に触れると、拘束されたアギレラは「ギフ様に触るな! 汚い手をどけろ!」と叫ぶ。
狩崎は振り返ったが、再び〈ギフの棺〉を見て「これがギフ…」と触れ、叫ぶアギレラを無視して観察を続ける。

デッドマンズベース外部

 ライブと戦うダイオウイカは「あなたはカゲロウのままの方が素敵でしたがねぇ…」と話しかけると、ライブは「うるさいよ!」と応えて〈ツーサイドライバー〉にセットしている『バットバイスタンプ』のアクティベートノックを押して必殺技の態勢に入る。

必殺承認! ジャスティスフィニッシュ!

近距離から放たれた攻撃がダイオウイカを吹き飛ばし、また壁に穴があいたのを見たバイスは「だから扉使いなって!」と注意する。
建物の外まで飛ばされたオルテカの変身がとけて地面に倒れると、その近くではカメレオンデモンズが戦いを続けている。

デモンズフィニッシュでは倒せなかったのね

カメレオンの攻撃をかわしてパンチを繰り出したとき、突然 デモンズが苦しみだす。
カメレオンは「なんだ? もう疲れちゃったのか?」と笑って攻撃し、「無理せず降参したほうが身のためだぞ!」と”忠告”しながら攻撃を続ける。
しかしデモンズはパンチを受け止めて投げ飛ばし、「俺は降参しない…。無理もする。それが俺の性(さが)だ!」と叫んで『スコーピオンバイスタンプ』を〈デモンズドライバー〉に押印する。

Add! スコーピオン!
ドミネイトアップ! スコーピオン! ゲノミクス!

デモンズのお尻からサソリの尻尾が出てきてカメレオンに攻撃を加える。

異変

消滅

 一方そのころ リバイバイスライブジャンヌが攻撃してサーベルタイガープラナリアが地面に倒れると、リバイライブジャンヌは同時に必殺技の態勢に入る。

必殺承認!
バット! ジャスティスフィニッシュ!

コブラ!
(※藤森さんが言わなかったから分かりませんが多分)
コブラスタンピングスマッシュ!

バリッドレックス!
フィニフィニフィニッシュ!

バイスが「うわー! 超カッコイイ!」と喜んでいると、プラナリアが多数の光の球を飛ばして攻撃してくる。
バイスが3人の前で盾を使って攻撃を防ぐと、リバイは「大二! さくら! いくぞっ!」と声をかけて走り出す。
「え?」と振り返ったバイスは「ワアーオっ!」と慌てて盾をお腹の上に乗せて仰向けで地面に倒れる。
リバイバイスを盾ごとを踏みつけて跳びあがり、ライブジャンヌは普通に飛び上がって3人同時に必殺のライダーキックを発動する。

踏みつけなくても出来たよね?
「美味しそう」と答えたお仕置きかな?(笑)

サーベルタイガープラナリアから工藤灰谷が分離せずに爆発して消滅するという予想外の展開にジャンヌたちは驚き、リバイは「ウソだろ…」とつぶやく。

起動

 「ギフ様から手を離せ! この筋肉バカ!」と叫ぶアギレラを無視して狩崎〈ギフの棺〉を持ち上げようとすると、“なにか”〈ギフの棺〉の中に吸いこまれて〈ギフの棺〉が光を放つ。
驚いた狩崎は手を離し、アギレラの隣まで避難して「ワオワオワオワオ。デンジャーな香りがするねぇ」とつぶやき、アギレラの肩に腕を回して「グッバイ。悪の女王さま」と言い残して部屋を後にする。
そして隊員たちに「ヘイ、帰るよ」と声をかけて⦅デッドマンズベース⦆から出て行こうとした。
そのとき突然⦅デッドマンズベース⦆が激しく揺れ、バイスは「あ。頭が…。痛ぇ~!」と叫んで地面にうすくまる。
ジャンヌが「アギレラがまだ上に…」と心配して助けに行こうとすると、リバイが「待て」とジャンヌの腕を掴む。
リバイ幸実に「俺と大二が(さくらを)絶対に守るよ」と約束したので、「俺が行く」と告げてライブ(大二)とジャンヌ(さくら)には隊員や信者たちを連れて逃げるよう指示する。
ライブは「わかった」と答えるが、ジャンヌは「一輝兄、私も!」と食い下がる。
するとリバイは「兄ちゃんに任せとけ、な」と決まり文句で説得し、ジャンヌも隊員たちを避難させる。
リバイは「バイス!」と声をかけて走り出し、バイスは「へい」と返事して「ぞくぞくしてきたぁ~! 俺っちの最高の見せ場じゃな~い? 待ってぇ~」と続く。
リバイアギレラの拘束具を外して助けようとすると、アギレラは「別に助けなくたっていい。ギフ様と結婚できないなら意味ないし」と自暴自棄に話す。
しかしリバイは「それは無理だ。俺は日本一のお節介だからな」と応えて拘束具を外そうとする。
バイスが地面に倒れているフリオを見つけて「あら? まだ寝てんの? もしも~し」と声をかけていると、アギレラが「もういいって! もう諦めろよ!!」と言う声が聞こえ、「あ~あ。それ一輝が一番嫌いな言葉だよ」と告げる。
アギレラが「はぁ?」と反応すると、リバイは「その通り」と応えてアギレラを立ちあがらせるが、⦅デッドマンズベース⦆が激しく揺れて浮上する。
隊員たちと無事外に避難していたさくらは空に浮く⦅デッドマンズベース⦆を見て「マジ…?」と驚く。

撃墜

 ⦅デッドマンズベース⦆から幾つもの触手が伸びて周りの建物を破壊しながら上昇していき、〈ギフの棺〉が光って無数の放射状の光の攻撃を放つ。
リバイアギレラをかばっていると、バイスが「ここは俺っちに任せろ! 一番おいしいところは一輝にあげちゃう」と言ってリバイの代わりにアギレラを守る。
リバイは「サンキュー、バイス」と応えて「よし、一気にいくぜ!」と叫んで飛び上がり、⦅デッドマンズベース⦆から飛び出して行く。
上空に浮上したリバイは『レックスバイスタンプ』『マンモスバイスタンプ』『ブラキオバイスタンプ』を次々とスキャンしてリミックスし、10個入りの卵パックから3つの卵が飛び出す。
割れた卵からリバイスレックスリバイスマンモスリバイスブラキオが出てきて、浮上した⦅デッドマンズベース⦆を攻撃する。

リバイはリバイスレックスに乗ってるんだ…

バ! バ! バリ! バ! バリ!
レクレク! モスモス! オーオー!

リバイは「次はこれだ!」と『プテラノドンバイスタンプ』『イーグルバイスタンプ』『メガロドンバイスタンプ』『カマキリバイスタンプ』を次々とスキャンしてリミックスし、4個の卵が飛び出して割れ、プテラゲノムのバイスリバイが乗った状態・リバイスイーグルリバイスメガロドンリバイスカマキリも触手の攻撃をかわしながら⦅デッドマンズベース⦆に攻撃をしかける。

バ! バ! バリ! バ! バリ!
プテプテ! グルグル! メガメガ! カマカマ!

プテラゲノムのバイスにバリッドレックスのリバイが飛び乗ったけど…。
既にプテラゲノムのリバイが座ってたけど!?
残像なの? 残像なのに攻撃はできるの!?

⦅デッドマンズベース⦆の中ではアギレラが「ギフ様―っ!」と叫んで〈ギフの棺〉に近づこうとする。
バイスは「おい! 危ないから おとなしくしてろ!」と言い、お腹を殴って気絶させて肩に担ぐ。
そしてバイスは気を失って地面に倒れているフリオに「お客さん、終点ですよぉ」と声をかけたとき内部が爆発して崩れ、〈ギフの棺〉が倒れた

リバイは更に『ジャッカルバイスタンプ』『ライオンバイスタンプ』『コングバイスタンプ』をスキャンしてリミックスし、残っていた卵3個がパックから飛び出して割れ、リバイスジャッカルリバイスライオンリバイスコングも現れる。

バ! バ! バリ
ジャカジャカ! ライライ! コンコン!
マックス!

そしてリバイは飛び上がって必殺のライダーキック【バリバリスタンプフィーバー】を発動する。

リバイ…普通に浮遊してるよねぇ…
別にいいんだけど(笑)

リボーン!
エブリバディ! マックス!
バリバリ! スタンプフィーバー!

リバイ⦅デッドマンズベース⦆を貫通し、バイスも「イヤッホーウ!」と叫び声を上げながらアギレラフリオを両肩に担いだまま降りてくる。
「トウッ」と着地したバイスフリオを落とし、アギレラを降ろして「フゥ」と息を吐き、着地したリバイに「やったな 一輝!」と声をかける。
さくらは「一輝兄!」と、大二は「兄ちゃん!」と叫んでリバイに駆け寄る。
バイスリバイたちに駆け寄って「ねぇねぇみんな! 今の俺っちかっこよかった!?」と尋ねると、アギレラフリオが目を覚まし、アギレラは破壊されて落下する⦅デッドマンズベース⦆を見上げて「ギフ様…」とつぶやき、「ギフ様――――ッ!!!」と絶叫した。

デッドマンズベースって宇宙船だったんだ
ってことはスタンプは宇宙人が作ったのかな?
2頭身のカエル軍曹だったりして(笑)

最後まで読んでいただき ありがとうございました

ガッツリとこれまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-list/

ザックリとこれまでの内容を思い出す手助けになれば幸いです↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-list/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です