忙しい人のためのザックリ仮面ライダーリバイス第16話

※登場人物等の説明はテレビ朝日「仮面ライダーリバイス」公式ホームページに移動します

撤退

 リバイ⦅デッドマンズベース⦆を撃墜し、アギレラは「ギフ様―!」と泣き叫ぶ。
門田が「確保だ!」と命じて隊員たちがアギレラフリオを取り押さえる。
バイスがボスのアギレラが捕まったんだから降参したら?と提案すると、オルテカは「ボス? そいつは信者を集めるためのただのお人形だ」と答える。
するとフリオが怒り、隊員を振り切ってウルフに変身してオルテカに迫る。
“若林”カメレオンに変身してウルフを羽交い絞めにし、オルテカダイオウイカに変身して武器で突き刺す。
フリオは変身がとけて吹き飛び『スタンプ』を落として地面に倒れ、どん底にいたときにアギレラに救われたから今度は自分がアギレラを救うんだと告げる。
しかしアギレラは「私は守ってなんかほしくない!」と叫び、『クイーンビーバイスタンプ』を拾いあげて自身に押印してクイーンビー・デッドマン フェーズ3に変身する。
クイーンビーは「よくもギフ様を!」とリバイに襲いかかり、「お前ら全員…潰す!!」と叫んで全方位に光の針を飛ばす。
この隙にオルテカ“若林”は去って行き、再び光の針を飛ばしたクイーンビーはてフリオと共に姿を消した。

心音

 〈フェニックス〉は大破した⦅デッドマンズベース⦆のガレキの中から〈ギフの棺〉を回収した。
解析の結果〈ギフの棺〉はただの石だったが、人間には感知できない程の小さな音が聞こえる。
5000倍にすると、それは心臓の鼓動のようだった。

理解

 一輝は契約してフェーズ2となった工藤灰谷を救うことができなかったと悔やむが、大二は「世界を救えたからいいじゃない」と励ます。
その頃さくらは「デッドマンズは壊滅したんだから、あとはフェニックスに任せればいい」と言う幸実に〈リベラドライバー〉を隠されて困っていたが、タイミング悪く元太が自分のタンスの中に入っていた〈リベラドライバー〉を手にしてやってくる。
さくら元太から〈リベラドライバー〉を取り返すと、元太はギックリ腰になってしまい、そこへタイミングよく門田がやってきて〈フェニックス〉の病院を紹介してくれることになった。
門田の「まだデッドマンズが壊滅したわけではない」という説明を聞いて納得した幸実は「この子たちをヨロシクお願いします」と頼む。

デッドマンズ

 ⦅デッドマンズベース⦆を失い、廃屋に隠れるアギレラクイーンビーに変身してすぐに人間に戻る。
フリオアギレラの衣装の入ったケースを回収して戻って来て「ギフ様もご無事のようです」と伝えると、アギレラは「うん。私たちが人間に戻れるのがその証拠」と応える。

 一方オルテカ“若林”はどこかの屋上に移動してお互いがデッドマンズになった理由を語る。
自分の顔が嫌いでとにかく自分を捨てたかったと語る“若林”と、世界を自分のものにしたいと語るオルテカ
“若林”オルテカの願いを叶えてやってもいいと提案すると、オルテカは「ではリバイスドライバーを奪ってきてください」と依頼した。

襲撃

 一輝大二さくらと一緒に買い物に来た幸実
幸実がトイレットペーパーを買いに行ったとき、“若林”が現れて扉の奥に連れ去る。
“若林”幸実に擬態して成り代わろうとしたが、一輝が探しにきたので一旦気絶させて一輝の前に“幸実”として現れる。
“幸実”一輝を裏口に誘い出してナイフで背後から命を狙うが、一輝は攻撃をかわして〈フェニックス〉の隊員たちが銃を構えてあらわれる。
門田はこういうこともあろうかと、あらかじめ元太幸実に護衛をつけて居場所がわかるよう発信機を渡していた。

反撃

 大二さくらもやってくると、“若林”カメレオンに変身して大量のギフジュニアを呼び出す。
一輝リバイ 大二ライブさくらジャンヌに変身する。
一輝を応援する幸実
ライブはライブガンの銃撃や超高速の動きでギフジュニアたちを撃破していき、ジャンヌは肉弾戦で戦い、ラブコフタートルゲノムにチェンジして撃破していく。
一方リバイは風景に擬態して姿を消すカメレオンに苦戦するが、イーグルゲノムコングゲノムカマキリゲノムにチェンジして戦いを有利に進める。

撃破

 そしてライブジャッカルゲノムにチェンジし、ジャンヌラブコフクジャクゲノムにチェンジして必殺技を発動して一気にギフジュニアたちを撃破する。
リバイカメレオンと契約した男を助けたいと申し出るが、カメレオンは「もう人間には戻れないんだよ!」と応えて抵抗する。
バリッドレックスゲノムのリバイは「やるしかないのか…」とつぶやいて『レックス』『プテラ』『ブラキオ』をリミックスし、必殺のライダーキック【フィニフィニフィニッシュ】カメレオンを撃破する。
カメレオンと契約したは最期に素顔を見せて消滅した。

心臓

 司令官に復帰した門田は残り3人となったデッドマンズの捜索を命じるが、体調がすぐれない。
門田が咳こみながら部屋を出ていくと、入れ替わりに医療スタッフが門田を訪ねてきた。
狩崎が代わりに用事を尋ねると、医療スタッフは門田が連れて来た男性(五十嵐元太)の体に異常がみられると報告する。
元太のレントゲン写真には心臓が映っていなかった。

地下

 五十嵐家が楽しく焼き肉を食べていると、さくらから「渡したいものがある」と言われていたことを思い出して家を出て行く。
さくらがインターフォンを押すとが「どうぞ」と招き入れたが、家の中は暗く、人の気配もない。
さくらは少し開いている扉を開け、地下に続く階段を見つけて降りて行く。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

ガッツリとこれまでの内容を思い出す手助けにコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-list/

ザックリとこれまでの内容を思い出す手助けにコチラをどうぞ↓
https://fukou–kou.com/2021/09/16/revice-busy-list/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です