タンパク質との付き合い方

ICUから一般病棟へ

ICUの個室は機械音もあまり聞こえない快適な環境ではあったものの、透析も終わり危険な状態を脱した(ように思われた)ので、一般病棟へ移ることになっりました。
これは本来、順調に回復している証拠な訳で、まずは一安心といったところ。
食事も腎臓病用の病院食ではあったものの、想像とは違い薄味でなく意外と美味い。時折パスタやラーメンなども出てくることもあります。
あとはリハビリをして退院を待つばかりと思っていたのですが、このリハビリが意外と曲者。たかだか1週間寝たきりになっていただけなのに初日は一人で立つことすらままならない始末。我ながら情けないと落胆するも理学療法士の方に言わせると「それが普通」らしいです。

入院生活を楽しむ

https://www.amazon.co.jp/

それからは朝6時に起きて採血や検温、血圧の検査、8時に朝食、主治医(たまにもっと偉そうな人)の回診、昼12時に昼食、夕方6時に夕食、夜9時に消灯という規則正しい生活を送りつつ、リハビリをする毎日。

携帯やタブレットを持ち込むことはできますが(病院や部屋によっては持ち込めないかも)、案外暇です。

そんなときにはクロスワードパズルなどいかがでしょう?

頭の体操になる、時間をつぶせる、運がよければ現金や景品が当たる、の一石三鳥。クロスワードの姉妹品?でナンクロというものもありますが、そちらは難易度が高く、あまりお勧めしませんが、頭の回転に自信のある方は是非チャレンジを。

退院

そうこうしているうちに体力も戻り、歩行器なしでも一人で歩けるようになったことで退院となるのですが、ここで主治医の先生から恐ろしい言葉を聞くことに。
まぁ“お医者さんとは恐ろしいことをいう生き物”だとは思っていたのですが(手術のリスク等を正直に話す訳ですから)。

レントゲン写真を見せられて「心臓に何だか分らない影があり、ひょっとすると心アミロイドーシスという難病の可能性があるので大学病院を紹介します。そちらで詳しく検査してもらってください」とおっしゃる。「…と言われましても…」というのが正直な感想。

しんあみろいどおしす?聞いたこともない病名。
そもそもレントゲン写真を見たところで何が何やら解らないですよね?ひょっとして解らないのは私だけで皆さんはレントゲン写真を見て「なるほど」と思えるのかな?だったらすいません、私が不勉強なだけです

とはいうものの「治療法がない難病」かもしれないと聞くと、病状はわからなくとも、やはり恐ろしい。一旦退院するものの、気が気ではありません。

料理天国

https://www.amazon.co.jp/

しかし、退院したからには何やらわからない病気のことは置いといて今までと同じような生活を、特に食事は自分で管理するしかないのですよ。

食事のノルマとして私に与えられたのは一日に

タンパク質 50g
塩分相当量 6g以内
カロリー 2000キロ

「本来、リンやカリウムも気にしなくてはならないのですが、あまり色々気にするとノイローゼになるかもしれないし、タンパク質を管理すればリンとカリウムはおのずと制限できるはず」という管理栄養士の先生の言葉を信じ、腎臓病食用の料理本とデジタルのハカリを買い、タンパク質含有量がわかるアプリで食材のたんぱく質を調べ、タンパク質と塩分、カロリーを“ある程度”計算して料理を作ることにしました。

どちらかといえば料理が嫌いではなかったのが幸いですが。とはいえ、やはり最初は勝手がわからず、タンパク質がオーバーしたり、塩分がオーバーしたり、カロリーが足りなかったりと悪戦苦闘。

もともと朝食を食べる習慣がなかったワタシは朝、昼、をおさえ夜を豪勢に食べようとするのですが、どうしてもタンパク質が50gでは足りない状態に。もっとお肉が食べたい…

低タンパクな食品

https://www.amazon.co.jp/

そこで登場する救世主が低タンパク食品。とくに低タンパク米です。
読んで字のごとく、タンパク質が低い米なのだ。こんなものが世の中にあったとは…。
通常、白米のタンパク質は

250gで約6.3g(2.52g/100g)

のところ、低タンパク米だと

180gで0.2g(約0.11g/100g)

多少量は少ないものの圧倒的な差!! 
インターネットで情報をかき集めたところ、他にも商品は多々あったのですがワタシは試しにお米とパスタを購入してみました。
お米とパスタ 共通しての感想としては 歯ごたえ、ノドゴシに若干違和感があると思ったが味はおいしい(個人の感想です)、なんといっても、タンパク質に制限がある我が身には大変ありがたい商品。

こうなると、タンパク質制限はそこまで大変なものではなくなったのですが、今度は塩分が問題。
今までは成分など気にも留めていなかったけど、気にしてみると「おいしいものは塩分が高い」と思い知らされます。

ラーメン類、お総菜、お弁当類などお店で目にするおいしそうなものにはなかなか手が出せない現状。

食事制限で何よりつらいのは“成分表記がない外食はできない”ということ。
「制限なんて知るか!」と気にされない方はよいのですが、小心者のワタシには1週間に3,4日、1日に数時間の人工透析を受ける覚悟はいまのところないんですよねぇ。

今日の教訓

入院中の暇つぶしにはクロスワード

病院によっては意外と食事が美味い

世の中のおいしいものは塩分が高い

看護師、理学療法士には意外と美男美女が多いかもしれない(すごく個人的感想です)

最後まで読んでいただき ありがとうございました

次回「大学病院で診察、即入院…」
https://fukou–kou.com/wp-admin/post.php?post=61&action=edit

前回「心不全、腎不全、もろもろ不全」
https://fukou–kou.com/wp-admin/post.php?post=38&action=edit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です