油断は禁物

傷口より痛い原因不明の二の腕

手術は終わったが、これでめでたしめでたしというわけにはいかない。

体を元に戻すリハビリが必要だ。

最初の入院からすでに3か月以上寝たきり生活で体はなまりになまっている。

とはいえ、無酸素運動は医者、理学療法士、各方面から禁止されているので筋トレのような激しい運動はできない。

何故なら治療したのは心臓付近と脳に繋がるあたりの大動脈を人工血管に置換しただけで、まだほとんどの大動脈は裂けたままなのだ。

油断は禁物!

そもそもベッドから立ち上がるのも一苦労で電動ベッドを使って上半身を起き上がらせてからでないと一人では立ち上がることもできないし、何より動くと痛い。

トイレに行くのすら躊躇するような状態なのに激しい運動なんて土台無理な話である。

ただし、痛いのは手術した部分というよりも主に左の二の腕。

手術で切った胸や肩の可動域は驚くほど狭いが動かさなければ痛いわけではない。

しかし二の腕はそうはいかない。

ただ寝ているだけでも痛いのだ。

この痛みを毎日傷の具合と術後の経過を確認しに来る主治医の先生並びに手術チームの先生方に訴えるが、「原因不明」とのこと。

なんだか今回の私の一連の手術は原因不明なことばかりだ。

これといった薬も対処法もないので左腕の下に何か敷物をして腕を高くしたり、冷やしたりして何とかやり過ごすしかないようだ。

しかしこの対処で少し楽になった。

一方、傷の具合は「申し分ない」ようだ。

リハビリケンシロー

回診にくる手術チームの先生方は自画自賛し、どの看護師さん、先生にも「傷跡キレイですね」と褒められる。

自分で鏡を見ると「某北斗〇拳伝承者に秘孔を突かれたような傷が!」と思うのだが、そうではないようだ。

執刀医並びに縫合をしてくれた先生に感謝せねばなるまい。

世はゴールデンウィークで10連休。

それは大学病院、その職員についても同じでリハビリ部門も例外ではない。

「休みの間はこういう運動をしてください」と指示はあったが、二の腕の痛みで動く気にならなかった。

言われた最低限の運動以外しようとは思わない。

それではダメなのはわかっていたが、どうしても体が言うことを聞かない。

不健全な体には不健全な魂しか宿らないのだ。

やっと通常業務に戻りこれからリハビリも本番かと思いきや、何というか・・・。

う~ん・・・。

リハビリが緩い?決まった集合時間に集まってみんなで同じ運動をするシステムだったので症状が重い人、軽い人と様々なのだ。

それに基本的に患者はお爺ちゃんとお婆ちゃんだからどうしてもそちらよりの運動になって私としては物足りない。

《こんなんで大丈夫か?》と思ったがそういうシステムなので仕方ない。

それで満足できないなら自分で独自に運動すればよいのだが、そんな元気はなかった。

そんなこんなで結局は決まったリハビリだけをして過ごす毎日。

次第に体も動くようにはなってくるが、なんとも体がしっくりこない。

まるで自分の体ではないような感覚。

こんなに鈍くさかったか?と思う。

のけ反るような動きは胸がパックリ開くんじゃないかと思うと怖くてできない。

“何か”でがっちり固めてあるだろうから、実際には簡単に開くことはないだろうが。

怖い。

なにせ小心者なもので。

そんなこんなでリハビリがうまくいってるのかどうかよくわからない日常が過ぎる。

またですか!

と、ここで例の大学病院特有のシステム。

急性期ではない私はリハビリのためだけに居ることができないのだ。

で、またもや最初の病院へ転院するように宣告される。

実際には退院の許可が出たのだが、「今帰ってこられても一人で家にいるときに何かあったら心配で仕事にならない」とおみっちゃんに言われ

  1. 寝た状態から一人で起き上がれるようになること
  2. ある程度歩いても疲れないこと
  3. 5キロくらいの荷物を持っても大丈夫なようになること

以上の条件が満たされるまではリハビリをするように通達され、大学病院の主治医の先生にそう伝えると、最初の病院に転院してリハビリすることに決まる。

転院があっさり決まったのは主治医同士が同級生で連絡を取り合う仲であったことが幸いした。

今日の教訓

健全な魂は健全な体に宿るかもしれないが、不健全な体には不健全な魂しか宿らない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です