手術の結果

手術後のカラダ

目が覚めると主治医の先生がやってきて当たり前の質問をする。
「ここがどこかわかりますか?」「お名前は?」「今日が何日かわかりますか?」
ここがどこか、自分の名前は分かったのですが、最後の質問はわかりませんでした。
「一体今日は何日なのだろう。どれくらい寝ていた? 今何時だ?」

そして主治医の先生が喉に刺さっていた管を抜いてくれました。
抜かれた管は心臓に空気を送るためのものだったので結構な長さでした。

それでもまだ私の体には鼻、首、太もも、腹、尿道など数本の管が刺さったままになっています。

「これでしゃべれるし、ご飯が食べられます」と言われたが前日の夜から絶食していたにも関わらず食欲はない。
「はい」と返事をした瞬間異変に気付いた。声がかすれてガラガラだ。

12時間を超える手術の後だったので仕方ないと言えなくもないのですが、ワタシの声はもっときれいで澄んでいる・・・はず?
まぁ澄んでいなかったにしても間違いなくこんなにガラガラではない。そして異常に声が小さい。

「さっきまで喉に管を通してあったので仕方ないです」と主治医の先生に言われると「そうですか」と言う他ない。

さらに嬉しそうに先生は「手術は当初の予定よりうまくいきました。大動脈弁も取り換える必要はありませんでしたし、腎臓もご自身の腎臓が働いてくれました。輸血も30人分で足りましたし、手術も12時間で済みました。」と。
ここまではよかったが、その先が怖かったと記憶しています。

衝撃の事実

「昨日手術やってよかったです。」とのこと。
ワタシが「ん?なんでだろう…」そう思ったのと同時に、先生から告げられた衝撃の事実。

「心臓に血液が癒着していて結構危険な状態でした」と笑顔でおっしゃる。
「結構危険!? いやいやいや…それ笑って言うこと?!」と思わなくもなかったのですが、手術の成功は先生方のお陰。成功したからこそ笑っていられるのか。

ここは素直に感謝しておこう。あれ?
心臓の付近に溜まってる液体って…

「それが血液ならすでに死んでいます」って言われたような記憶が…。まあ、手術が成功したんだったらいいか。

フツーの生活へ

そんなこんなで、とりあえず食事を食べてみることに。食事といってもいわゆる“おかゆ”です。

以前、同部屋の隣にいたおじいさんが「手術後おかゆを8割も食べた」と自慢気に語っていたのを思い出し、あまり食欲はなかったのですが、おかゆを全部食べて《勝った》と一人ほくそ笑みました。

残念だったのは喉が渇いても水分制限があるので なかなか水を飲ませてもらえなかったことです。

次にリハビリ担当の理学療法士の方がやってきて「じゃあ立ってみましょうか」と悪魔のささやき。
「昨日手術が終わったばっかりなのに?」と思いましたたが、最近のリハビリはこういうものらしいです。

手術前、室内以外移動禁止になるまでは歩き回っていたおかげか、何とか立つことはできました。
するとそれを見た看護師さんが「手術後すぐICUで立っている人を初めて見ました」と驚いていたのですが、本来大動脈解離を引き起こすのはご高齢の方で、そのような御方々に手術の翌日に立てというのは酷な話ですからね。

その後ICUに家族や義弟がお見舞いに来てくれたのですが、そこで奇妙なものを見たらしいのです。
“何か透明なプラスチックのようなもの”がICUのパソコンの横に置いてあった、と聞きました。
液体に浸かっていて、キレイか汚いかでいうと、キレイだったらしい。妹曰く「魚のウロコをかなり厚めにしたようなやつ」らしい。

後になって主治医の先生に聞いてみると「あれはあなたの大動脈の欠片です」とのこと。

大動脈解離を引き起こすには若すぎるので、何らかの遺伝的疾患等がないか検査に出すためにとっておいたのを置き忘れていたようです。

結局、何が原因かはわからなかったのですが、心不全、腎不全、大動脈解離、すべての原因として共通するのは高血圧で、ゆえに今回の一連の原因としても高血圧が濃厚であろうというのが大学病院の出した答えのようでした。 

今日の教訓

ICUでは時間の感覚がなくなる

大動脈の破片はプラスチックっぽいらしい(私は見ていない)

最後まで読んでいただき ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です