三連戦

とりあえず検診

さて、今日は最初に入院していた病院に定期健診に行く日・・・。

ではないが、体調がすぐれないので外来に行くことに。

別に激しい痛みという訳ではないが、何か右胸が痛い気がする。

この感じは緊急転院からの緊急手術をしたあの感じと同じだ。

いくら病院嫌いだといってもさすがにこれは病院に行くしかない。

昨日大学病院に行ったばかりなのに。

昨日は昨日、今日は今日ということか。

大動脈の手術が終わって時間が経っていないだけに不安がある。

《まさか、もう解離性の大動脈瘤が出来た?》と思ってしまう。

何はともあれ病院へ。

今日もバスで通院。

今日は大学病院よりも近いので立ちっぱなしでも行けるはず。

もちろん、それでもまだ杖は必須だ。

『ケガ人ですよアピール』をする以外にも、いざという時のつっかえ棒的な意味もある。

今日はこれといったこともなく立ったまま目的地へ。

とりあえずバス停4つ分くらいの距離なら立ったままで大丈夫なようだ。

いつものように受付を済ませると、今日は予約がなく検査の予定もなかったので、最初に主治医の先生と話をする。

「どうされました?今日は予約の日じゃないですよね?」との質問に「なんか胸が痛くてですねぇ。もう大動脈瘤が大きくなったんじゃないかと思って」と素人考えを披露すると、「それはないと思いますけどね」と一蹴されたが、一応「じゃあ念のために検査しときますか?」との答えに従ってまずは血液検査。

いつもの場所から血を抜かれる。

その後レントゲン撮影。

《あれ?レントゲンで大動脈の裂けめって見れたっけ?》と思うが、それは素人考えなのかもしれない。

プロの言葉だ、間違いはあるまい。

しばらくの待ち時間の後、再び主治医の先生の部屋に呼び出される。

結果は・・・。「以前は多少あった肺の水も減って何の問題もないみたいですね。血液検査の結果も腎臓はまあ、腎不全なんで仕方ないとしても炎症反応も出ていないようですし、良好です」とのこと。

・・・。《いや、それでも胸が痛かったんですが・・・》と思うが、先生がそういうなら大丈夫なんだろう。

「そうですか、だったらいいです」と何ともすっきりしないまま帰宅。

が、翌日になって今度は何故か左肩と首、それに左耳の穴が痛くなった。

ひとまず検診

行きたくはなかったが、仕方がないので今日も昨日行った病院へ。

これで都合3日連続の通院となるが、何もないなら何もないでそれはそれでいいことなのだ。

そして今日も杖を持ってバスへ乗り込む。

《手術跡は首の下から始まっているので、胸の傷をあえて見せつけるような服を着れば誰か席を譲ってくれたりするかな?(笑)》と妄想していると病院の最寄りのバス停に着いた。

いつもと違い今日は循環器科ではないのだが、一応、主治医の先生に相談するために循環器科の受付を済ませる。

「今日はどうされました?」さすがに予約のない2日連続の外来は意外だったようだが、「肩と首が痛いなら、整形外科。耳が痛いなら耳鼻科へ行ってください」。

まあ当然の対応だ。お手数をかけました。

まずは整形外科の受付へ。

首と左肩が痛いことをアピール。

近頃は首を真横にするぐらいの勢いで寝ていたらしく、それを報告すると、「そのせいですかね。とりあえず湿布と痛み止めをだしときますね」とあっさり終了。

・・・まあこんなもんか。

次は耳鼻科の受付へ。

実はこっちが本命だったりする。

前日の夜、耳(の入口あたり?)が痛くて横になれない程だった。

上体を起こした状態でなら寝れるのだが、これが続くとつらいので何とかしたかった。

・・・が、・・・。

いざ病院に来てみると、横になっても触られても耳が痛くない。

私も耳鼻科の先生も「何でしょうねぇ・・・」というしかなかった。

耳が痛かったのは昨日に限ったことだったのか?これを書いている現在、まったく耳は痛くない。

こうして3日連続の通院は何とも微妙な感じで幕を閉じた。

まぁ何事もなかったのはいいことではある。

今日の教訓

何もないとわかるだけでも安心できるのでとりあえず病院へ行こう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です