いつもの健診とカサブタと

手術後初の地下鉄

今日も大学病院での定期健診。

最初のうちは月1程度の外来で、その後経過が順調であれば3か月に1回、半年に1回と期間を空けて通院するようになる。

今回も予約が9時ということでバスでの通院となるが、外はあいにくの雨。

雨の日の通院は初となる。

《どうせ雨だから遅れて運行するんだろ?》という予測(油断)があったのでいつもより家を出る時間が遅れた。

しかしこういうときに限って時間通りに来たりするものだ。

確かこういうのを『マーフィーの法則』とか言うのだったか。

信号で止まっていたら私の目の前を乗るべきバスが通過していった

《あ。・・・どうしよう・・・》次のバスを待っていたのでは予約時間に間に合わない。

まぁ間に合わなくても問題はないのかもしれないが、一応時間が決まっているのだから間に合うように行くべきだろう。

ということで、今回は地下鉄での通院となる。

地下鉄の駅まではバスで行く。

バス停にして4つ程、最初に入院した病院の最寄りのバス停と同じなのだ。

そういえば、通勤ラッシュの時間帯の地下鉄は初めてだ。

《もう退院から2か月近く経つのである程度は体力も戻りつつあるし、何とかなるだろう》と思っていた。

が、地下に降りると予想通りといえば予想通りの人の群れ。

まずは私の乗るべき路線とは違う電車が3本程到着する。

どの電車もぎゅうぎゅう詰めで無理やり乗り込んでいる。

人は乗ったけど、手に持っている傘が電車から出たまま出発した電車もあった。

《あの傘、外に出っぱなしだけど大丈夫か?》と思ったが何かトラブルがあったというニュースはなかったし大丈夫だったのだろう。

私の乗るべき電車も例外ではなく乗る前から座席は埋まっている。

やはり座れそうにない。

もちろん今日もお守り代わりの『杖ぇ~』は持って・・・!?ない!!

傘を持ってきたので杖は忘れてきたようだ。

今更戻るわけにもいかないし、もう退院から2か月経っているし、杖から卒業するいい機会かもしれない。

満員電車で知る回復度

杖のない私は『普通にどこかに行く人』で座席を譲ってもらえる理由は何もない。

それどころか、電車は満員でつり革のないところに立つしかなかった。

私がふらつくと周りの人に迷惑をかけてしまうという不安を抱えつつ電車は出発する。

しばらく身動きが取れない状態が続くが、なんとか足だけで踏ん張って停車、出発をやり過ごす。

その後一番下車する人が多いであろう駅を過ぎるとさすがに少し電車内部に余裕ができ、つり革のあるところに移動できた。

これで一安心。

つり革があるだけでも安心感が段違いだ。

ちなみにこのときの私は、手術後何らかの衝撃で胸が開いてしまうのを防ぐために『バストバンド』と呼ばれるマジックテープで胸を固定するものを付けていたのでゴルフのスイングのように胸を開くような動きは厳禁だった。

つり革を持っても急停車のときに変な動きをすると危険かもしれない。

油断は禁物だ。

その後電車は無事目的地に到着。

大学病院近くになるとちらほらと座席が空いたが、私もすぐ降りるので座らなかった。

いつもと違う

大学病院には今日も相変わらずの圧倒的な“本日の予約数”が誇らしげに張り出してある。

いつものように自動受付を済ませ目的の階へ移動し、採血の受付を済ませる。

そしていつもの血管に針を刺される。

その後レントゲン撮影を済ませ先生の受診を待つ。

一連のルーティーンだ。

そしていつものように「問題はないようです」との太鼓判をいただく。

もはやここまでがルーティーンかもしれない。

が、今日はちょっとだけ違った。

手術で切ったところに出来たかさぶたが取れてその処置をしてもらうことになった。

そして先生から意外な一言

「明日また来てください」

《え?》まぁ来いというなら行かないではないが、《カサブタのために?》と思ってしまう。

さらにカサブタのための処方箋を書いてもらい、近所の薬局に行くことになった。

《たかがカサブタに大袈裟だなぁ》と思ったが、そうでもないようだ。

今日の教訓

バスよりも地下鉄の方が通勤ラッシュの競争率は高い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です