産土神社へGO!

みなさん、素敵な闘病ライフを送ってますか?
どうも、ニシンノスケです。
今日はね、とある神社に行った話でもしようかと思いますよ。

 みなさんは産土(うぶすな)神社というのをご存じでしょうか? ワタシは初めて聞きました。

産土神とは神道において、その者が生まれた土地の守護神を指す。その者を生まれる前から死んだ後まで守護する神とされており、他所に移住しても一生を通じて守護してくれると信じられている。産土神への信仰を産土信仰という。(出典:Wikipedia)

 だそうで、ここはワタシが生まれたときに初めて連れて行ってもらった神社だそうです。 ずいぶんとへんぴなところにあるので、何か特別な理由があって わざわざこの神社を選んだのだろうと思い、理由を聞いたところ「近くにはその神社しかなかったから」と言われました。 そうですか…。 田舎ですからね…、はい…。 

 ワタシが入院した際に玲月一心(れいげついっしん)氏がわざわざ この神社にお参りに行ってくれたおかげか手術も無事成功し、目立つ後遺症も特に何も残らなかったお礼として、ワタシも産土神社へ行ってみることに。 ところがその日はあいにくの雨。 と、いうよりも台風が接近しており、「なにもこんな日に行かなくても…」とは思ったのですが、私の産土神社は現在の居所から遠く、普段なかなか行けません。 帰省ついでで近くに行く用事もあり、このお盆という日に行くことになったのは必然だったのかもしれません。ずっと投稿し忘れていました
神様はお盆に関係あるのかな?(笑)

 行きは台風が接近しているとは思えないくらい天気が良かったのですが、途中で雨が降りだし、神社に着くと急に雨が激しくなりました。 これは何かの暗示か、それとも単なる台風の影響か…。 まぁ後者ですよね。

 台風が接近しているのでその対策ということなのか、盗難対策なのかは分かりませんが、賽銭箱が社殿の内側に収納されていました。 小窓から賽銭箱にお賽銭を入れて二礼二拍一礼。 手術の成功と後遺症が残らなかったお礼をしてきました。 すると、あれほど激しく降っていた雨が不思議と止んでいるではありませんか。 これは何かの暗示か、それとも単なる偶然か…。 まぁ後者ですよね。当然のようにこのあと台風らしく雨風が激しくなりました。

    

 ワタシが手術をすることが決まって以来、いろいろな方に手術の成功と無事を祈って頂きました。 いろんな方にあちこちで祈って頂いたので、機会があれば いろいろな神社にいろいろとお礼に行かなくてはなりませんね(笑) 

お願いしたのは神様だけとは限らないようですが…。

 『信じる者は救われる』
 まさにその言葉通りだったのかもしれないし、そうではないのかもしれません。 どの神様のお陰ということは分かりませんので、お願いした神様全員のお陰ということでしょう。それと手術の無事を祈ってくれた人達のお陰かな。

 もちろん、手術の成功は担当した先生方のお陰ですが、気持ちの問題ですよ。気持ちの、ね。

 みなさんも機会があれば、一度自分の産土神社を参拝してみてはいかがでしょうか?  具体的に何がどうということは保証しかねますが(笑)、「へぇ、ここがそうかぁ」と何か感じるものがあるかもしれませんよ。意外と、自分の産土神社がどこか知っている人は少ないかもしれませんね。

今日の教訓

何のお陰か分からないときはすべてのお陰だと思えばいい

玲月一心
ちょっと変わった経歴の占い鑑定士
本人曰く、「占い師とは違う」らしいです。

腕がいいのかどうかワタシには分かりませんが(笑)、玲月一心が気になった方はこちらをどうぞ
https://urapato.com/

 ちなみにワタシの手術の日程は玲月一心氏の鑑定で決めましたが、病院側との折り合いがつかず、延びに延びて結局は鑑定結果と違う日程で決まっていました。しかし急遽緊急手術となり、”結果的には一心氏が「吉日」だと言った日に手術をしたわけですが…。これを鑑定通りと思うのか、手術をした先生方の腕がよかったと思うかはあなた次第です(笑)
 緊急手術とは言っても、ワタシとしては病室に来る看護師さん来る看護師さんが毎回「どこか痛いところはありませんか?」と聞くものですから、仕方なく「ちょっと胸がチクチクすることがあるかなぁ」程度の返事をしたところ、レントゲン画像を見た主治医の先生から緊急搬送を提案され、緊急手術となりました。麻酔から覚めたワタシに搬送先の主治医の先生から「緊急手術してよかったです。結構危なかったみたいですよぉ」とニッコリ笑顔で言われましたので、みなさんもどこかに違和感を感じることがあるときには面倒くさがらず恥ずかしがらずに病院に行くなり、主治医の先生に相談するのがよいかと思われます。
 でも、確か緊急搬送は一度断られたって話だったなぁ。
たまたま主治医の先生同士が大学の同級生だったから、LINEで連絡を取り合って無理矢理ネジコんでくれたらしいけど。病院同士の連絡だったらワタシ…(以下自粛)。

最後まで読んでいただき ありがとうございました

それではまた。よき闘病ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です