失敗その1

どうも。

退院以来日増しに体重が減ってきている、私、玲月鰊介(れいげつ にしんのすけ)です。

世の中のダイエットをしたい人はタンパク質と食塩を制限すれば自ずと体重は減るのではないかと思っている今日この頃。

みなさんどのような闘病生活を送られていますか?

食事制限はうまくいっていますか?

毎日タンパク質、食塩、熱量を計算しているものの、ある程度食べたいものを食べていると、どうしても失敗することがあるんですね。

そこで今日は、タンパク質と熱量の管理に失敗した献立を紹介しようと思いますよ。

みなさんが私を反面教師として正しい食事制限ができることを祈っています!

失敗食事例

〈朝〉

日本ハムの[ナンドック]

  • タンパク質量:7.3グラム
  • 塩分量:1.1グラム
  • 熱量:195キロカロリー

クノールの[コーンスープ]

  • タンパク質量:1.4グラム
  • 塩分量:0.5グラム
  • 熱量:82キロカロリー

〈昼〉

スーパーに売ってあった天丼(成分表記あり)

  • タンパク質量:13.8グラム
  • 塩分量:2.4グラム
  • 熱量:753キロカロリー

〈夜〉

ざるそば(茹でずに水でほぐすだけのやつ)

  • タンパク質量:9.5グラム
  • 塩分量:0.2グラム
  • 熱量:193キロカロリー

そばつゆ50グラム

  • タンパク質量:0.55グラム
  • 塩分量:1.75グラム
  • 熱量:25キロカロリー

わさび5グラム

  • タンパク質量:0.05グラム
  • 塩分量:0.15グラム
  • 熱量:13キロカロリー

スーパーに売ってあったサラダ(成分表記あり)

  • タンパク質量:2.1グラム
  • 食塩量:0.1グラム
  • 熱量:27キロカロリー

〈合計〉

  • タンパク質量:40.1グラム
  • 食塩量:6.2グラム
  • 熱量:1,290キロカロリー

失敗食事例総評

タンパク質量は50グラムが制限値なので、大甘に見れば、かろうじてセーフかと思われますが、食塩が制限量の6グラムをオーバーしてしまっていますね。

そのせいでこれ以上食塩が入った食べ物を摂取することができないので、カロリーが本来であれば2000キロカロリー必要とするところ1290キロカロリーしか取れなかった失敗例ですね。

食塩が入っていない食べ物がないわけではないのですが、なかなか厳しいです。

例えば、春雨などは食塩がほとんど入っていないのですが、どうしてもそれを食べるために味つけが必要となってしまいます。

これは低タンパク米でも同じことが言えそうです。

食塩はほとんど入っていないに等しいのですが、米だけ食べるのが苦ではない人はよいのですが、私のように《米だけ食うのはなぁ・・・》という人にはやはり厳しいかと思われます。

そんな人にはタンパク質も食塩も入っていないけど、カロリーだけが摂れるものもあります。

例えばゼリーのようなムースのような

『カップアガロリー』

 

https://www.amazon.co.jp/

という商品やその他に

単純に好みの食材や料理にかけたりする

『日清MCTオイル』

https://www.amazon.co.jp/

という商品。

カップアガロリーに関してはタンパク質も食塩も0で単純に1個当たり熱量が150キロカロリー摂れるというもの。

が、あまり摂りすぎると糖尿病のリスクはあるのかもしれませんね。

まぁ何でも度が過ぎるとろくなことはないでしょうが。

『日清MCTオイル』については最初は小さじ1杯程度しかかけることができないようです。

直接飲んだり、あまりかけすぎるとお腹がゆるくなってしまうようです。

ちなみに、揚げたり炒めたりすることは厳禁で、100グラムあたりの熱量は900キロカロリー(小さじ1杯だとその20分の1くらい)となります。

ただし、料金は多少高めですが糖尿病のリスクはないものと思われます。

ちなみに私はこちらを愛用中。

CUPアガロリーの詳細はこちら

https://healthcareinfo.kissei.co.jp/product/energy/product_0072.html


日清MCTオイルの詳細はこちら


https://shop.nisshin.oilliogroup.com/products/detail/00013260

今日の教訓

過ぎたるは尚及ばざるが如し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です