かさぶた通院

通院いろいろ

今日もいつもの定期健診・・・ではなかった。

かさぶたの様子を見せるため“だけ”に大学病院へ向かう。

まさかの2連続通院!

《たかがかさぶたのために》と思いつつ、本日もいつものようにバスに乗って向かうことにする。

さすがにもう今日からはお守り代わりの『杖』は持って行かないことにする。

いつまでも『杖』の魔力に頼っている訳にはいかない。

朝の座席は自力で奪うものだ!

まぁ朝の通勤時間はみんな寝たり(座席を譲りたくない故の寝たふりを含む)、ゲームをしたりと他の人を見ていないから、元からそこまで『杖』に座席を譲ってもらう魔力があるとは言えなかった。

朝座っている人間はわざわざ座席を譲りたがらないのだ!!(個人の感想です)

そもそも座席を譲るべき妊婦さんやご高齢の方、体の不自由な方がそんな時間にバスに乗る方がマレなのかもしれない。

一目見てわかるような方であれば座席を譲ってもらえるかもしれないが、私の場合は一目見たところで席を譲る必要は一切感じないのだから仕方ない。

ということで、今日も満員状態のバスに乗るが当然座席には座れない。

これまでは【近くの高校で人が降りる→座席が空く→運よく座れる】という流れだったが、今日はバス内に高校生の姿もなく、誰も降りない。

《まさかこのまま立ちっぱなしか?》と不安になるが、次の降車ポイントで続々人が降りて何とか座ることが出来た。

座ってしまえばこっちのもの。

あとは目的地まで座席を死守するのみ!

《“いかにも”な感じの人が乗って来たときに座席を譲るべきか・・・・。健康であればもちろん譲ると思うが、今の私は微妙だ・・・。》と必要のない心配をしつつバスは目的地に到着。

いつもの大学病院

例によって例のごとく貼ってある“今日の予約数”を横目で見つつ、自動受付へと向かう。

病院内部は今日も“大盛況”だ。

《よくもまぁ朝からこんなに人が集まるものだ》と思わなくもないが、これが全部患者だと思うと何か恐ろしいものを感じた。

忘れていたが、これは皆、各地から紹介状をもらって集まった何らかの処置をうけるべき人たちなのだ。もちろん私もその一人な訳だが、《今日の私は所詮かさぶただもんなぁ》と思ってしまう。

不思議な優越感を持ちながら主治医の先生のもとへ赴く。

 今日は受診前の検査を受けることなく自分の番を待つ。

外来の看護師さんに「待っている間に血圧を測ってください」と言われたので血圧を測ってみる。

上108

下71

脈拍92

家で測るよりも病院で測った方が血圧が低いのは測る機械の違いだろうか。

通路で待っていると主治医の先生がやって来たので挨拶を交わすが呼ばれたのは私ではなかった。

当然ながら、主治医の先生の患者は私だけではないのだ。

私の番になったので部屋に入る。

「調子はどうですか?」

「変わりないですね」と一連の社交辞令のような挨拶を済ませベッドに横になってかさぶたを見せる。

特に問題はなさそうだ。

かさぶたを見せたのが昨日の今日なのだから、当然と言えば当然かもしれない。

おそらく感染症などの心配があるのだろうが・・・。

そして「じゃあ次は1週間後にまた来てください」とのこと。

正直《え?またかさぶた見せに来る訳?》と思ったが、「来い」というなら仕方ない、行きましょう!

《用心するに越したことはない。感染してからでは遅いのだ》と自分に言い聞かせ、無理やり納得することにした。かさぶたを見せるためだけにねぇ・・・。

今日の教訓

用心するに越したことはない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です