タカガカサブタ、サレドカサブタ?

かさぶたチェック通院

 今日は大学病院に検診に行く日だが、やる事と言えば“かさぶたのチェック“だ。

 さぶたなんてどうでもいいだろう》と思っていた私には《一体何をしに行くやら》としか思えなかった。

 さぶたを見せて、5分もしないうちに終わる検診を受けるため”だけ“に1時間もバスに揺られるのは何とも虚しい。

 “たかがかさぶた”のために朝7時半からバスに揺られて通院する。

 今日の予約はいつもの朝9時ではなく30分早い8時半だが、前回の教訓を生かしバスの時間はいつもと同じ時間にした。

 どうせ早く行ったところで、結局待たされるだけで受付時間は同じなのだ。

 当然今日も座席に空きはない。

 大勢が降りるバス停で空いた座席に座り大学病院へと向かう。(ちなみに、もう『魔法の杖』もなく普通に通院できるようになっております)

 相変わらずの佇まい、相変わらずの張り紙、相変わらずの大盛況(?)、いつもの見慣れた光景がそこには広がっている。

 お年を召された方が多いのは別に何とも思わないが、小さい子がいるとなんの病気か、にもよるが、さすがに《この年でかわいそうに》という気分で見てしまう。

 むしろ“早期に発見できてよかった”のかもしれないが。

 受付を済ませ名前が呼ばれるのを待つ。

 今日は何の事前検査もなく“たかがかさぶた”のチェックをするだけなのだが、受付後30分以上待たされる。

 《これ、何の待ち時間?》と思わなくもないが、まぁ病院(先生)には病院(先生)の都合があるのだろう。

 それをウダウダ言ったところでどうしようもない。

 おとなしく待つだけだ。

油断大敵

 40分程待ったところでようやく名前が呼ばれ室内に入る。

 そこで服を上げ、かさぶたを診てもらうのだが、前回かさぶたのために処方箋をもらって院外の薬局で軟膏を出してもらっていたが、そのかさぶたがとれたので《もう必要ないだろう》と自己判断で軟膏と絆創膏を張らずに来ていた。

 するとこれまで感情的になったところを見たことがない主治医の先生が

 「なんで絆創膏貼ってないんですか!細菌が入ったら大変じゃないですか!」

と珍しく語彙を荒げた。

 《え?そんな気にすること?》と思ったが、先生が言うのだから、気にするべきなのだろう。

 自分が思うよりも抵抗力が弱っているのかもしれない。

 最近、《退院してもう元通り。大丈夫だ》と勝手に思っていたが、よく考えると裂けた血管のごく一部を手術で治しただけで、ほとんどの血管は裂けたままなのだ。

 それに人工血管に細菌が入りこんだりしたら、そこが細菌の温床となって危険だということを忘れていた。

 『なんだか近頃傷跡が痒いなぁという症状』以外、これといって体の不調がないから油断していた。

 本来、私は病人継続中なのだ。

 薬を朝7錠、夜4錠飲み続けているではないか。

 自分の甘い健康管理に若干の反省をしつつ、今日の健診は終了した。

 (でも、剥がれたかさぶたなんて気にする方が少ないと思うんですよねぇ・・・。)

 結局かさぶたを診せて終わりというだけの検診ではあったが、健康管理の甘さを痛感するにはいい薬だったかもしれない。

 まぁすぐにその戒めも忘れるとは思うが。

 戒めを忘れないようだったら、そもそもこんな状態にはなってないと思うし(苦笑)、人間そうやって失敗を繰り返して成長していくものでしょうよ(笑)

今日の教訓

喉元過ぎれば熱さ忘れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です