健康指南道場開き

回顧

「私」玲月鰊介(れいげつ にしんのすけ)のこの経験がいつか誰かの役に立てば幸いである

意識しないときこそ健康な証。

病気になって初めて気づくありがたさ。

健康だったころは考えもしなかった。

現在、高血圧が原因と思われる解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)の手術後2か月の私はそう思う。

“原因と思われる”と書いたのは正確な原因が不明であるから。

医師からは「かなり前から高血圧でないと、この若さでこれほどひどい症状にはならないのではないか」と。

しかしながら、私には高血圧の自覚がない。

それは小さいころから剣道をしていたおかげで健康に自信があり病院嫌いも手伝って、健康診断をうけていなかったという油断があったのかもしれない。

だが、よく考えてみると、幼少期の私は体が強くなかった。

そもそも剣道を始めたきっかけが“幼少時に体が弱かったから”だったということを思い出した。

私自身は覚えてないが、母から聞く限り高熱が出ると決まってひきつけを起していたらしい。いわゆる小児性のひきつけだ。

小学校に入学するまでの間、ひきつけを繰り返すこと11回。母は私の脳に障害が残ることを覚悟した程だったらしい。

そのような体質を改善すべく、運動で体を鍛えさせようと父に連れられ武道場に行ったのが剣道を始めたきっかけだった。

それ以来、大きな病気をすることなく小学校、中学校、高校は無遅刻無欠席。多少太り気味だったことを除けばまさに健康そのものだった。両親に感謝である。

序章

ところが去年の年末それは突然やってきた。

夜中2時過ぎ、尋常でない腰の痛みで目覚める。

幼稚園から剣道をしていたことが原因か定かでないが、椎間板の何番目かの軟骨がつぶれていて、時折痛むことがあった。それが数年振りに痛み出したのだろうと思い、市販の痛み止めを飲んだところ1時間もすると痛みがなくなり一安心。(←これがマズかった)

その後、数日間これといった痛みもなかったので、実家に帰省。

実家で飼っている犬に餌をやろうとして、立っていた状態から中腰に姿勢を変えた瞬間、再び腰に痛みが走った。

だが、それは年末の痛みと違って一瞬の痛みだったので大して気にすることなく(←これもマズかった)部屋に戻り市販の痛み止めを飲み、事なきを得たはずだった。

翌日、犬の散歩へ行き、ついでに近くのコンビニに寄り、実家に帰る途中に明らかな異変に気づいた。

「あれ?息切れする」と。

私の実家は高台にある団地で坂や階段がとても多い。

犬の散歩途中に立ち寄ったコンビニから実家まで徒歩で15分も歩けば余裕で着く距離だ。

しかし、階段の途中で異常な息切れ。

階段といってもたかだか20段、30段程度。息切れするには短すぎる。運動不足と考えられなくもないが、1週間前までは週に4、5日程、4キロのランニングをしていたのに。

「普段走るのは平地だから階段は疲れるんだな」と楽観的に考えたのがよろしくなかった。

体調が優れない中、新年を実家で迎え親族への挨拶もそこそこに自宅に戻った。

時が過ぎれば腰の痛みも息切れも良くなると思いきや体調は悪化。

咳、さらには熱も出て、まるで風邪をひいたような症状が続いた。

実際、帰省した日に父が風邪をひいていて、それがうつったのだろうくらいに軽く考えていた(←これもマズかった)。

ところが、次第に呼吸をするのもつらくなり2、3メートル歩くだけでも息切れがする。

私は病院が嫌いだった。できれば行きたくない。

この症状が同居するパートナー(以下、御充【おみつちゃん】)にバレると、絶対に病院に行けと言われるのは容易に予想できた。

だから体調不良のことは話さずにいたが、ここまでくるとさすがに隠し通すこともできず、予想通りの一言。

「病院に行け」。

運命の日

あいにくその日は日曜日で病院は休みのところが多く、近くの保健所に休日診療を受けに行くことに。

そして、聴診器で心音を確認した医師から告げられた気になる結果は…

「別に問題はなさそうです」と。

良かった…と思ったのも束の間、続けて医師から

「ここには何の設備もなくレントゲンも撮れないので明日にでも近くの心臓専門の病院に行ってください。」とのこと…。

まあ…ひとまず問題ないのならと自宅に帰った。

しかし事態は一変した。

同日午後7時頃、晩御飯を食べようとするも食欲がない。

パウチタイプのゼリーで済ませようと一口食べた瞬間、左手が親指から順に人差し指、中指、薬指、小指と握り込むように勝手に折れ曲がっていった。

何が起こったのか理解出来ないうちに呼吸が苦しくなりその場に倒れこんでしまった。

苦しさは次第に増してきていたものの、それでもなんとか意識はあり、御充ちゃんが必死で救急車を呼ぶ電話の声と無駄に聞こえるバラエティーのテレビの音だけが今でも妙に記憶に残っている。

その後、意識が朦朧としはじめ、呼吸がより苦しくなり「もうだめだ。呼吸できない」と弱音を吐いたのは覚えている。

身の危険が迫ると時間が長く感じられると言うが、全くその通りだった。

御充ちゃんの話によると、救急隊員が来るまでの時間は実際には15分程度だったらしいが、私には恐ろしく長く感じられた。

別に批判するつもりはなかったが、来てくれた救急隊員の方に「電話してから到着まで随分時間がかかるんですね」と感じたままを言ったが、後で冷静になって考えると、かなり早く来た方だと思う。救急隊員さんありがとう。

ここで命が絶えていれば、「電話してから到着まで随分時間がかかるんですね」が私の最後の言葉になっていたのかもしれない

とりあえず意識を失うことなく搬送先の病院まで耐えきることができた。

病院に着いてから、かなり長い時間、あれこれと検査をしていたような気がする。

私自身としては病院での措置で意識もしっかり戻り、体を起こされて呼吸が少しだけ楽になって、もう大丈夫だろうと思って家に帰るつもりだったが、医師は私をストレッチャーから降ろしてくれなかった。

緊急で呼び出された私の主治医から後に聞いた話。

「本人さんは一見大丈夫そうでしたが、呼び出しの際に聞かされたデータから考えれば、いつ心臓が止まってもおかしくない状態でした。自分が病院に着いた時には手遅れだろうというのも頭をよぎりました。生きていたのが今でも不思議なくらい。」と。

実際、“心臓にどれだけ負担がかかっているかを表す数値”は

標準が100程度のところ当時の私の数値は25,000

通常の250倍の数値。あの赤いモビルスーツでも通常の3倍なのに。

ついでに血圧も200を超えていたようだ。

境界

緊急搬送されたとき、御充ちゃんも一緒に救急車に乗り込んで来てたけど何処に行ったんだろうと思っていた矢先、緊急治療室の扉が開き、彼女の姿が見えた。その横に妹と義弟の姿も。

ストレッチャーに乗せられている私に彼女と妹、義弟がなにか声を掛けてきたが、ちっとも覚えていない。

医師から病状の説明もなく即入院をすすめられ、ストレッチャーに乗せられて向かった先は一般病棟ではなく、ICU(集中治療室)だった。

ここからの記憶があいまいで、ICUに入ってしばらくすると、自宅で倒れたときの、左手の親指から小指にかけて、勝手に握り込んでいく例の現象が起きてしまい、その時は意識も失ってしまう。

これから先は、彼女や妹、義弟から聞いた話になるが、私は死にかけたらしい。

ICUから検査のために別の部屋に運ばれることになるが、そのときに彼女、そして彼女から連絡を受けて駆けつけた妹と義弟は主治医から「最後かもしれないので声をかけてあげてください」と言われたとのこと。

最後の声かけと言われても「頑張れ」も何か違うし、「今までありがとう」は不吉だし、何と声をかければいいかわからず、結局声をかけられなかったというのが妹談。

検査を終え、検査前までけたたましく鳴っていたはずの心電図の音もなく、静まり帰った廊下をピクリとも動かずに運ばれてきた私を見た3人は「終わったと思った」と後に笑い話として聞いた。

そんなことになっていたと知らない私はその数時間後に目覚め、その場にいるはずのない(と思っていた)母親の姿を見て大層驚いたものだ。

そのときの私はというと母親の姿を見た瞬間、急激に血圧が上ったらしく妹が私の血圧安定を阻害するからという理由で、母親を早々に病室から追い出したと笑い話の一環として聞いている。

素人の私が考える主治医に聞いた「こういうものなんだろう」医学用語(個人の感想です)

大動脈解離

心臓から出ている人間のメインともいえる血管である大動脈が裂ける症状。裂けた瞬間、薬を使っても我慢できないほどの激しい痛みをともない、そのまま緊急手術という流れが通常。ちなみに大動脈は三層構造になっているらしい。

解離性大動脈瘤

三層構造の一番外側の大動脈が裂け、内側の裂けていない大動脈に血がたまり瘤(こぶ)になる症状。個人差はあるもの5.5cmを超えると危ないらしい。

本日の教訓

痛くなったらすぐ検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です