大動脈が裂けている腎不全患者の血圧測定結果 6月第2週

梅雨入りした地域が多い今日この頃、素敵な闘病ライフを送っていらっしゃいますか? どうもニシンノスケです。
人によっては季節の変わり目・気圧の変化によって関節が痛くなったりするようですが、ワタシはサクっと切られてビャっと縫われた胸のあたりがチクチクと痛むことがあります。一度主治医の先生に相談したことはあるのですが、「切っているので仕方ないですねぇ」と言われてしまい、返す言葉もなく終了。

血圧測定結果 

それはそうと6月第2週の血圧測定結果はこんな感じでした
 (空欄は測定し忘れ)

 
  最高血圧 最低血圧 最高血圧 最低血圧
136 79 141 73
120 63    
154 79 141 74
134 71 124 72
140 79 122 72
144 79 142 69
126 64 125 73

朝の平均最高血圧は136.3で、夜の平均最高血圧は132.5
朝の平均最低血圧は73.5で、夜の平均最低血圧は72.2。
(平均は小数点2桁目を切り上げています)
最高血圧が135 最低血圧が85を高血圧の基準だとすると、薬を飲んでいるのにもかかわらず最高血圧がちょっとアウトですかね。 もちろん気温やその他もろもろの条件によって血圧は変わりますが、だいたい同じような条件で測定しているので、違いがあるとすれば食事内容、室内温度や運動量でしょうか。適度な運動は血管を広げて血圧を下げる効果があるそうですから。とはいうものの、測定する頃にはとっくに血管が収縮しているのではないかと思うのは素人考えでしょうか…。

入院中の思い出

入院中 最高血圧が130を超えたら即、生理食塩水を点滴されていたのは今となってはいい思い出(?)かなぁ…。 どこへ行くにも点滴(全部なくなったり、不具合があったときに結構な音量で警報が鳴り響く)をゴロゴロと引き連れて行くのは面倒だったけど、アレはアレでイメージする入院患者の姿でしたね。ガラスに映る自分の姿を見たときに「あぁ。すっかり入院患者だ」と思ったものです(笑)
手術前はよかったけど、術後にですねぇ…ってまぁいいか。ソレを入れても看護師さんたちにはとても感謝していますです。はい。
多くの看護師さんのお世話になったはずなのに、振り返ってみると不思議なもので、クセが強い看護師さんしか覚えていないんですよねぇ(苦笑) 美男美女も多かったのかもしれませんが、ま~ったく顔と名前が出てこない! みんなマスクをしていたので顔が分からないというのはあるんでしょうけど。 そういえばクセが強い看護師さんはマスクをしていなかったような気がする(笑) もちろんワタシの入院はコロナ前ですのであしからず。

検証?

血圧

今週目立つのは水曜日の朝に記録した最高血圧154です。細かい数値は無視していることもあり 正確ではないのですが、前日はタンパク質とカロリーが目標摂取量を多少オーバーしている可能性はあるものの、食塩摂取量は5グラム以内に収まっていたはず…。多分。
何をどうすれば血圧が下がるのやら…。ってそんなのが分かれば誰も高血圧になんてならないんですけどね(笑)  今後はどの程度の運動をしたのか、計測したときの室内温度、その日の食事内容を留意する必要がありそうです(なるべく)。

運動と体重

1週間に1、2度は1万歩を超えるウォーキングをすることはあるものの、その日の夜や翌日の血圧には影響がなさそうな気がします(※個人の感想です)。そして毎朝 体重もチェックしていますが、前日に1万歩以上歩いたからといって翌日に体重が減ることはないです(※個人の感想です)。ここから導き出される答えは

1週間に1、2度 1万歩を超えるウオーキングをしたところで血圧にも体重にも何ら影響しない

でしょうか(※あくまでもワタシ個人の感想ですよ)
痩せたい方はしっかりと専門家の指示のもと、適切な運動と適切な食事を摂取する必要があるんじゃないですかねぇ(半笑い) 毎日1万歩以上ウオーキングすれば痩せるかもしれませんが、ちょっとワタシには…。

どっちの食事制限でショー

ワタシが目標としている一日の摂取量は
タンパク質:50グラム
食   塩:6グラム
熱   量:2000キロカロリー

ワタシの知り合いに某有名ールドジムに通って体を鍛えている人がいて、その人は高タンパク低脂質の食事を心がけているようです。さて、ここで問題!
腎臓のために低タンパク減塩を心がけるワタシと、筋肉をつけるために高タンパク低脂質を心がける人とでは どちらの食事制限が大変なのでしょう?
腎不全を患うものの、美味しいお肉をたくさん食べたいワタシは脂身が多くてタンパク質が低い部位を選びがちになり、筋肉をつけたい人はササミや鳥胸肉などの脂身が少なくタンパク質が高い部位を選ぶ傾向にあるようです。
「そんなパッサパサの肉ばっかり食ってどうすんだ?」と笑う腎不全患者を筋肉を付けたい人は「そんな脂肪の多い部位ばっかり食って大丈夫か?」と笑い、お互いを哀れむわけです(笑)
そして食塩摂取量を気にする腎不全患者と、低脂質を気にする筋肉をつけたい人は両者共に商品の成分表記蘭を気にしているんですよねぇ…。
まぁそんなわけで結局ワタシは好きなものを食べて健康で長生き出来た人が一番エライんだろうと思い至った次第でございます。PPK(ピンピンコロリ)ってやつですかね?  実際にそうなれる人は少数ですが、なるべくそうありたいものです。

今日の一言

医療等の進歩で平均寿命は延びたのに、健康で過ごせる期間は延びていないらしい

最後まで読んでいただき ありがとうございました
それでは素敵な闘病ライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です